« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

ただいま!…じゃないんです。

2週間ほどここの更新がとまっているのは、ポルトガル&ローマへひとり旅行の最中だから・・・だとお思いのみなさま。実は行っておりませんでした!

出発の二日前に娘の具合が悪くなり、娘は「ママ、せっかっくの旅行なんだから予定通り行って来て」と言ってくれていて、出発の前日まで迷いつつ様子をみていたのですが、かなりの緊急事態。2歳児の世話のことも気がかりで、このまま旅に出ても心から楽しめるカンジがしなくて旅行中止を決めました。

そのときすでに出発前日で、しかも日付が変わる23時30分過ぎからオンラインでキャンセルの手配を進めたのでした。
で、参考になるかどうかはおいといて、備忘録としてキャンセル料のことなど。

【周遊航空券】
往路:成田からアムステルダム経由でリスボン(オランダ航空 )
復路:ローマから成田への直行便(アリタリア航空)

上記チケット代金
フライト54,500+税及びサービス料 48,760=計103,260円

【片道航空券】
リスボンからローマ(アリタリア航空)
上記チケット代 9010円

格安チケットで変更・キャンセルができないのを承知でエクスぺディアのオンラインで購入し、前日にオンラインでキャンセル。
なので全額返ってこないかと思いきや、キャンセルした翌日日付でカード利用明細にアリタリア航空から1270円、エクスぺディアから6160円あわせて7340円の返金があり、たぶん、リスボンからローマの片道航空券9010円の分の戻りだと思うのだけど、ちょっと嬉しくなった^^

【リスボンホテル宿泊費】
agoda.comでオンライン予約しホテル5泊分32,180円 カード精算済み。
チェックインの前日オンラインでキャンセル。
チェックイン日の7日前以降のキャンセル1泊分のキャンセル料金ということで25,284円返金をカード利用明細で確認。

【ローマホテル宿泊費】
エクスペディアで2泊分をオンライン予約。
無料キャンセルのところを選んだので、ここの宿泊費13,191円に関しては支払ゼロ(ほっ♪)

【ローマでのナポリ・ポンペイ日帰り現地ツアー】
日本からオンラインで予約 11,900円
ツアー開催日の4日前からキャンセル料が発生するのですが、1週間前キャンセルのため取消料525円が課金されましたが11375円の戻りがありました。

ちなみに、この現地ツアーの企画会社への予約取り消しの場合はオンラインでなく電話でとのことでしたが、週末で営業日外のため連絡とれずで、その場合はメールでとの文面をみつけました。
キャンセル料が発生する前に取り消したいと不在を承知で予約取消しメールを送ってみたたところ、ちゃんとそのメールの日付での処理となり、取消料525円のみで済みましたよん☆

【スカイライナー】
成田までのスカイライナー料金は2400円。
いつもなら当日購入するのに今回は事前に買っていて、キャンセルは出発前に直接窓口まで行かないとならないとのこと。
行けないからキャンセルなのにナと思いつつ、規約なのだから仕方がない。全額返金ならずでした。
スカイライナーが満席ということはほぼナイことなので、これからは当日購入か、PCでキャンセル可のオンライン予約を利用しようと思います!


以上、キャンセル料金にかかわる備忘録でした。
旅行代理店に依頼せず、オンラインでの個人手配はキャンセルや変更が面倒かと思いきや、航空会社やホテル予約サイトからの返金作業は案外簡単で、翌日もしくは翌営業日あたりで返金作業が行われスムーズでした。

ちなみに娘は回復し、私は今週より仕事に復帰しております☆

| | コメント (16) | トラックバック (0)

小分けして

130211gal1

旅支度中。
シャンプーなどは、三星以上のホテルならたいがいついてるけど、使い慣れたモノのほうが安心なので持参する派。
ちなみに今回はシャンプーはサンプル品、トリートメントはお気に入りの無印の5FRUIT CONDITIONERを小っさい容器に小分け。

メイクはしないのでメイク用品は持っていかないけど、オールインワンゲルとUVクリームは必須アイテム。
メイクをしないというのは、機内で乾燥に気づいたときなどにも、気軽にちょちょいとゲルを塗ることもできるので、機内持ち込み可の分量・用法を守って小分け。

130211gal2

ところで、空前のオールインワンゲル・ブームともいえる昨今。
最近、かなり気にいってリピート買いしているのが、Moist DIANE(モイスト・ダイアン)エンリッチアクアゲル リフトEX というもの。
以前はドクター**ラボや、肌*ボ濃極潤パーフェクトゲルなどなど使ってきたのですが、150g1260円のMoist DIANEはコストパフォーマンスも素晴らしく、なによりも自分の肌に一番合ってると実感してます。

いやもう、なんたって、リフト感をなにより求めておりますもんで!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うしろまえ。

130210_3

いまやユニクロのみならず、ヒートテック系ロングスリーブTシャツがお手頃価格で流通しています。
が、このテのもんは、やっぱメインに着れない。ひっそりとアンダーウエァとして着る裏舞台の主役だとワタシは思っています。

メインで着るにはどうにもカタチがよろしくない・・・もちろん、ポスターを飾るモデルさんが着る分には美しく着こなしていると思いますが、一般人の体系ではムリがあると思うのはワタシだけでしょうか?
(余談ではありますが、色・柄モンのヒートテック、アレはどういうコンセプトで商品開発されたんだ?といばしば戸惑います。下に着るには色柄が邪魔、メインで着るにはうーん。。。ま、あくまでも、ワタシが思ってるだけのことですが☆)

なので、ワタシがメインで着るロングスリーブのカットソーは、もっぱらGAPかZARA。その下にヒートテックを着ることはありますが。

がしかし。
あるとき、そのヒートテックを後ろ前に着ちゃって、そのときふと鏡に映った姿をみたら、あれ?この着方、案外よくない?などと思ってしまう出来事があり・・・

そーだ!いっそ、うしろまえに着ちゃおう!ということに(笑)
まぁ、そのまま前後逆に着てもよかったのですが、誰かに「あの・・・後ろ前ですよ・・・」などと指摘され、いらぬ心配をされるのも面倒なので、リボンをつけることにしました。

ホントはオーガンジーの幅広リボンをイメージしたのですが、手持ち材料の中になく、ケミカルレースを下写真のように縫付けました。

130210b

↓そしてリボン結び。あくまでリボンは後ろ側で着用します。
ちなみに、ふつーに正しい前後で着るときはリボンをほどき、裏側に入れ込んじゃえば問題ありません☆

130210a_2

着用写真はこんなかんじ↓
合わせ鏡にして撮るも、角度が難しく、思いのほか、いいストレッチにもなったセルフ撮影でした(笑)

130210_2

そうそう。
ここ数年、髪のカットもセルフなんです。

えっとね、髪を適当ブロッキングで2段にカットし、顔周りはあごより下のラインで斜めちっくに(上手に斜めにならないので斜めちっくでヨシとしている)
当然、全体の長さはばらばらなので、少しずつ束ねた髪をねじりはさみをいれ、毛を軽くシャギーもどきに(上手にシャギーができないのでシャギーもどきでヨシとしている)

パーマっけゼロなんですが、いい具合にあっちこっち毛先がはね、ボリュームも出て、なんか美容院でやってもらうより気に入ってる、ていうか、プロが見たらあぜんとする適当カットなので、美容院に行きづらい今日この頃です~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Away We Go Lisbon

130208anthrolo

大好きなANTHROPOLOGIE(アンソロポロジー)のサイトをみていたら、どっきん!です

なぜって、モデルさんの背景にあるブルーのタイル、これって、もしかして、ポルトガルの伝統工芸アズレージョでは?!って思ったから。

当たりでした!
2月のANTHROPOLOGIEのカタログ撮影はリスボンでのロケ「away we goLisbon 」だったのです!

大・大・だーーーーい好きなANTHROPOLOGIEのサイトは毎月変わるWEBカタログ、そりゃーもう楽しみにしていて、いつも、うっとり、わくわく、どきどきさせてもらっているのです。

それがなんと今回は、今月行くポルトガルのリスボンが撮影場所となっていたなんて、もうもう、なんだか感激で、わーい!わーい!とはしゃいでしまいました!

美しいアズレージョや街中を背景に綺麗なモデルさんが素敵なファッションで佇む。いやもう、ワタシのためじゃないとわかっているけど、その偶然にやたら興奮中です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かかってこいや!(…嘘です)

130105a
東京は深夜から雪が降り出し明日は雪が積もるとか。

先月の大雪のときもそうでしたが、雪であたふたするたびに長靴を買おうと思います。・・・が、年に数回振るか降らないかの地域に住む者としては、なかなか「買い」に至らないのが現状です。

「長靴、使用頻度少ないもんねー」
「昨今の長靴がいくらかオシャレになったとはいえ、雨でも雪でもない日には履けないしぃー」

などと上記会話を幾度となく繰り返し、気がつけばうん十年です。

がしかし、ついに、ブーツかと思ったらレインシューズだったコレをみつけ、うん十年の悲願(?)を達成いたしました!

130105

見た目、ほんとにふつーにブーツです。
ブーツっぽいレインシューズ、これまで何度も見てきましたが、やっぱ長靴じゃん的外観のものが多く、買う気になれなかったのですが、コレは、素材感がふつーの合皮に防水加工をほどこしたものだそうで、見た目は絶対長靴には見えないと思います。

長靴特有のゴムの重さもネックとなっておりましたところ、コレ、重さはふつーのブーツとかわりありません。
なので、雨や雪じゃないふつーの日ににふつーにブーツとしてはいています。

ただ、防水加工のなせる技、しなやかさには欠けるので、階段を降りるとき、甲が真っ直ぐなままでロボットみたいな足運びになってますけど。
ま、下り階段のみの不都合なのでヨシとします。

さぁ、雪んこ、かっかってこいやぁ!
(でも、やっぱ、あんまし積もりませんように!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちっぽけな存在ですが。

130203cham

とあるお店のシュガーポットから出ているスプーンの飾りが、なんだか可愛くって思わずパチリ。
運ばれてきたランチではなくシュガーポットだけを撮っていたもんだから、店員さん、キョトンとしてました(笑)

小さいのに心奪われるモノって、世の中、たくさんありますよね。
いや、小さいから、なおのこと可愛くなっちゃうのか。

↓Rさんが作ってくれたスマホアクセ(Thanks!!)
チャームというのも心躍る存在ですよね!
ミニチュアのバッグや鍵…じっと魅いってしまいます。

130203chram1

そして、その小さいものをパーツにして作品を作るRさんの仕事ぶり。
すごいです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フーテンのふーさん。

130204a
ポルトガル行きまで2週間弱。
来週あたりでも十分かなと思いましたが、昨日は外出の予定がなかったので荷造りをはじめました。
それにしても、このトランクと帽子の組み合わせで写真を撮るとと「フーテンの寅さん」みたい(笑)


しかしこのトランク、イタイタシイくらい傷だらけです~
実はコレ、娘からの借り物で、娘が子育て中で旅行に行けないのをイイことにすっかり自分のもんとしてますが、ずいぶん使いこんでしまい、キャスターなぞはもう2回ほど壊れました。

空港のターンテーブルから出てきたトランクが壊れているというのは、ありがちなことらしく、ANAのフライトのときはANAが無料で修理してくれました。
しかも、ほんとはANAのチケットを買ったわけではなく、天候不順のため乗継が間に合わずいたところ、ANAの便になっちゃっただけ、なのにです。

日本の大手航空会社のサービスは素晴らしいですね!
いつも底値のチケットを買うので、日本の航空会社の便を利用できたのは、あのときだけで、それ以来、縁がナイのですが(笑)

2回目にキャスターが壊れたときは、中東の某航空会社で、実費修理と言われました。しかも、そのとき海外旅行保険に加入していなかったのでホントに実費。
あのとき以来、保険をカバーしてくれるゴールドカード加入を検討しだしたのでした。

鍵の金具にいたっては、一部行方不明になり、裏技を使わないと開けられない構造になってしまい、まぁそれはそれで防犯上イイかぁと、そのまま使っています・・・(笑)

この前のバルト旅行に行く前日、皮ベルトがちぎれたときは、さすがに絶句しましたが、なんとか手縫いでつなぎ合わせました(汗)

この皮製トランク、「味がある」の域をとっくに越えてます(ごめん、娘)が、愛着はそうとうなものです☆
それにね、ナゼかけっこう海外で評判が良くて、このトランクを「素敵!」と言ってもらったりしたこと、1度や2度ではないのですよ^^


さて今回は、お昼休みに職場で、旅先で着る服のコーディネートを書いたものをもとに、実際に来てみたりしながらパッキングしました。

130204

そうそう、パッキングといえば、以前はポーチや可愛い袋物で小分けしていたんですが、最近はジプロップばかり。
色気も可愛らしさもナイですが、一目で内容物がわかるので、便利です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »