« 明日から | トップページ | バルセロナのホテル »

ただいま! まずはセビーリャのホテル

130509a
ただいま!
GW最終日である5/6にスペインから飛行機に乗り込み、翌7日の早朝に成田着。そのまま職場に直行。根が真面目なもんでぇ・・・というよりは、そのフライトスケジュールにしたほうが安かったからなのでした!(笑)

さて今回、ローマ経由でバルセロナに入り三泊(ガウディづくしの日々)

バルセロナのホテルにトランクを預ってもらいLCCでグラナダへ

グラナダからバスでネルハ→白い村フリヒリアーナ→マラガへ

マラガから列車でセビーリャへ

再びLCCでバルセロナに戻り一泊後帰国といったスケジュールでした。

自分で手配した飛行機・列車・ホテルや、サグラダファミリア・アルハンブラのチケットは問題なく機能し、初めて訪れたアンダルシア地方のグラナダ・フリヒリアーナ・マラガ・セビーリャでは、同じスペインでもバルセロナとはまったく違う趣に心打たれ、先々での数々の一期一会の出会いも貴重な旅の思い出となりました!

130509

楽しいことばかりで何から書きはじめたらいいのか迷うほどですが、今回の宿泊先、どれもこれも安いホテルだったのに、どこもかしこも良くってびっくりしちゃったのも印象深いので、そのへんのことから始めますね!

まずはセビーリャのホテル。この記事の写真がそのホテルなんですけど、一泊なんと21ユーロ!(日本円で2500円くらい)
この料金ランクだと、ドミトリーという相部屋並みの安さなのですが、ちゃんとシングル!しかもシェア―ドバスではなくプライベートシャワー・トイレもついていてる!しかもロケーションは街の中心地!

あまりの安さゆえ、期待なんてせず、覚悟していったのに、じゃーん!壁一面に可愛いタイルが張りめぐらされた素敵な部屋でした!

130509_2

とはいえ、セビーリャ到着後、このホテルにたどり着くのはけっこう迷いました。
中世のまんまの街並みは、車が入れないほどの細い路地が入り組み、たいへんわかりづらい。
なんとか、目的の住所にと撮り着くも、鍵がかかった鉄格子のドア。押しても引いても開きません。。。呼び出しブザーもなく、途方に暮れていると、なにやら張り紙が…スペイン語なんてまったくわかんないしなーと眺めていると、下の方には英文もあった!

それによると、レセプションは別の場所にあり、チェックインはそこでと書いてある。その紙に書かれた地図を頭に叩き込み(今思えばiPhoneで撮ればよかった!)、彷徨うこと数十分。いったんわかれば数分の距離なのだけど、ほーんと、ごちゃごちゃした旧市街はチンプンカンプン。ただでさえ地図が読めないヒトなのに!

ていうか、おなじところをグルグルしていたら、見かねた地元の人が、その貼り紙のところまで来てくれて、一緒に道案内してくれたものの、その人もわからないという複雑さ・・・(苦笑)

130509_3
なんとかレセプションに辿り着きチェックインをすませると、鍵を3つ渡され(この記事の一番上の写真)、ひとつ目は外の鉄格子、二つ目は入り口のドア、3つ目が部屋の鍵と説明。(つまり、私が泊る所に常駐スタッフがいないってことです)

そして、デポジットで15ユーロ支払うとのこと。宿泊料金は予約した時カード決済してるのだけど、スタッフのいない棟から、鍵など持って帰っちゃう宿泊客への予防みたいなものかと思います。
チェックアウトのときこの3つの鍵をレセプションに返すと15ユーロは返金されましたが、こういうシステムははじめてでした☆

セビーリャのホテルの青いタイルの部屋の別コーナー↓

シャワールームは白いタイル
青いペンキで塗られた窓際のスペースの雰囲気もよかったです。

130509e

別の場所にあるレセプション
青く塗られたパティオも異国情緒たっぷりでした↓

130509_4

130513


|

« 明日から | トップページ | バルセロナのホテル »

コメント

おかえりなさい。

ブログを自分が旅したような気持ちになって
よんでました。

自立旅も余裕なかんじ
Whokoさんの笑顔(なんか若返ってませんか?)
からもうかがえますよ~

旅レポート楽しみにしています。

てかスペイン人に難破されませんでしたか?

投稿: SARAN | 2013.05.09 18:32

SARANさん

ただいま!
読んでくださってアリガトウ
ナンパされませんでしたが、たくさんの楽しい出会いはありましたよー

投稿: whoko | 2013.05.10 14:32

うふふ、おっかえりなさ~い!

いきなり劇的にかわいいホテルですねぇ!
ニ~っと笑ったwhokoさんの笑顔からも、その嬉しさが
伝わります
これから読み進めていくのが楽しみです。

鍵のキーホルダーも銭湯の下駄箱木札を思い起こさせる
素朴さ。ナイス!

投稿: あっく | 2013.05.11 15:37

はじめまして!(?だと思います…)
whokoさんの、前回のスペインの記事を読んでから、ずっとスペインに憧れて、去年ついに行くことができました!!
ガウディも何もかも、すっごく素敵で、またいつか行けたらな〜と思ってます。
whokoさんみたいに、ステキなホテルにも巡り会いたいですー♥

投稿: さき | 2013.05.12 02:10

あっくさん

ただいま!
もうね、2千円前後の安宿ばかりだったので、ほんと期待せず、むしろ覚悟して挑んだのに、結果的には可愛い部屋ばかりでラッキーでした

>銭湯の下駄箱木札を思い起こさせる素朴さ

この鍵束を渡された時は正直ビビりました(笑)
しかも外出時にフロントに預けるわけでもない「持ち歩き鍵」。バッグの中でもひときわ存在感がありました!

投稿: whoko | 2013.05.13 14:05

さきさん

はじめまして(たぶんね?

そうですか!
さきさんは去年スペインへ!

今回は、前回、外観だけだったカサ・バトリョやカサ・ミラ、サグラダファミリアのエレベーターにも上ってきました!
特にカサ・バトリョの内装の素晴らしさ興奮しました!ほぼ半日、いすわっちゃいました
スペイン、ガウディだけでも見ごたえありますが、他にもおっしゃるとおりステキがたくさんの素晴らしい場所ですよね

投稿: whoko | 2013.05.13 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただいま! まずはセビーリャのホテル:

« 明日から | トップページ | バルセロナのホテル »