« コウォ・バザールとポーランドの優しい人々 | トップページ | インドネシア在住日本女子とポーランド料理 »

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

Auschwitebirkenaw1
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に行ったことは、この旅の中で、いや、今までの旅の中でも一番心揺すぶられた経験でした。

とはいえ、アウシュビッツに行く前日まで、長崎・広島をも訪れたこともない私が行くのは、おこがましいような気がして、行くか行かないか決めかねていたのです。

ワルシャワからクラクフに移動した二日目の朝、雨の音で目を覚まし、iPhoneで天気予報を見ると一日雨。それならばアウシュビッツへ今日行ってしまおうと駅に向かったのでした。

クラクフ本駅から列車でもバスでもアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のあるオシフィエンチムに行くことが出来ますが、バスはアウシュヴィッツ博物館の目の前で下車できるとガイドブックにあったのでバスを利用することにしました。

Auschwitebirkenaw3_2

バスステーションの窓口で7:50発のチケットを買い、バスに乗り込み出発を待っていると、日本語が聞こえたのでそちらを見ると、お二人の日本人男性でした。
ポーランドに来てから数日、日本人はおろか中国人や韓国人も見かけていなかったので思わず声をかけると、某中東国に駐在している日本人商社マンお二人が休みを利用して旅行している最中で、これから向かうアウシュヴィッツでは唯一の日本人ガイド中谷氏のガイドを申し込んだとのことでした。

ちなみにバスでクラクフから1時間半ほど。終点ではないようですが、アウシュヴィッツ博物館につくと運転手さんが声をかけてくれました。

Auschwitebirkenaw2

アウシュヴィッツとビルケナウの強制収容所(ふたつの収容所間には無料シャトルバスがある)を見学する際のシステムを説明すると、入場料は無料で、5月から10月の10:00~15:00の時間帯はガイドと一緒にでなければ入れませんが、10時前に入ればガイドをつけずに無料で見学できるわけです。
(アウシュヴィッツ博物館などの運営はほぼ寄付によってまかなわれているようです。入場料無料ってすごいです)

ガイドは英語・ドイツ語・ポーランド語などなどありますが、日本人公認ガイドは中谷さんという方おひとりだけで、メールなどで事前に予約となっていました。

ネットで情報収集したところ、この中谷さんのガイドは素晴らしかったと大絶賛されており、私も予約メールしようかどうか迷ったのですが、けっきょくしないままでした。

そのことをバスで出会った日本人のお二人に話すと、「当日でも大丈夫かも。電話してあげますよ」と言って下さったのでお言葉に甘えさせていただき、結果、当日突然参加が叶うこととなったのです!(ありがとうございます!)

ちなみにそのときの中谷さんのガイドの参加者は10数名ほど。お支払いしたガイド料はひとり40ズロチ(1200円位)。なんでも参加人数によって値段の変動があるそうですが、40ズロチならば英語ガイドと同じ値段です。

Auschwitebirkenaw4

さて。
アウシュヴィッツで感じたことを伝えるのは難しいのだけど、アウシュヴィッツが「博物館」であることに、あらためて衝撃を受けました。
かつて強制収容所だったところがアウシュヴィッツ博物館となり保存されている…
あの場所は、人間の残酷さとその歴史を伝える場であると共に、お墓であり、追悼の場でもあるのだと実感したことは、自分の中でとても大きなことでした。

それから、多くの方がおっしゃるように、できたら中谷さんにガイドをお願いすることをおすすめします。
彼は物静かに悲惨な事実を淡々と語ります。
決して押しつけがましく語ったりしないのです。
むしろ、ご自分の言葉で、見学者の感情を操作をしないよう気をつけているよう感じました。
政治、宗教、差別意識、当時の状況など多方面からの視点で、何故このようなことが起こってしまったのかを、それぞれが考えるヒントとなるように解説してくださいます。
そして「加害者の多くは傍観者だった」という言葉もよく口にされ、それは私自信にも当てはまることだとズキンズキンしました。

Auschwitebirkenaw5

いろいろな国から多くの方が訪れていました。
大きなイスラエルの旗を身体に巻きつけるようにして見学している学生たちの中には、立っているのがやっとというくらいの悲しみを(もしかしたら怒りのようなものもあったかもしれない)発している少女もいました。

アウシュヴィッツで見たものは悲惨なものばかりでしたが、中谷さんのガイドは最後に希望を感じさせるものでした。
ここを訪れる多くは、少年少女などの若い世代だと。多くの若い世代の人たちが、訪れ、感じることで、あの悲劇を繰り返さない世界になるよう期待していると・・・

Auschwitebirkenaw6

|

« コウォ・バザールとポーランドの優しい人々 | トップページ | インドネシア在住日本女子とポーランド料理 »

コメント

ミュンヘンに行ったときに”ダッハウ収容所”を
見学しました。今、思い出しても、胸がキューとするほど
です。その頃20代でしたが、今、見たら今度は
どんな風に感じるでしょうか?あの冷たい、静まりかえった空気感。何十年か前にその事実があったことを
その場に立つと思い知らされるような感じでした。

投稿: kotokoto | 2013.11.01 00:02

kotokotoさん

”ダッハウ収容所”について知識がなかったので少しネットで調べてみました。
ドイツ国内にもああいった残酷な施設があったのですね。
そっか。kotokotoさんは20代の頃に行かれたのですね。

いわゆる「人類の負の遺産」と呼ばれる場所に行ったのは今回が初めてで、行くことに非常に迷いがありましたが、みなさん、それぞれ迷いながら足を運んでいるのだな、いろいろな想いをかみしめているのだなと思うと、自分がこれまで訪れようとぜずにいたことが、ちっちゃいことと思われ恥ずかしくなりました。

投稿: whoko | 2013.11.01 14:36

すいません、WHOKOさん、いきなり書く途中で
送ってしまいました。。。
タブレットで書くの未だにだめです!

イスラエルの女の子のリアクションとか、
いかないと出会わなかったことですもんね。

私もその日本人のかたのガイド、ききたかったです。
客観的に、公正な目で、歴史を語るには必要なことですよね。。

投稿: puppy | 2013.11.06 06:53

puppyさん

途中送信のモノはありませんでしたのでなかったようです。ご安心ください

アウシュビッツ、見て体感できる場所でした。
収容所の跡地、展示されたものだけでなく、見学に来ている人々の年齢、表情、出身国などからも様々な想いが沸きあがりました。
puppyさんがおっしゃるように客観的に、公正な目で、歴史をかみくだいて教えていただけたこと、ほんとうに感謝です

投稿: whoko | 2013.11.06 12:24

旅行記が全部終わったらコメしようと
思ったけれどまだ楽しい旅記がありそうだから
ここらで1回コメしとこう

出発前に悩んでおられたアウシュビッツ行かれたんですね!色々な思いはすれど目で見て、考えることが大切、と思います(百聞は一見にしかずって言いますもんね)
外国人(特に米国人)は広島や長崎を見学することにやはり同じように逡巡するみたいですね。
負の遺産を敢えて残す加害国の勇気も評価に値しますよね。

投稿: あっく | 2013.11.07 17:08

あっくさん

わはっはは
すみません。今回意外と長くなってますね
もうしばらくおつき合い願います!

これまで私の旅といったら、とにかく楽しむことを最優先してきたのですが、こういった旅もあるんだなと気づけたことが新鮮でした

帰国後、ウイグル族のニュースを聞き、まるでナチスがユダヤ人の住む場所や仕事を奪い、ついには人間の尊厳まで奪った歴史と同じじゃない!と憤りを覚えつつ、でも勉強不足かつ情報不足のまま決めつけることは危険!と自分を戒め、成り行きを冷静に見ていかねばと思いました。(マジメでごめん

投稿: whoko | 2013.11.08 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所:

« コウォ・バザールとポーランドの優しい人々 | トップページ | インドネシア在住日本女子とポーランド料理 »