« ウォールフラワー | トップページ | ぜ・い・た・く♪ »

ビフォア・ミッドナイト

Beforemidnight

この週末は連ちゃんで映画観に行きました!
なんたって待望のビフォア・ミッドナイトが公開されたんですもの。吉祥寺では公開していなかったため、割引料金の適用はない新宿バルト9で通常料金で観に行きました!

期待し過ぎてガッカリしたらどうしようと、ちょっぴり観るのが怖くもありましたが、大・大・だーーい満足でした☆

前作の最後で、どうなるの?結ばれるの?とヤキモキしましたが、9年後の40代になったふたりは結婚しておりました!
舞台はギリシャ。6週間の夏期休暇が終わりに近づき、ジェシーと前妻との間にできた息子を空港へ送りに行ったところから映画はスタートします。

Tシャツ姿のジェシーはうっすらお腹に贅肉がつき、セリーヌは腕も腰もすっかりオバちゃん体型ですが、ふたりの弾丸のような会話は健在で、台本のある映画だということを忘れ引き込まれてしましました☆

もしかしたら、前作の中年になる前の素敵な二人が素敵なまま年を重ねた物語りを期待してる方にはショッキングかもしれませんが、私にはとてもリアリティがあり、素晴らしい三作目になったと大絶賛しております。

夫婦になり、お互いの不満を伏せ日々を過ごしてきたものの、一気に爆発し相手を傷つけあう発言の数々が、ああ、それわかる、まったくオトコってほんとにいくつになってもとか、オンナっていうのもまったくもう!とか、ものすごく感情移入しながら観いってしましました(笑)

ジェシーが「僕の望みは君が僕を変えようとしないこと」と激怒しながら言ったのと、セリーヌの「前妻との子供とたまにしか会えないことについて、私に罪悪感を持たせないで!」と言い返したのが、なんだかとってもツボでした(上記セリフはニュアンスで書いたので、そのまんまのセリフではありませんが)

あそこまで言い合っちゃって、修復不可能なんじゃないかと思いきや、海沿いのカフェでのシーンでの会話も見事です。
怒り爆発中で、なおかつ自己嫌悪も渦巻いているであろうセリーヌへジェシーは歩み寄りを進めます。
聞く耳もたないセリーヌの心中も私はすごく納得ですし、ジェシーがまだやり直そうとしてくれる気持も伝わってきます。

もう入り込みすぎてしまい、エンドロールが流れてきて、はっと我に返り、あ、映画だったんだっけ気付くくらい、素晴らしい体験をした映画でした☆

|

« ウォールフラワー | トップページ | ぜ・い・た・く♪ »

コメント

whokoさん、もうこの映画観られたのですね!

私も1部から観ています。
同じように年齢を重ねてきたわけで。
3部のこの作品も共感できる部分が
ありそうですね。(楽しみ(o^-^o)

私は住んでる場所柄吉祥寺はなかなか遠くて
行く機会がないのですが、たまに行く映画館は
馬場にある「早稲田松竹」です。
ご存じかも知れませんが、2本だて(1300円)
コアな映画を上映することも多々あり、
そのラインナップが楽しみです。ちなみに、
現在上映しているのは、西ドイツ特集。
ちょうど、whokoさんが先日観られた
”バクダッド・カフェ”と私が高校生の時に観た
”ブリキの太鼓”この映画も奇妙な映画でなんだか
心の片隅に残っています。
http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/nowshowing.html

投稿: kotokoto | 2014.01.21 10:26

kotokotoさん

「早稲田松竹」の情報ありがとうございます!
知らなかったです!
2本立て1300円なんですねー
HP見てみると、なるほどおっしゃるとおりラインナップも面白い
いやぁ、いい情報をサンキュです
ちなみにバグダットカフェ、近々BSでもやるそうですよ

投稿: whoko | 2014.01.21 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビフォア・ミッドナイト:

« ウォールフラワー | トップページ | ぜ・い・た・く♪ »