« BALLET! | トップページ | アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 »

コウォ・バザールとポーランドの優しい人々

Kolo1
バザールでござーる、バザールでござーる…なんて古いCMを思い出しながら、ワルシャワの蚤の市「コウォ・バザール」へ行ってきました。

そこは中心部からは離れた場所で、ガイドブックにはトラムでとあったのですが、ホステルのスタッフが目の前のバス停からの行き方を教えてくれました。

ちなみに、ポーランドのバスやトラムに乗車するとき、切符はドライバーや車内のマシンから購入できる場合もありますが、細かいお金が用意できないときもあるので事前に買っておいた方が安心。(切符の購入場所は「RUCH」というキオスクや、バス停によっては販売機が設置されていたり、車内にマシンがある場合も)

Kolo3
そうはいっても、ワルシャワ空港に着いてすぐ、市内に行く175番の市バスの停留所があったので慌てて並んじゃって、空港内で切符を買うはずだったことをトンと忘れていたことに、はたと気がつきました。

でもね、そこでしょっぱなからポーランドの方々の優しさに触れちゃうのですよ。
コートの襟を抑えるしぐさをしたせいか、バス待ちのおばあさんが「寒いでしょう?ポーランド。寒いわよねー」と話しかけてくれます(ポーランド語だけど、私の背中をそっとさする動作で伝わります)

優しそうな方だったので、「運賃はドライバーに直接お金を払えば大丈夫でしょうか?」と尋ねると、英語がわからないそのおばあさんは、並んでる他の乗客に声をかけてくれ、その中のひとりの青年が自分のカード入れをごそごそし、予備の切符を探し出してくれたので、それを買いました。
彼は英語ができ、バスの運行時間の間隔や降りるバス停までのだいたいの目安などを教えてくれ、「ポーランドにようこそ!楽しんでね!」と違うバスに乗り込んで行きました。

初めての国の初めてのバスはいつも多少の不安があるのですが、とりあえずポーランドのバスは、わりと聞き取りやすいアナウンスがありホッ。
耳をそばだててバス停のアナウンスを聞いていると、そんな様子を感じ取ってくれたのか、乗客の中には親切な人がたくさんいて、「まだだよ」とか「次よ」などと降りる場所を教えてくれたりしました。

Kolo2
さて、写真のコウォ・バザール、なかなか見応えがある品揃えと出店数だったのですが、どうも旅先での購買意欲がワタシにはなく、そのままオールドタウンへ向かうことにしました。

来たときはホステルそばからバスの乗ってきたわけですが、トラムがたくさん走っていたので、トラム待ちの女性に、「オールドタウンへ行きたいのですが、どのトラムで行けますか?」と聞くと、途中まで行くからと一緒に乗り込んでくれました。

ちなみに、オールドタウン(旧市街)と英語で聞いたのですが、Stare Miastoと言うんだそうです。
一緒に乗り込んだその女性が先にトラムを降りるとき、「ストラマイストよ。ストラマイストで降りるのよ。そしたら上に登って行けばあなたの行きたい所へ行けるわ」と何度も念を押すように教えてくれました。

ポーランドでは英語があまり通じないことが多かったのですが、それでも、ワルシャワでもクラクフでもザリピエでも、たくさんの方々が、一生懸命コチラに伝えようとして下さいました。

そのときよく耳にしたのが「トゥーム」とか「ターム」と聞こえる言葉で、最初は「トラムに乗って」と言ってるのかな?と思いましたが、トラムがそばにないところでも何度も「トゥーム、トゥーム!」と言われ、その言葉を言うときの身振りが、遠くを指し示しながら大きく手を振っていたので、もしや「あっち」とか「むこうのほう」とかの意味かなと検討をつけました。

日本から持参した「指差し会話帳」を使うことはほとんどなかったのですが(やっぱ、とっさに該当する言葉のページを開くのは難しい)、巻末の単語索引から調べると、意味があっていて、たった一言わかっただけなのに、なんだか嬉しかったです☆

|

« BALLET! | トップページ | アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 »

コメント

ポーランドいいですね~。
今、すごく行きたくなっています!!
観光はもちろん、その国の印象が決まるのは、
その時に出会った人達ですよね。
あーー、行きたい!!

ノルウェーで日本語ぺらぺらのポーランド人に会いました。
その彼(まだ20代前半)もとても親切で、
私達家族の写真を率先してくれたりと、
お世話になって「優しいなぁ」って。印象アップでした。

投稿: kotokoto | 2013.10.31 12:51

kotokotoさん

はい!ポーランドGOODです
今回、本当にずいぶんたくさんの方々に親切にしていただきました

>ノルウェーで日本語ぺらぺらのポーランド人に会いました

いい旅の思い出ですね
どんな観光名所よりも心に残るのは、やはり人との出会いですね

投稿: whoko | 2013.10.31 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウォ・バザールとポーランドの優しい人々:

« BALLET! | トップページ | アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 »