« 歯医者さん | トップページ | 小さいおうち »

絶対答えなくてはならない

121218a
年末も近づき、今年も「絶対笑ってはいけない」を見るだろうなぁなんて思っているんですが、最近、あるシチュエーションで、「絶対答えなくてはならない」というのがありました。

というのは、右目が部分的に見えなくなりそろそろ3ヶ月になろうとしてるのですが、紹介状を書いてもらった大学病院の初受診のときの視力検査でのこと。
わっかの切れ目が見えなくなったとき「見えません」と言ったところ、「なんとなくでいいですから、上下左右のいずれかを答えてください」と言われ、「んー・・・でも見えないし・・・」と言ったら、「それじゃぁ検査が終わんないんです!なんでもいいから勘で答えてください!」と、けっこう強い調子で言われました。

勘で視力検査になるのか?と思いつつ、えらく込み合った診察室内、ピリピリした看護師さんの気配もあり、本気で見えていないのに、勘というか、適当に答えてきました。

次のときは違う看護師さんで、イライラしていない優しい人だったけど、やっぱり、見えてなくとも何か答えないと終われないカンジだったので適当に答えてきました。

なんか腑に落ちないなーと思っていたところ、「視力検査 はっきり見えないのに答えてもいいのですか」というのをみつけ、へぇ、そういうことかぁと思いました。

なんにしても、最初の看護師さんはカンジが悪かったのは間違いなく、「見えなくても答えてくださいね~そういう検査なんですよ☆」と言ってくれたら気分はもっと違ったはず。

さて、上の写真はリトアニアのバスターミナル付近で撮ったもの。
ナゼ、この記事にこの写真かといいますと・・・拡大バージョンがコチラ↓

121218b

目の話題だったので(笑)

ピラミッドに目のシンボル。秘密結社のフリーメイソン?と思わず撮ったものの、紹介する機会もなく、あ、今回視力検査の話題じゃんと掲載した次第です(笑)


さて、「眼底出血でね」って言ってたけど一応病名があったのです。でもソレなかなか覚えられなかったのだけど、さすがに3ヶ月もたつと言えるようになるものです(笑)
えーっと、網膜静脈分枝閉塞症っていうそうです。
最近では、ちょっと早口言葉っぽく、もうまく・じょうみゃく・ぶんし・へいそくしょう!・・・と軽やかにくちずさめるほどなりました☆

さらに最近では、気のせいなのか、この見え具合が慣れてきたのか、ときたま、見えない部分が小さくなっているような気もして、そんな日は「お。今日は調子いいじゃん?」とか思います。

実際どんなふうに見えているのかというと、両目だとふつーに見えていて、右目だけで見ると、視界の3分の一くらいがもやっとした黒色に覆われその部分の視界が遮られているのと、そのもやっとしたあたりにいくにつれ歪みが生じていて、直線が湾曲し吸い込まれていくように変形。人の顔だと極端にきゅーっと縮まってヘンテコリンな小顔に見えます。

お医者さんがいうには、浮腫がおさまり出血部分が小さくなっていけば、見え方も良くなっていくと。案外自然に数ヶ月とかで治まる人もいるし、レーザーや注射などで治療して良くなる場合もあるそうで、いまのところ腫れが引くのを期待しながら、適した治療法のための検査を重ねています☆

|

« 歯医者さん | トップページ | 小さいおうち »

コメント

whokoさん

慣れてきたとはいえ、早くすっきり治るといいですね!
それにしても「勘でもいいから答えること」に
こんな意味があったとは、長年の謎が解けてスッキリしました!ありがとーございます

私なんて最上段の大文字が見えないのにやっぱり
「あてずっぽうでいいから」と言われてムッ
ときて「丸に見えます」と揚げ足取ったりしましたが(笑)
次回からは素直にテキトウに答えようっと!うふふ。

投稿: あっく | 2012.12.21 10:00

あっくさん

目的がわからないと「勘でいいから」と言われると戸惑ったりムッとしたりしますよねー
小さい頃から近眼のワタシは下の段まで見えてよどみなく回答できる視力に憧れます

投稿: whoko | 2012.12.25 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対答えなくてはならない:

« 歯医者さん | トップページ | 小さいおうち »