« BALTIC#13 アアルトとマリメッコ(フィンランド編) | トップページ | BALTIC#15 タリン-ヘルシンキ(エストニア・フィンランド編) »

BALTIC#14 中庭フェチだったんだ!(ラトヴィア編)

121025ja1
聖ヨハネ(ヤーニャ)教会の前の路地のほう、なんだか惹かれるぅと近づいてみると、あっ!中庭~?!!
おお、「ヤーニスの庭」と呼ばれているのがココだと気づき踏み入れさせていただきました☆

121025ja2

中世の町並みは通りに面してファザードのある小さな間口の家々が並び、それらの建物で囲むように中庭があるのだけど、その構造、私にはものすごく魅力的に思える!

↓こちらは同じくリガの旧市街にある、中世の違う時代の建物が肩を寄せ合うように残っていることから名づけられた「三人兄弟」と呼ばれている3棟(ドアップすぎて真ん中の建物しかわかりませんね!・汗)

121025threeb1

現在、内部は建物博物館となっていて無料ではいることができ、↓左下の小さな扉の向うには中庭がありました!(右側の写真が中庭側から入ってきた扉方向を写したものです)

121025threeb2

決して広くはない中庭に木が植わっちゃったりしてると、この木はいつの時代に植えられたんだろうとか、何世代も幾つもの家族のために木陰を作ってきたんだなと勝手に想像したり、ちょっとしたテーブルなんか置いてあると、外の通りからはうかがい知れないプライヴベート空間に足を踏み入れたような気分になり、きゃぁきゃぁ言いそうになります!

121025threeb3

私のヨーロッパにおける中世の街並み好きの一番のツボは、こういった中庭であると、今回、判明しました。
中庭フェチです。間違いなく!

121025threeb4

↑三人兄弟内部から撮ったドアと金具。
こういうのも、ワタシのフェチ対象物です~!

(追記:過去の中庭↓)

アムステルダム編
ベルリン編

|

« BALTIC#13 アアルトとマリメッコ(フィンランド編) | トップページ | BALTIC#15 タリン-ヘルシンキ(エストニア・フィンランド編) »

コメント

裏道・中庭フェチです、ワタシも・・・。

以前香港で手が届くはずも無い高級住宅(山の中腹の木立の中のアパート)の一部屋が売りに出て、その中庭の写真が余りに素敵で見たくて仕方なかったので、

出来る限りのキレイな格好&(多分バレてるが)金持ちなフリをして内部見学をしてみたことがある位です(笑)

苔むした石畳や大きな鉢の睡蓮の下に隠れる金魚・・
と素敵さ満載だったなぁ・・。

whokoさん、これからも旅先中庭チェックよろしくです

投稿: あっく | 2012.10.28 21:53

あっくさん

おおやはり、あっくさんも…
ロンドン在住の頃、ご近所散策に連れて行ってもらったときの、あの界隈が忘れられません。
中でも、グリーンのゴミ箱が置かれている裏庭、いい雰囲気でした~

香港の高級住宅の中庭、みてみたい!!

投稿: whoko | 2012.10.29 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BALTIC#14 中庭フェチだったんだ!(ラトヴィア編):

« BALTIC#13 アアルトとマリメッコ(フィンランド編) | トップページ | BALTIC#15 タリン-ヘルシンキ(エストニア・フィンランド編) »