« 悔しかったコト。 | トップページ | びすとろUOKIN 吉祥寺店 »

SOUVENIR(スーヴェニール)

130828

SOUVENIR(スーヴェニール)とは「旅行・場所・出来事などの思い出となるような記念品、おみやげ 」だそうです。

ハンガリーへの旅行を決めたとき、カロチャ刺繍とか可愛いんだろうな!とワクワクしました。

130828_2
(↑アマゾンさんからお借りしました。画像をクリックするとアマゾンのページへ飛び、この本の中身を閲覧できます)

↓そして、中央市場ではカロチャ刺繍のテーブルクロスやエプロンなどたくさん見ることが出来たのですが…

1308281

当たり前ですが良さげなモノは高く、手頃な価格のモノはあまり欲しいと思えない…自分のお土産として、スーヴェニールとして、何かひとつは買おうとじっくり見れば見るほど熱が冷めていきます。
家に持って帰っても果たして素敵に使いこなせるのだろうか…どうも我が家のテイストには合いそうにない…

なんだかいつもこうなのです。現地で素晴らしい工芸品をみても、つい我が家に合うかどうか考えてしまい、結局買わずじまい。

さて、10月にポーランドへ行くことにしたのですが、ポーランドといえばボレスワヴィエツ陶器。
ワタシが「ボレスワヴィエツ陶器、いいね!」と思ったのは、インテリアショップのUNICOで見たときでした。
暖かみのある素朴な図案が可愛らしく現地でも是非見たいのですが、日本のオシャレなショップにおいてある工芸品ってデザイナーの手がはいって多少スタイリッシュになってたりするので、また現地で熱が冷めないかちょっと不安です。
どうか、うっとりするものに出会えますように!(笑)

そうそう、ドブロヴニクの旧市街のメイン通りではなく、海側の城壁近くの住宅街では年配のご婦人が自分で刺した刺繍作品を売っていました。
それは、観光地のお店にあるものより、ずっとずっと手が込んでいて、しかも価格もかなりお手頃!ご婦人たちはユーロ等に換算した値段表を書いたノートを広げ指差しで「このくらいの値段ならどうか」みたいなやりとりをします。
丁寧な刺繍作品がびっくりするくらいの安価なので買いたかったのですが、そのとき現金をあまり持ち合わせていなくて断念。

みなさん、刺繍やレース編みをしながら道端で作品を販売しているのですが、その中にひとり高齢の紳士がいらして、そのおじいちゃま、ハンカチに可憐な花を刺繍しているのです。
男子が、しかも高齢の男子が慣れた手つきで刺繍する様子が忘れられません^^

1308282
↑ドブロヴニクのとあるレストランのテーブルにかけられた手作りっぽいクロス

|

« 悔しかったコト。 | トップページ | びすとろUOKIN 吉祥寺店 »

コメント

そうなんですね、やっぱり、いいものは高いのか。。。
私もいつかハンガリーで購入したいと思っていたので、残念!次はポーランドですか。私もいきました、かれこれ十うん年前。。。キョーレツな印象を持っています。今でも思い出すこと多いです。
屋台のソーセージが美味しかったし、レストランで食べたものも当たりが多かったです。
WHOKOさんがいくまでのあいだに、旅日記アップしたいです!

投稿: puppy | 2013.09.06 01:53

puppyさん

カロチャ刺繍ね、安いものはミシン刺繍じゃないかなと思わせるもので、たぶん観光客用に大量生産したのかなーと思いました

ポーランド記、ぜひお願いします!
行く前に読めたら参考になりますもの

投稿: whoko | 2013.09.06 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOUVENIR(スーヴェニール):

« 悔しかったコト。 | トップページ | びすとろUOKIN 吉祥寺店 »