« BALTIC#9 バス国境越えと巨大市場(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#11 悪そうなブレーメン音楽隊(ラトヴィア編) »

BALTIC#10 リガの旧市街のホテル(ラトヴィア編)

121023riga1
↑写真はホテルのすぐそばの小さな通り。
なんだかイイ感じの洗濯物?と思ったのですが、たぶんこれはディスプレイ。いつ行っても、同じ状態だったもの☆

私が宿泊したホテルは、中世の面影が色濃く残る旧市街にありますが、ラトヴィアの首都リガは都会的な新市街やアールヌーヴォーの建物が立ち並ぶ通りもある、なんともいろんな時代を楽しめる活気ある大都会。

そんなベストロケーションにあるホテルに夜遅くにつき、すんごい早口の英語でfree wifiの説明やら深夜の出入り口やらチェックアウトの説明などあり、ちょっとたじろぎましたが、ホテルの雰囲気はクラッシック。
部屋は広く、ポットやお茶も用意されていたのは有難かったです。

121023riga

朝食は地下のごつごつした岩壁の部屋。
珍しいぃ~☆と思いましたが、この後、リガで入ったお店、けっこう岩壁率高かったです。

121023hotel1
バルトの10月いうと、気温10度前後で、いわば日本の冬になりたての頃の寒さなのですが、朝食ブッフェによくスイカが登場してました。もちろん、他のフルーツもたくさんあるのですが、市場に行ってもスイカが売られていて、日本では真夏の食べ物だけに、少々驚きましたが、新鮮で美味しかったです。
ちなみに、日本で見かけるものよりも長細いスイカで、薄っぺらいけど1~2cmくらいある巨大な種が印象に残ってます☆

|

« BALTIC#9 バス国境越えと巨大市場(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#11 悪そうなブレーメン音楽隊(ラトヴィア編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BALTIC#10 リガの旧市街のホテル(ラトヴィア編):

« BALTIC#9 バス国境越えと巨大市場(ラトヴィア編) | トップページ | BALTIC#11 悪そうなブレーメン音楽隊(ラトヴィア編) »