« BALTIC#5 ウジュピス共和国って?!(リトアニア編) | トップページ | BALTIC#7 トゥラカイ(リトアニア編) »

BALTIC#6 小心者だから。(リトアニア編)

121019streett
第一カ国目リトアニア到着後、ホテルも街並みもうきうきもんでしたが、実は、朝起きて一番最初にしたのは、隣国ラトヴィアへ行くバスターミナルの下見でした。

1.ホテルからバスターミナルまで、どのくらいの距離なのか(重たいトランクを転がして自力で行けるか)
2.オンラインで予約した隣国行きのバスの確認(時刻表とプラットフォーム)
3.バスターミナルの荷物預り所の確認(料金と時間帯)
4.日帰りで行く予定のトゥラカイへのバスチケット(乗り場と料金)

気にかかっていることは、とっとと片付けたい、ていうか、気になることがあると心から楽しめないという小心者、朝食前にホテルから散歩がてらにてくてく出発。

バスターミナル(Autobusu Stois)は、駅(Stotis)に隣接してあるとのこと、そちら方向にしばらく歩くと駅らしき建物が見えてきたので(↓)、階段を上がり扉を開けると、あれ?

121019market

駅じゃなかった!マーケットだった!(笑)

ハレス市場という古くからあるマーケットで、中は庶民的で瓶詰やら野菜やら雑貨やらいろいろ売っていて面白そうだったけど、まずはバスターミナルに行き、きがかりなことを解決してこようと、そそくさとその場を後に。
(ちなみに翌日行ったら休みだったので、間違えてでも辿りついちゃって、雰囲気だけでも味わえたのはヨカッタと思いました・笑)

それにしても、このあたり、60年代な雰囲気でした~
建物もそうだけど、バスやトラムもなんだか、レ・ト・ロ。

121019bus

さて、駅に到着。
目の前のバスターミナルで目的地の乗り場を探すも、ぜんぜんっ見つからなくて焦る!!けっこう広域範囲な乗り場のバスストップをすべて見るも目的地に行くものがみつからない!

落ちつけ、アタシ、こういうときってナンカ勘違いしてるものだよ、落ちつけぇ!!と自分に言い聞かせ、あたりを見回すと、あれ?駅からちょっと離れた位置にAutobusu Stoisってでかでかと書かれた建物がある!

そっか、アタシがうろうろ探し回った駅前のバスターミナルは市内へのバス乗り場で、近郊や国際バスは、Autobusu Stoisって看板のあるあそこからなんだと、やっと気がつく。

建物内に入ると待合室や売店があり、窓口でオンラインで取得した紙を見せ乗り場の番号を教えてもらい、ついでに、トゥラカイへのバスチケットを買おうとしたら、乗車するとき運転手さんから直接買うように言われ、一応バス乗り場の番号を訊ねると、ガイドブックに載っていたのとは違ったので、聞いてよかったと思う(情報は古くなってたりするからね~)

荷物預り所の場所もわかり一安心。
この、バスターミナルでの荷物預り所というのは初めての利用なものでドキドキしていたのです。
これまでにも、チェックアウト後にホテルで荷物を預かってもらうことはあったのだけど、隣国へ行くバスの時間帯を観光が出来ない夕方発・夜着の便にしたため、荷物はバスターミナルで預ってもらうのが便利だろうと思って。
移動日の午前中に荷物を預け、そのまま近郊のトゥラカイへバスで行き、戻って旧市街をまた散策、夕方、リガへ向かうという計画、無事達成できました!

ちなみに荷物預かり料金は3Lt~。日本円で100円もしなかったです(笑)

|

« BALTIC#5 ウジュピス共和国って?!(リトアニア編) | トップページ | BALTIC#7 トゥラカイ(リトアニア編) »

コメント

今回も素敵な旅ですね
街並みも佇まいもインテリアも ため息が出る美しさ
whokoさんの写真が素晴らしくて
いつまでも見入ってしまいます

一緒にワクワクしたりドキドキしたり…
私もすっかり行った気分

それにしても
どのくらいの英語力があれば
こんなに素敵な一人旅が出来るのでしょうか?
まずは 何とかなるだけの英語力を身につけたい
聞き取れる耳を持ちたいです

投稿: sally | 2012.10.20 09:48

旅には直感も必要とコメントした私ですが
こういうマメさも実は大事ですね

だってコレ、当日の出来事だったら確実に焦って
落ち込むことだらけですもんね!
バス停がナイ入ったら市場
荷物預け場所はどこだ
考えただけで焦っちゃう

水色の鉄格子・・盗みたいくらいステキ。。

投稿: あっく | 2012.10.20 13:15

sallyさん

ワクワクして頂きコチラも大変嬉しいです!
ありがとうございます

英語力・・・
私の英語はヒドイもんです

チョコっと話しかけると、私の実力がどのくらいかわからない相手の方は、いっきに話しこんできますが2割から3割しか聞き取れてなかったりです~

投稿: whoko | 2012.10.22 09:33

あっくさん

いやほんと、当日おこったりしたらパニックですねー
それも時間ぎりぎりでこんなことがおこったら…
きゃぁー!想像しただけで恐ろしい~

>水色の鉄格子

再び行く機会があったら、あっくさんのためにトランクに忍ばせてきましょう!(って、はいんないだろーな

投稿: whoko | 2012.10.22 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BALTIC#6 小心者だから。(リトアニア編):

« BALTIC#5 ウジュピス共和国って?!(リトアニア編) | トップページ | BALTIC#7 トゥラカイ(リトアニア編) »