« ひまなちゅりのちらしずし | トップページ | リトル・ダンサー »

アルゴ

Benaffleck1_2

出先で中途半端な空き時間ができたのでアルゴを鑑賞。

監督・主演のベン・アフレック、以前から「いい役者」とは思っても、オトコマエなのかキモいのか、役によって判断付かない不思議な俳優という印象をワタクシ持っておりました。
なので彼が撮る映画にすごーく興味があったのが観ようと思った第一の理由です。

さらに「人質救出のために映画製作をでっちあげる」というストーリーから、エンターティメント性の高い、ふざけたオモシロ展開を期待したのだけど、そのへんの予想はは見事にハズレ。派手さはありませんでした(笑)

でも、いい映画と思います。

宗教観・世界観のまったく異なった異国で取り残された少数のアメリカ人の緊迫感がドキドキハラハラ・心臓が痛くなるくらい伝わってきました。

この実話、事件解決直後に公表すれば、報復されること間違いなしという緊張状態だったので18年間極秘扱いだったそうです。
本来なら公の場で表彰されるべき主人公への表彰も極秘扱いだったというのが「かっちょいいじゃん!」と思いました☆

|

« ひまなちゅりのちらしずし | トップページ | リトル・ダンサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ:

« ひまなちゅりのちらしずし | トップページ | リトル・ダンサー »