« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

バトルじゃなくてバルト三国。

8月も今日で終わりというのに軽く30度越えの東京。
10月にはバルト三国へ行くのですが、その時期のそこの気温は10度前後とか。いやぁ、10度ってどんなかんじだっけ?冬の装備とかだっけ?まったく想像できまっせぇーん(苦笑)

バルト三国というのは、ヨーロッパの北東というかロシアやポーランドにはさまれていて、北欧のフィンランド(下の地図の上のほう)から船で行くのがポピュラーとなっている位置関係で、ESTONIA(エストニア)・LATVIA(ラトヴィア)・LITHUANIA(リトアニア)の三国のことをいいます。
Map_2
なんか、あまりメジャーじゃないらしく、夫に「今度はバルト三国をバスで周遊するんだ~!」と事後報告したら、すごく心配そうな顔で、「どこ?危険じゃないの?」と心配されました。
地理的にロシアに近く共産主義国家のイメージもありますし、独立し共和国になったのも近年のことらしく、確かにワタシ自身ももここ数年で興味を持った国で、なんというのかな、北欧と東欧の素朴なイメージを勝手に持っています。

さて、一人旅も回数を重ね、ツアーよりも個人で手配する個人旅行を今回も企てたのですが、今回、かなりのアワアワ・どきどきです!

というのも、バルト三国へは、ヘルシンキから船でエストニアのタリンへ入港するか、近隣のヨーロッパ諸国から飛行機で乗り継いで入国するのですが、ワタクシ、モスクワ経由の激安オープンジョー(行きと帰りが違う空港のチケット)を見つけまして、あまり調べもしないうちに買っちゃったのです。

ところが、調べていくと、モスクワ乗継はトランジットビザ(乗継ビザ)が必要とかいうのが目にとまり、ネットで検索すると、いろんな情報がありすぎて収集つかなくなっちゃいました!

たいていの国はビザなしで行けるし、バルト三国も近年、ビザなしでOKになったというのに、経由地をロシアにしたためにビザを入手しなくてはならないかもなんて失敗じゃん!と頭を抱えたわけです。

こんなことなら、ちょびっと高くても北欧や中欧諸国の航空会社を選択すればよかったと思ったものの、本当にビザが必要かどうか確定できず、ていうか、ネットの情報は混乱するだけなので、航空会社(アエロフロート)とロシア大使館に問い合わせをすることにしました。

ところが、ロシア大使館、電話なかなかつながんなーい!!!
ほぼ1日中かけても、いつもお話し中。

アエロフロートの日本支社に問い合わせると「24時間以内の乗継ならビザは必要なし」との回答でちょっとほっとするも、一応、大使館にも確認すべきとチケットを購入した注意書きにあったので、再度、大使館に電話。

翌日、運よくつながるも、電話に出たロシア人女性に「ちょっと待って下さい」と言われ、保留のまま30分以上待たされ、けっきょく繋がらない・・・

気を取り直し、またかけ直し、なんとかつながり、質問の趣旨を伝えると「ビザは必要かも」と言われ、とりあえず「EチケットをFAXしてみて」と言われたので送信。

あんまりアワアワしていたので、送り状の冒頭に「こんにちは。さきほど電話した○○です」と入力したはずが「こんにち。」になっていて、わっ!日本語が不自由っぽい怪しい人みたいじゃんとか気になってしまいました(汗)

数時間後、FAXに記入しておいた私のケイタイに、大使館の方から流暢な日本語で電話あり、「リトアニア行きのモスクワ乗継ではターミナルDからDなので問題ないと思われますが、帰りのエストニアからのモスクワ乗継はターミナルEからDなので、建物の外にでるかもしれません。その場合はビザが必要なので、もう一度航空会社に問い合わせた方がいいです」と言われました。

わかりやすく、とても感じの良いロシア大使館の対応に数時間繋がらなかったことは水に流せちゃいました(笑)
そして、再度アエロフロートに電話で質問すると、「乗り継ぎのための専用通路からのご案内になるのでビザはいりません」とのこと。
やっと、ほっとできました(ていうか、ここまで聞いたら信じるしかないでしょ!)

個人旅行、こういうことが面倒だなと思いつつ、激安ツアーで旅行会社の人に問い合わせても、あまりわかってない場合もあるので、自分で調べて納得できるのなら、まぁいい勉強になったと思います。

あと、ネットは確かに便利だけど、情報が氾濫しすぎているので、やはり、大使館や航空会社から最新の情報を得ることが大事と思いました。

さて、最初の国であるリトアニアの到着が23時過ぎと深夜に近いため、公共の交通機関が利用できず、タクシーもぼったくりが多いとガイドブックにあったので、ホテルへ送迎サービスを利用したい旨のメールをしました。

私の英語力もアレですが、ホテルの人の英語もなんだか、ちょびっとヘンで(そんなに英語力がナイ方のように思えました)、たかだか送迎サービスのやりとりで、メールが何往復にもなったのには知力・体力共に、ものすごーく消耗しました(笑)

三か国は比較的物価が安く、三国間の移動はバスと決め、バス会社のHPからネットで買いました。
なんか早期割引なのか、48%OFFとか、めちゃくちゃ安く買えたことが、かえって、ホントに大丈夫なのか?と不安をあおっている今日この頃です・・・(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ヨーグルトのお漬物!

120831a
以前、すいすらいふでヨーグルトでお漬物ができるという情報を入手。
機会があればやってみようと思ってたところ冷蔵庫に使いかけのヨーグルト発見!

120831n

半分くらい残っていたヨーグルトに適当に塩を入れ(容器をそのまま利用)軽く塩をもんだズッキーニをINして冷蔵庫の中で漬けこみます。

120831
2日後に取りだしたところ、うん!お漬物になってる☆

ヨーグルト床は、違う野菜で何回か使用後、少量になったところで使い切りましたが、塩やヨーグルトを足していってもいいのかもしれません。
写真はズッキーニバージョンしか撮っていませんが、ナスが一番美味しかったかな~
ちなみにナスは縦に半分にカットし塩をもみ3日ほど漬けました☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕顔スイーツ

120828a
暑い夏には冷たいスイーツが一番!
透明なのはゼリー、オレンジ色は缶詰のみかんと黄桃、
そして薄ーい緑がかったモノの正体は・・・

120828_3
夕顔!

120828e
夕顔はね、大きくて太い大根のような姿の瓜
皮をむき、真ん中のわたと種を取り除いて、煮物などにするのが一般的
(夕顔と豚肉とにんじんの煮物)↓

120828
味はほとんどなくて、ちゅるんとした食感。

なので、甘くしても問題ないだろうと予測してダイエットシュガーで煮てみたら、うん!一見ナタデココ、でも食感はちゅるんで噛むと煮た梨のようなかんじで、ちゃんとしたスイーツづかいオッケー☆

120828_2
冷たい餡(あん)と組み合わせてもよさげです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

柄にもなく柄もん

120827a
夏期休暇中に行った4泊の旅の前日、突然キャリーケースを買おうと思い立ち、仕事の帰りにダッシュで目当てのものを探すも、気にいったものが皆無・・・黒の無地だったらすぐ見つかると思ったのだけど、どうも好きになれないデザインばかり。

水玉やチェック、ブランドもんにキャラクターもんを見てみるも、いまひとつ、いや、いまななつとかやっつとかここのつくらいピンとこない。

ちぇ・・・急に探してみたところで、気にいるもん、そうやすやすとみつかるもんじゃないんだな・・・と、あきらめかけたところ、なんかペラッペラのキャリーケース発見!

店員さんが「キャスター部分を取り外すとペッタンコになるんですよ~」と説明してくれ、ああ、その頼りない外見は、折り畳めるようにとの華奢さなのねと納得しつつ、これまでの自分だったら絶対手を出さない柄もん故しばし躊躇・・・

いえね、バッグの中に入るポーチとかなら色柄もんも問題ないのだけど、表に出るバッグ類は、服との相性を考えると柄もんって苦手分野でチョイスしてこなかったのです~

しかもペパーミントグリーン&茶色のストライプにリボン柄ってのもなんだかなぁ。
中学生くらいの自分だったらこれもアリなんだけどと苦笑しつつ、2450円という低価格も決め手となり、思い切ってお買い上げとなりました。

120827b

で、旅行中、よく言えば華奢、はっきり言っちゃえば安っちぃ外見とはうらはらに、実用面ではとっても役に立ってくれました!
使ううちに、この柄もなんだか好きになってきたから不思議です(笑)

そして現在、使わないときはぺしゃんこにして海外旅行用のトランクに収納。
結果的にイイお買い物でした!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ルバーブ*ジュース

1208251
長野から届いた野菜の中にはルバーブもありました!

ルバーブとは、蕗(ふき)のような姿だけど蕗にあらず。
酸味があり熱を加えるとすぐに柔らかくなるのでジャムにするのが一般的。

茎は赤みを帯びたはグリーンなのだけど、今回届いたのは赤みが強いので、これはキレイに赤がでるはずと、さっそくジャム作り。

1208252

2~3cmに切ったら同量のお砂糖とお水を少々ふりかけ10~15分ほどおくと、水が出てきます。
そしたら、そのまま、弱火にかけ、たまに、あくをとりながら軽くかき混ぜれば出来上がり。
今回は300gのルバーブに300gの砂糖、30分ほど煮ました。

1208254

パンやスコーンに塗ったり、アイスに添えたりも美味しいのですが、今回はグラスに入れて氷とお水を足してジュースでいただくことに。

1208253

甘酸っぱく綺麗なピンクが爽やかです☆

1208255


| | コメント (2) | トラックバック (0)

彩り*チリコンカン

120825a
長野のお野菜がたくさん届いたので贅沢メニュー☆
なにが贅沢って、野菜を惜しげもなく投入できること。

120825c
チリコンカンの辛さは「ぼたこしょう」というピーマンにそっくり・でも唐辛子並に辛いキケンなお野菜を3こほどざく切りにし投入。

通常なら缶詰のトマトホールを使うところ、熟したふつーサイズのトマトを4~5コざく切りにし投入。さらに彩りに黄色やオレンジのミニトマトも☆

120825b

お豆はレッドキドニーがなかったので、お野菜と一緒に送られてきたうずら豆とひよこ豆で。

120825d

休日の前の日の晩に水に浸し、一晩かけて戻したお豆たち。
水を含んだ豆が、ぐんと大きくなるのを目撃できるって楽しい☆

ちなみに材料は、合びき・玉ねぎ・トマト・ミニトマト・ぼたこしょう・にんにく・うずら豆・ひよこ豆。塩胡椒・コンソメで味を整えてますが、チリソースは使っておりません☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つばめノート

120823_3
残暑見舞にと届いた涼しげなモノトーンでセレクトされた文具たち。
贈り主は「ちょっとオトナな文具とカフェの店 kushukushu」の店長ちかこさん。

添えられたポストカードは月光荘画材店(チェアのイラストのやつね)
モノトーンのムーミン封筒、実は一か所だけ赤が使われています(寝起きの朝撮りゆえぼんやりした画像でわかりづらいですね!sunmason!!)

四角い鉛筆は裏表にそれぞれインチとセンチの目盛りが刻まれて定規にもなっちゃう?!・・・こういう遊び心にあふれた文房具のチョイス、ほんとに楽しくって嬉しいです(さすがなチョイス!Chicakoさん、ありがとー!)

120823
そしてスカイツリーの大学ノート。
スカイツリーの周りにツバメが飛んでて可愛いじゃん☆なんてぼんやり見てたら、これ正真正銘のツバメノートだったんですね!

120823_2

ツバメノートの面白い記事をみつけたので、ご興味ある方は↓をそうぞ!

コンランも認めたツバメノートの魅力

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほっとくポーク

120822a_2
オーブンにいれてほっとくだけのローストポーク

材料は豚のかたまり肉と塩胡椒
(これは肩ロースですがモモ肉でもイケると思います)

600gほどの豚のかたまり肉(安かったので買いました)に塩胡椒し200度のオーブンで45分焼くだけです

120822
注意点は、天板にサラダオイルをうっすら塗っておくことと、脂身部分を上に向けることぐらいかな? あ、焦げそうな不安を感じるときは最初の20分位、アルミホイルをふんわりかぶしておいてください

天板にはホイルでくるんだジャガイモものせておくと付け合わせになります
(って、自分のレシピみたく書いちゃいましたがMs.Qのレシピです~ 簡単で美味しいので自分でも作ってみました!)

120822d

天板に沁み出た肉汁は絶対とっておいてくださいね!
それをお湯で伸ばし、ジャム(私はchobi*さんの無花果ジャムを使いました)と混ぜたらグレービー風ソースになりますよん☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NEW TYPE

120820d
先日ちらりと書いた10秒で硬化するニュータイプのカルジェル、今度はペディキュアもしてもらいました。
といってもネイルサロンではなく、娘が新製品のLEDのUVライトを買ったので娘にタダでしてもらいました!
「一回5000円でいいや」とか聞こえたのですが、たぶん空耳だろうと思います☆

マットなベージュを塗ってもらいました。
落ち着いたかんじで気にっいってます!

120820e
↓これが、ニュータイプのライト。

120820b

ペンシル型なので指1本ずつしかできないのですが、1回につき10秒で硬化するので以前のものと比べ時間的なストレスが軽減(以前のものは3分かかってましたから)

マニュキアは台所仕事をすると剥がれちゃいますが、カルジェルはそういうことに強く、何よりも、ひと月ほど維持できるところがスグレものと思います☆

120820

GELIST LEDジェルネイルシステム

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おすそわけ

120817_2
夏期休暇も終わリ東京に戻ってますが、いやぁ、残暑キビシイですね!
こんな猛暑というか酷暑の中、Rさんからいただいた爽やかな贈物を撮影。
ことのほか涼しげに撮れたので涼しさのおすそ分けさせていただきます!
(Thanks!! Rさん!)

120817
左は私のイニシャルのチャームがついたブレスレット。
右が腕にぐるぐる巻きつけたりベルトがわりにできるロングなアクセサリー。モチロンすべてRさんによる手作りです!

120817e
ブレスレットを台紙に留めていたクリップについているのは南仏プロヴァンスの生地・ソレイアードで作ったと思われるくるみボタン(これもRさんの手作りだよね?すごっ☆)

120817a
さて、はなしは変わりますが、カルジェル分野にて朗報があるのですが、これも情報としておすそわけを!

↓の写真にちらっと映っている私の爪ですが、これ、2週間ほど前に娘にしてもらったニュータイプのカルジェルです。

120817d
カルジェルはUVランプで固まらせるのですが、以前のタイプだと3分ほどかかっていたのですが、娘が新たに仕入れたものは10秒ほどでいいんです!
実際、2週間ほどたち、その間、お鍋の焦げ付きをナイロンたわしで落としたりしましたが、まだまだ剥げてきません!
いったんはマニュキアラー(?)になりましたが、これだったら、またカルジェラー(?)に戻れそうな気がしてるんですが、どうでしょう?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STOCKHOLM#21 なんでもないようなことが

120802
なんでもないような町のなんでもない道を歩いていると

120802a
突然、眼下に海が広がっていたり

120802_2
木々の隙間から可愛らしい家なんかみつけて

Most
海に木立に野の花々が当たり前のようにそこにある生活ってどんなだろうと思ったり

Most_2

フェスティバルのなごりかと思わせるような三角旗に遭遇し
懐中時計を持ったウサギが走って行きそうな場所だなと思ったり

120801b

林の中に小さな広場をみつけて、そこの椅子がなんだかコミカルなくせして、でも、ちょっとだけ座るのに躊躇するシュールさも感じたり

120802_3

おや、こちらにも小道があると進んでみれば

Most_3

いつの間にか宿泊しているホテルの裏の道に辿りつき
あそこの道はここへと繋がっていたのかと気づけたことが嬉しかったり

Moste

なんでもないような古びた建物も花の季節だったせいか
素晴らしくキュートにみえたストックホルムの旅。
遭遇したなんでもないようなことに、いちいち嬉しかった旅でした^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて明日から夏期休暇にはいります。
お天気は全国的にあいにくのようだけど、去年もお邪魔した別荘に行ってきます!(なので、ストックホルム旅行記、ちょっと焦りながらも完結できて、ほっとしてます~)

ではでは、皆さんもどうぞ楽しい夏をお過ごしくださいね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モノやモノゴトにはナニカが宿っているかもね。

120620a

案件1
掃除機をかけなくちゃなーと思いながら、見た目そんなに汚れてないので先延ばし中

案件2
陶器のティーポット、欠けていたり茶漉し部分も劣化していたにもかかわらず手入れもせぬまま使い続け中(ちなみに写真のポットは無関係。ドイツ旅行の時の写真です)

案件3
案件2のティーポットの隣にはガラスのポットも置いていて(しかもあまり使っていない)、これ、実は、コーヒーメーカーの付属品のポットで、本体はというと、ドリップのフィルター部分を交換しなければ使えないというのに棚の奥しまい込み中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さーて、明日からお盆休みぃ~!と浮かれていたところ、上記3案件が一気に片付いてしまってものすごーくビックリ中です!

いやぁ、案件2と3のポットの隣には電気ポットがありまして、そのコードをふとしたはずみで引っ張っちゃったところ、ポットふたつともコードに引っ掛かかり、宙を舞い落下。粉々に割れてしまいました!

手で拾えるカケラを取り除き、ガムテープで細かいカケラを取り除き、仕上げに掃除機をかけたところ、ああそうだ、ついでに部屋全体も掃除機かけちゃおうという気になり、案件1も片付いた次第です。

さらに、付属のガラスポットがなくなったのを機に、しまいこんでいた本体のコーヒーメーカーも処分することができ案件3も解決。

これって、なんかすごくない?

捨てフェチのワタクシではありますが、それでも、自分のチカラの及ばないところで一気に解決をみるという不思議な現象に、モノやモノゴトにはナニカが宿っているぞーと、薄々感じていた事を、さらに確信を強めた今日この頃。

なんか、あわてて「今までアリガト」と心の中でつぶやいちゃったけど(割っちゃったポットたちに)、それは気が優しいからではなく、気が弱いから・・・なんですけどねー!!(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月のカレンダーは

120808e
恒例・ATの8月のカレンダー
カレンダーの紹介はいいんだけどさ、手作りフレームのまわりのパスタが取れ放題!ってのが気になりつつ、気にしないことにして今月も掲載。
フレームはね、もう何カ月も前から修復しなくちゃなーと思いつつ放置。
放置といえば、FBもすっかり放置。
始めたときから、ブログとの両立はムリだろーなと予測はつきましたが、まんまとそのとおりとなった今日この頃です!

120808_2
さて、8月のカレンダー、オトメなスタイリングに紫色の数字とカップがなかなか爽快な印象かと思います。
紫もいろいろあるけれど、この紫色、私にとってはまさに夏の紫という印象で、桔梗、朝顔、ムラサキツユクサなど、夏の花といえばこの紫の花々を思い浮かべます。

120808a
先日Aさんにいただいたプレゼントのラッピングも、この夏の紫色の花がアレンジされていて、とっても涼やかなのでご紹介。(Aさん!Thanks!!)

120808
中に入っていた物のご紹介はまたそのうち☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庶民のための豪華絢爛

120804
目黒雅叙園というのは目黒駅から行人坂を上ったところにある結婚式場及び巨大宴会場で、以前、一度だけ足を踏み入れたことがあったのだけど、そのときの印象は「摩訶不思議異空間!」(←「!マーク」付きの印象です)

ロビーから続く長い廊下にある立体的な日本画や赤い橋、トイレにだって橋があり、そのコンセプトがどこへ向かっているのかと正直戸惑うほど、でも、雅叙園側は迷うことなく摩訶不思議・豪華絢爛を突っ走っており、とにかくビックリ仰天したものです(笑)

なんというのかしら、私が思っている日本の美というのは「奥ゆかしさ」みたいなもので、雅叙園の「これでもか」な豪華絢爛ぐあいは、きっと外国人向けに日本を演出し、ここまできちゃったんだろうなという「やり過ぎ感」すら感じていたのです。

で、先日、Eちゃんと会う際に、「目黒雅叙園の百段階段」というのをEちゃんが提案してくれて、「百段階段ってなんだっけ?」と、あまり知識もないままに、でもま、雅叙園だったらクーラー効いていて、灼熱地獄の東京において穴場のスポットだな。さすがEちゃん!と、またも乗っからせていただいたのでした(いつもThanks! Eちゃん!)

さて、その「百段階段」というのは昭和初期に作られ、今は東京都指定文化財になっていて、傾斜のある敷地にある三号館の階段のことで、その百段階段(実際は99段なんだそうですが)の途中・途中に、にいくつかの宴会の間があり、それらの部屋の装飾がまた豪華絢爛で、そこらへんを見学することが出来るようになっているのです。

時間によってはガイドさんが案内してくれるツアーがあり、Eちゃんの事前調査のおかげで、そのツアーに参加(見学料は800円・ガイドさんは無料)でき、面白いお話がたくさん聞けました。

続きを読む "庶民のための豪華絢爛"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

STOCKHOLM#20 王冠とmy経済感覚

120803a
↑はAさんからのロンドンのおみやげ(Thanks!!Aさん)
王冠モチーフってホント可愛いですよね!
最初はバッグにつけていたのですが、バッグを変えるたびに付け替えるのもたいへんなので、毎日絶対持ち歩くキーホルダーにつけることにしました!(←こういうコトをするだけで、賢いじゃんアタシ☆と思えるオメデタイ性格です!)

王冠モチーフはヨーロッパでは、かなりの確率で目にする事が出来、今回のスコットランド、デンマークでも例外ではありませんでした。

続きを読む "STOCKHOLM#20 王冠とmy経済感覚"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まぜて にぎって のせて

120731ume
この暑さ、ホント、ご飯作るのがいやになりますねー
食べたいものすら思い浮かばなくなるのにも困り果てておりました。

そんなとき、chobi*さんからいただいた富沢商店の混ぜ込み雑穀、重宝してます!
炊きたてご飯に混ぜて、おにぎりにし、Chikakoさんからいただいたカッティングボードにのせ食卓へ(どちらのCさんもThanks!!!)

120731oni2

いただいた混ぜ混ぜタイプ、あとパスタに混ぜるペペロンチーニタイプもあります。
富澤商店、ロゴもかっちょいいですね!

120731oni6


| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »