« トランクとLCCのこと。 | トップページ | ZARA HOME と COCA COLA »

白い村・フリヒリアーナ

130513frigiliana1
白い村・フリヒリアーナ。
南アンダルシアのネルハから1時間に1本のバスに乗り行ってきました!

旅番組(たしかBSのバス紀行)やフィガロ・ヴォンヴォヤージュでその存在を知り、アンダルシアへ行く一番の目的でもありました。

そこへ行くためには、まずはネルハへ行かねばなりません。
グラナダからネルハはALSAの長距離バスで2時間ちょっと、という情報だけ出発前に仕入れていてのですが、そのバスの乗り場が分かりません。

なので、ホテルのスタッフに訊ねると、地図に木を何本か書き、スペイン語でなにやら説明するのですが、何を言ってるかわかりませんでした。
しかたなく、今度はツーリストインフォメーションまで行って訊ねると、路線バスの3または33番が10分おきにくるので、どちらかに乗るようにと言われました。

え?路線バスで行けるの?ALSAの長距離バスは10分おきなんて短い間隔で運行してないはずだし????
と意味不明だったのですが、ホテルのスタッフが地図に書いた木のような絵については、「3or33」をかなりラフに書いたものだと解読できました(笑)

そして後に、アルハンブラで偶然話すことになったひとり旅の女の子と、バスでの移動の話をするうちに、ああ!長距離のバスステーションはターミナル・エスタシオン・デ・アウトブスといい、グラダナ市街からそのステーションへはけっこうな距離があり、路線バス3または33番で行くのだとわかりました。

早朝のバスストップで出会った黒人の男の子(一見ワルそうでビビりましたが、親切な青年でした)、長距離バスで一緒になった日本人カップル、ネルハからフリヒリアナへのバスでたくさん話し、アドバイスをもらったアイルランド人のご夫婦のことなど、旅のエピソードはまた次回に書くとして、ますは、白い村フリヒリアーナの写真をご覧ください~

130513frigiliana4
どこもかしこも真っ白でほんとに美しい村。
どこを撮っても絵になるので写真をたくさん撮りましたが、どうしても同じカンジになってしまう白い村でございました(笑)

130513frigiliana2

フリヒリアーナでのエピソードは、まだまだあって、カフェのご主人のこと、BSにも出ていたフラメンコの衣装をアレンジしたドレスやエプロンを製作している素敵な女性のことなど、またいつかご紹介できればと思っています!

|

« トランクとLCCのこと。 | トップページ | ZARA HOME と COCA COLA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い村・フリヒリアーナ:

« トランクとLCCのこと。 | トップページ | ZARA HOME と COCA COLA »