« マトリョーシカのチョコレート | トップページ | また手にすることができるなんて! »

ビスコッティにいれたもの。

140309b1
イタリア旅行のプランなど練っていたせいか、急にビスコッティを作ってみようと思った先週末。

ビスコッティとは(ご存知の方も多いとは思いますが)マメ知識として記すと、イタリアの固い焼き菓子で、イタリア語で「2度焼いた」という意味なんですって。

材料は小麦粉と卵とお砂糖だけ(私はBPも使う)。
素朴な焼き菓子だけにアーモンドやビスタチオ、ドライフルーツなどがはいってるほうが香りや食感が楽しい・・・のだけど、そのときウチにはナッツもドライフルーツもまったくナッシング。

キッチンを見渡すとデコポンが目に入り、この皮でオレンジピール(皮を砂糖水で煮詰めて乾燥させたもの)をつくることに☆

140309b2

ところがオレンジピールのレシピって、一晩水につけるとか、何度も繰り返し煮詰めるとか、さらには天日干しまでするらしい。

そんなに時間はかけるほどの熱意はないので(何日もたったら作る気なくなっちゃう!)、自己流カスタマイズ・オレンジピールお作ってみました↓

140309b3

1.デコポン2コ分の皮を細くカットし、皮の80%の量のお砂糖とコップ1杯の水で中火で煮詰める
2.水分が飛ぶ直前でもう1杯お水を足してその水がなくなる直前まで煮詰める(弱火でコトコトがもどかしかったので中火でやっちゃいました)
3.オーブンシートに並べ電子レンジで乾燥。2分を2回くらいしたところで、砂糖部分が黒くなってきたので色のきれいなうちにレンジ乾燥は中止。なんとなくオレンジピールっぽくなりました☆

140309b4

ドライフルーツ系はこのオレンジピールもどきでオッケー☆
でもナッツ系もほしい・・・けど、日頃ストックしない我が家には何にもない・・・と思ったら見慣れない何かが・・・うん?・・・・こ、これは・・・義母からもらってきた麦せんべい!

砕いて生地に混ぜたらナッツぽい食感になるんでないかい?
胡麻ものっかってるから香ばしさも醸し出せるかもしれないっ!

で、「オレンジピールもどき」と、「麦せんべいクラッシュ」を生地に混ぜ込み焼いてみましたよん♪

140309b5

断面にチラリと見えるオレンジ色のにくい奴がオレンジピール。
黒いのは麦せんべいの胡麻部分です~

140309b6

おいしかったですよ☆
夫、3回分焼いたうちの1回分を一人で完食しましたから。

でも麦せんべいは、やはり、ナッツにはなれませんでした!
「ナッツのかわり」にくらいにはなれていたかなー(笑)
ま、邪魔にはなっていなかったので、オッケーと思います!

|

« マトリョーシカのチョコレート | トップページ | また手にすることができるなんて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビスコッティにいれたもの。:

« マトリョーシカのチョコレート | トップページ | また手にすることができるなんて! »