« ひさびさ こんなのできた! | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティ »

みこちゃん!

131204

  

陽射しも眩しく爽やかな青空の週末、突然姉の訃報を受けました。

東京から25年前に鹿児島へ嫁いだ姉とは、お互い子育てで忙しい頃はなかなか会えず、今年6月に甥っ子の結婚式で久しぶりに会ったのが生きている姉との最期でした。

電話は姉のご主人からで、「海でみつかった…」と聞き、いったい何が起きたのかわからず、というより、正直、(亡くなり方の)悪い想像をもしてしまうのですが、姉の旦那様も憔悴していて、電話であれこれ聞くよりも、とにもかくにも鹿児島へと急遽姉ふたりと私の3人で向かいました。(私は4人姉妹の末っ子で亡くなったのは三女)

鹿児島空港からバスで2時間、漁港の町のホテルに荷物を置き、お通夜の会場で姉の遺影を目にすると、本当に死んでしまったんだと実感し本当に悲しくて悲しくてしかたがありません。
もっとたくさん会っとけばよかったと後悔も湧き起こってきます。

姉の死んだ経緯を聞くのもなんだか恐ろしく、とはいえ知らずにおれないことでもあるのですが、「家族と口論のあと家を出ていき、翌日海でみつかった」以外のことは誰の口からも聞かれません。

姉の旦那様やお舅・お姑さんは「こっちに嫁いでもらい、こんなことになってしまい申し訳ない…」「まさかこんなことになってるとは思わず、捜索願も出していなかった…」と本当に悲しそうに頭を下げられるばかり。

姉の子供である20代前半の姪と甥たちは、私たちの到着前にたくさん泣きはらし、その後は、かいがいしく葬儀の手伝いをしており、気づかいもみせてくれるのですが姉が亡くなったことについては、首をかしげるばかりで言葉はでてきません。

何かを隠しているということではなく、突然の姉の死に皆が戸惑っているのです。

控室で親戚の方々の話から、海水は飲んでいたが遺体に外傷はなく、おだやかな表情をしていると聞き、棺の中の姉をみると、眠っているように優しく穏やかな表情。
姉の娘たちが姉の一番のお気に入りの服を着せてくれたそうで、とても綺麗でした。

お通夜と告別式に参列して下さった方々誰しもが「まさか・・・」と口々に言ってました。

そして、お通夜と告別式は厳かに執り行われ火葬も終わった夜、私と姉の三人は、次のようなことを実感し語り合いました。

「みなさんの気持ちが伝わる、いいお葬式だったね」

「東京からこっちに来て、慣れないこともたくさんあったろうし、子育てで大変な想いもしていただろうけど、ご主人にも、子供たちにも、ご主人の両親、親戚、近隣の人々から大事にしてもらってるね」

「捜索願を出さなかったって、ご主人は嘆いていたけど、私たちだって、いいオトナが家を飛び出し、一晩帰らなかったとしても、もうすぐ帰ってくるだろうと警察には届けていないよね」

「ご主人はほんとうに、みこちゃん(亡くなった姉)のこと心から大切にしてくれていたね」

「子供たちも、それぞれ悩みは抱えているだろうけど、みんな根の優しいいい子たちだね」

「みこちゃんはみんなに愛されていたね」

そんなことを言葉にしながら、私たちは結論したのです。

「海でみつかったとはいえ、自殺じゃないね」

「たとえ口論して家を飛び出したからって、あんなにいい家族を悲しませることになる自殺なんか、みこちゃんは絶対しない!」

「みこちゃん、おっちょこちょいだから、足を滑らせたとか、そんなことだったんだよ」

「棺の中のあの顔は本当に穏やかできれいだったもんね。苦しい思いをしながら死んだんじゃないね」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おっちょこちょいで足を滑らせて・・・というのは想像であって、どんなふうに亡くなったのか事実はわかりません。
だけれど、葬儀を通じて実感した「みなから大事にされている」という想いから、私たち姉妹は会葬の案内にもあった「不慮の事故」ということで受け止めました。


ねぇ、ねみこちゃん。
50代で亡くなるなんて早すぎるけど、結果的には幸せな人生だったよね。
子供の頃ケンカしたこと、ママが死んだあとくらいから急に優しいお姉さんになって驚かされたこと、ふと、みこちゃんって美人じゃん・・と気がついたときのこと(あれは今の旦那様との恋愛時代だったんだね)とか、私の子供を大事にしてくれたこと、年を重ねるほどに、どんどん可愛らしくなっていったことなどなど思い出します。
みこちゃん、私のお姉さんでいてくれて、どうもありがとうね!

(ときたまブログを読んでいてくれて、楽しいって言ってくれていたみこちゃんに関することだから、このブログに書かせていただきました。読んで下さった方も、こういう話題でとまどっちゃっただろうけど、最後まで読んでくださりありがとうございました。)

|

« ひさびさ こんなのできた! | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティ »

コメント

いつもブログ拝読させていただいていました。
この度、私も同時期に若くしてイトコを亡くし、時期同じくして葬儀に参加されたということで、コメントさせていただきます。

若くして親族を亡くすのは本当に悲しくて、でも信じられなくて、精神的にも疲労が残って・・。

ただ、これからの自分の人生、いつ終わっても悔いのないよう生きることを教えられました。

手作りの記事や、一人旅のこと等いつも楽しく拝読させていただいています。これからも、素敵なブログ続けてくださいね。

投稿: ichigo | 2013.12.04 20:10

ichigoさん

こんにちは。コメントをありがとうございます
ichigoさんのイトコさんへのお気持、ブログで拝読させていただきました。
すっと胸にはいってくる内容で、同じ時期に大事な人を失くした悲しみを共有させていただき、なんだか救われました。ありがとうございます

ichigoさんの記事、ほかにも拝読中。楽しませていただいてます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: whoko | 2013.12.05 09:54

Whokoさん、突然の訃報に会ったことのないお姉さんだけれど、胸が痛みました。
心からご冥福をお祈りいたします。

私の父が3年前に他界したときに、
あまりにあっけなく逝ってしまったので、
心の整理もつかず、人になかなか話せなかったことを
思いだしました。
でも、その時思ったのは、家族でも、親戚でも、
故人(父)のことを、「父はあんなだったね。
こんなだったね。」と生前のことを思い出し、
父に思いを馳せてそんな話をすることが、
弔いになるんだろうな。と思いました。

こうやって、whokoさんがここで綴っていること、
お姉さんにとってのご供養かと思います。

投稿: kotokoto | 2013.12.05 10:28

kotokotoさん

お心遣いありがとうございます。

> 生前のことを思い出し、
> 父に思いを馳せてそんな話をすることが、
> 弔いになるんだろうな。と思いました。

私もほんとうにそう思います。
お通夜・お葬式の二日間で、初めて会った親戚の方々やたまにしか会えなかった姪っ子甥っ子と姉の思い出話をでき、皆から愛されていたんだと実感しました。
故人に思いを馳せ、残された者たちにとっては気持の整理になる・・・そういった意味で言葉に出来て良かったと思います

投稿: whoko | 2013.12.05 11:54

大切な人を失うことはとても辛いこと。
適切な言葉が浮かびませんが、体調崩さぬようお過ごしください。

投稿: あきちゃんしょ | 2013.12.06 14:59

あきちゃんしょさん

ありがとうございます。
言葉が浮かばぬ中でコメントを残して下さり、そのお気持がとても嬉しいです。
本当にありがとうございます

投稿: whoko | 2013.12.06 16:13

WHOKOさん、お久しぶりです。
WHOKOさんの4姉妹、仲良しで
楽しそうでいいなっと、ずっと思っていました。
うーん、うまく言えないのですが、
お姉さんもWHOKOさんが妹で
嬉しかったと思いますよ。

この写真もステキです。
また、ブログ楽しみにしています。

投稿: puppy | 2013.12.06 18:50

puppyさん

ありがとうございます。
姉がそう思ってくれていたら嬉しいです^ ^
四姉妹、というか、身内というのは面倒くさくもあり、大事な存在ですね^ ^

投稿: whoko | 2013.12.07 10:50

お会いした事もないwhokoさんを勝手に崇めております。ごめんなさい(^^;

涙しながら読んだのは長年拝読させて頂く中で
たしか?今回で2回目になります。

気持ちの整理がつかなければ
なかなか語れない身内のお話をいつも素直な言葉で綴ってくださってありがとうございます。

私も11月に義父を亡くし
バタバタと自分の事で精一杯だった自分自身を
反省しています。

 
お姉様のご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: けいこ★ | 2013.12.26 13:09

けいこ★さん

こんにちは
ブログに書く話題としてはいかがなもんかと思いつつ、書き記しておきたかったことなので書いちゃいました
読んでくださってどうもありがとうございます!
そして、けいこ★さんの心のこもったコメントも嬉しかったです

そうですか…11月に義父様を…
義父様のご冥福お祈り申し上げます。

投稿: whoko | 2013.12.26 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みこちゃん!:

« ひさびさ こんなのできた! | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティ »