« ただいまっ! | トップページ | ドブロヴニクと洗濯物 »

KOVACKA(コバッチュ)通りのSOBE

130726a
碧い海とオレンジ色の屋根のコントラストが美しいドブロヴニク。強くまぶしい陽射しが照りつけ、30度を超す気温であったものの、乾燥した気候のため実に過ごしやすく、ヨーロッパでも屈指のリゾート地というのも納得の場所でした。

人気リゾート地故、クロアチアの中でもホテル代金が高く、小さい街とはいえ訪れる観光客の数のわりにホテルが少ないなと宿探しをしいているとき思い、今回初めてSOBEに泊りました。

SOBEはソーベとかソベといい、個人の家の一室を旅行者に貸すタイプのものです(日本でも夏の間だけ民宿を営むお宅というのがありますが、それよりもっともっとラフなかんじ)

バスや列車、フェリーなどを降りると客待ちしているSOBEの人と直接交渉というのも多いそうですが、ワタシは地理的にわからないところだと困るので、日本で現地の地図を頼りに、中心地にあり、かつ、なるべく安いSOBEを予約しました。

130726street

ドブロヴニクのメインストリートから、洗濯物がはためく狭い路地にはいり、ほんの数メートルところにある(↑写真)SOBEでした。
余談ですが、その通りの名がKOVACKA(コバッチュ)といって、ああそういえばER 緊急救命室のコバッチュ先生もクロアチア出身だったなぁと思い出しました。コバッチュ先生を演じたゴラン・ヴィシュニックさんんも実際にクロアチア出身だとか。

クロアチア、彫りの深いまつ毛の長~い男の人、多かったです。ちょっと若い人だとかつてのコバッチュ先生のかんじ、ちょっと年齢がいった男性は、ジョージクルーにみたいなひとが多かった!(クルーニーさん、イタリア系かと思いきや、アイルランド系、ドイツ系、イングランド系が含まれているそうで、父方の曾々祖父母はアイルランドから米国に移住とウィキにありましたが)

130723b

話がイイオトコバナシにそれてしまいましたが、ホテルと違い目立つ看板やフロントはなく、上写真のベッドのマークが目印です。(ちなみにこの写真のSOBEの看板には☆がありませんが、スプリットとザグレブで泊ったところでは二つ星や三つ星が表示されておりました。SOBEにも星評価があるんですね!)

で、事前にやりとりしたメールで「着いたらドアの横のベルを鳴らしてね」とあったのでベルをならすと、上の階の窓から顔を出した人がなにやら言ってる。
最初はなんていってるのかわからなかったけど、「マリアのところにきたの?」みたいなことを言っていたのでYESと答えると、階段を駆け降りる音が聞こえ、オーナーのマリアさんがドアを開けてくれました。

エレベータがなく重たいトランクを抱え階段を上ると、古物商が扱うような古い単純な作りのカギで一室をあけ「この部屋よ」と案内してくれました、

130726key

渡された鍵はみっつで、ひとつは外から建物にはいるドアのカギで、ふたつめが部屋のカギ、みっつめはトイレとシャワー室のカギです。

24時間スタッフがいるホテルと違うので、「ワタシ出発が朝早くなのだけど、このカギはどうやって返せばいい?」と聞くと、「部屋の内側の鍵穴にさし込んで、そのままで出ちゃってOKよ」とのこと。
そうか、この古いタイプのカギは、ドアの両側から使えるんだ!・・・ということが新鮮でした(笑)

130723a

さて、部屋はというと、ちっちゃくて古いのですが、なんだかすごく気にいりました!開かれた窓からは向かいの洗濯物がみえ、ふつーの暮らしに接することが出来すごく嬉しかったのです。

ベッドと冷蔵庫、いくつかの棚でいっぱいいっぱいではありますが、お掃除した感はとても伝わってきましたし、家族の誰かが使っていたであろう、ありあわせのクロスや照明スタンドがほんんわかさせてくれます。

130726roomjpg

トイレとシャワーは廊下を隔てた向いにあり、一応ワタシしか使えないプライベートバスなわけで(笑)、旧市街散策で汗をかけば、すぐにここにもどってシャワーを浴びることもできたので快適でした。

そうそう。SOBEは個人がオーナーなのでほぼ現金払い。
今回泊ったSOBE3件のうち2件はカード決済ができなかったので、もしSOBEに泊ってみようと思った方は、現金を用意しておくのをおススメします。

|

« ただいまっ! | トップページ | ドブロヴニクと洗濯物 »

コメント

お帰りなさい!
あっという間でしたね。
遅れはあったものの、無事帰ってきてくれてほっとしています。
(スペインの列車事故のこともありましたし)
これからUPされるお土産話も楽しみにしてます。
ところで実はだいぶ前に携帯のメールアドレスが変わったのでお知らせしておきますね。
近いうちにお会いできるのを楽しみにしてます♪

投稿: みきにゃ | 2013.07.28 18:39

みきにゃさん ただいま!

スペインの列車事故、人ごとにはできずニュースをみておりました。
RENFEってワタシも5月のアンダルシア地方移動の乗ってましたし。。

さて。
ちかぢかお会いできるのを楽しみにしておりますねー

投稿: whoko | 2013.07.29 09:27

暑中お見舞い申し上げます。

お帰りなさいませ。
東京の空模様はいかがでしょうか?
こちら神戸は、梅雨に逆戻りといった空模様です。

SOBEのパネルのかわいいこと!
ドアの鍵の事もへぇ~でした。

「ありあわせ」とは言え、いい感じにあわさってますね。
わが家のありあわせとは違うわ~*笑*

スタンド下のドイリーがいいな。
作ってみようかな?

暑い毎日です、旅のお疲れがでませんように・・・

投稿: おすみ | 2013.07.29 10:03

おすみさん

暑中お見舞いありがとうございます!
毎年暑中見舞いの時期を逃し、残暑見舞いになってしまうのがワタシです

神戸、梅雨に戻ったかのようなお天気とのこと。東京も今日はどんよりしてます。これから雨になるのは間違いなさそうです

さて、「ありあわせ」で素敵な雰囲気というのは、できれば取得したい暮らしの技術。
ホテルでは味わえない暮らしぶりを垣間見ることが出来てうれしかったです。

めまぐるしい天気の変化のきょうこのごろ。おすみさんも体調にお気を付け下さいね

投稿: whoko | 2013.07.29 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOVACKA(コバッチュ)通りのSOBE:

« ただいまっ! | トップページ | ドブロヴニクと洗濯物 »