« 青果市場 | トップページ | ブダペストのホテルとその周辺 »

STUDIO・APARTMEN・SOBEの違いとは?

130808sobejpg

ザグレブを一言で言おうとすると、やっぱ「可愛い☆」でしょうか。

小さな丘から見下ろせば、ヨーロッパではお約束のオレンジの屋根。

丘の上の聖マルコ教会の屋根も、やっぱ第一声は「可愛い☆」じゃないでしょうか。

130808cha_2

花壇も多く、観光都市として目指している方向は「可愛い」であろうと想像するくらい、ぬかりなく可愛い街でした。

130808

で、その可愛いザグレブで泊ったのは、可愛いとは全く方向性の違うカンジのインテリアの部屋でした。

二人用の部屋で、といってもツインではなく、二段ベッドのある二人用の部屋をシングル使用で予約。プライヴェートバス・トイレで街の中心部にありFree wifitを必須条件で探したところみつけたのがホテルより安いここでした↓

石壁にちょっとしたカウンターがある、なかなかクールなインテリアで鍵はまたも3つ(笑)。建物にはいるための鍵、ひとつめのドアの鍵、そして部屋の鍵。

130808sobe1

看板はSTUDIO・APARTMENとSOBEがありますが、その違いはいまひとつわかっていないんですけど(笑)

去年まではホテルしかとまったことなかったので、SOBEとかこういうタイプの部屋、なかなか新鮮です。
キッチンがついてるタイプの部屋もあるので、自炊したり、長期滞在にいいですね。

130808sobe2

さて、ここは個人宅ではなく、建物の中の何部屋かを貸し出しておりまして、レセプションは別のところにあります。(5月のスペイン旅行の際、セビーリャで泊ったのもこういうタイプのとこでした)
ここへ泊る数日前(そのときはハンガリーにいたのですが)、メールが来て、「レセプションは宿泊場所と違うところだから地図を添付するね!で、当日は何時頃着く予定?」みたいなことが書いてありました。

ちょうどその頃、ドブロヴニクのSOBEからもメールが来ていて、旅先でネット環境は今や必須だなと思いました。

正直、英文をiPhoneで打つのは慣れていないので気が重かったのですが(旅行前の英文メールのやり取りはPCからだったので)、まぁ簡単な質問内容だったので翻訳ソフトも使わず、ダイレクトに返しちゃいましたが、無事、意思の疎通はできていてヨカッタです。

ザグレブ到着は列車が遅れたため、メールに書いた時刻よりかなり遅くなっちゃうは、レセプションの住所には来てるのですが、看板がすごーーーーくちっちゃく(こういうとこって、わざと目立たなくしてるとしか思えないような分かりづらさです!)、何度も通り過ぎ、すっかり暗くなっちゃってヘトヘトの状態でレセプションに辿り着きました。

でも、レセプションの人すごく親切で、「こんな時間じゃ両替もできない・・」というと、空に近かったペットボトルにお水を入れてくれました。

それから、もしかしたらマシンだったら両替できるかもとマシンの設置場所や、24時間駅行のスーパーの場所を教えてくれたり、翌々日の早朝フライトのことをいうとタクシーの手配をささっとしてくれたり、英語なのにぜんぜんストレスを感じることなく対応してもらえて、疲れもふっとびました☆

あ、早朝フライトなので鍵をどうやって返すかを聞くと、「ポストに入れておいて」とのことでした。鍵の返し方ひとるでも、いろんなパターンを経験(笑)
こういうことも旅の面白さのひとつだと思います☆

|

« 青果市場 | トップページ | ブダペストのホテルとその周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO・APARTMEN・SOBEの違いとは?:

« 青果市場 | トップページ | ブダペストのホテルとその周辺 »