« BALTIC#10 リガの旧市街のホテル(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#12 何を観たのかわからないっ…(ラトヴィア編) »

BALTIC#11 悪そうなブレーメン音楽隊(ラトヴィア編)

121022riga4
リガの旧市街はいちいち可愛くて

121022riga_2
確かにバルトのパリと言われるだけのことはあるなー
などと思いながら歩いていたら

121022riga6

可愛いとは言い難い悪そうな顔のブレーメンの音楽隊発見!

121022riga3_2
なんでリガにブレーメンの音楽隊?と思って調べたら、なんでもブレーメンとリガは姉妹都市ということで、この銅像もあるらしい。
本家の銅像のほうはなかなか愛らしい表情だったけど。

グリム童話をあらためて読んだら、泥棒たちを追い払うために

「窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り、ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴くと、泥棒たちはその声に驚き、窓に映った動物たちの影を見て、お化けが出たと叫んで逃げ出して行った」

というストーリーには続きがあって

「逃げた泥棒のひとりは落ち着きを取り戻すと、再び真っ暗な家の中に恐る恐る踏み込む。動物たちは家に入ってくる泥棒に襲い掛かった。ロバが蹴とばし、イヌが噛みつき、ネコは引っかき、ニワトリは突っつく。闇の中で散々な目にあって逃げ帰った」

とあるから、まぁ泥棒との戦闘時に可愛い顔なんかしてられないってことで、こちらの音楽隊は悪そうな顔をしてるのだろうな(笑)

で、帰国後、この物語を調べていて知ったのですが、この銅像のロバの前足を撫でながら願い事をすると、願いが叶うと信じられているんですって!
あらためて写真を見たら、銅像のその部分、光ってる!
たくさんの人に触られていたのね~
でも、よく見ると、鼻先とかもけっこうピカピカ!
顔方面はどんなご利益あるのかしらね?

|

« BALTIC#10 リガの旧市街のホテル(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#12 何を観たのかわからないっ…(ラトヴィア編) »

コメント

おかえりなさいです~~。

もう旅日記、10までいってるー!と、びっくりしつつ、ウキウキで読ませていただきました。
印象に残っているのはピンクです。
イギリスでもピンクの建物ってないですもんね。
あと、食べ物!中欧料理屋さんとか、あるにはあるけれど、メジャーにならないのはどうしてかな?と思っていましたが、
食べてみて、不味くはないけれど、もう一度食べたいとは思わない。。。(いや、そこで育ったら別でしょうが)ピザと中華料理は偉大ですよね。

投稿: puppy | 2012.10.24 04:34

puppyさん ただいまぁ~

旅日記、忘れないウチに書いておこうとはりきったのですが、一つの国だけで、この量。
今後、はしょって書いていこうと思います

世界的に広がりを見せない食べ物って、どうしてもありますよね☆
puppy さんがあっしゃるように、そこで育った方には美味しモノなのは間違いないですよね~
私には納豆のあの匂いと味は格別ですが、よその国の方にはめちゃめちゃ評判悪いですし

投稿: whoko | 2012.10.24 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BALTIC#11 悪そうなブレーメン音楽隊(ラトヴィア編):

« BALTIC#10 リガの旧市街のホテル(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#12 何を観たのかわからないっ…(ラトヴィア編) »