« STOCKHOLM#13 コンフォータブル。 | トップページ | STOCKHOLM#15 赤レンガ »

STOCKHOLM#14 いつのまにかミレニアムツアー

Map_3

先ごろ公開されたハリウッド映画「ドラゴン・タトゥーの女」は、スウェーデン作家スティーグ・ラーソンによる『ミレニアム』(Millennium)の第一部で、もともとは「ドラゴン・タトゥーの女」「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」から成る三部作です。
(ちなみに、スウエーデン版は3部作まで公開済み。ハリウッド版はまだ第1部のみでヘーデビー島がおもな舞台。この記事は第二部を知らないとなんのこっちゃ?かもしれません。あしからず^^)

このミレニアム、世界的に大人気となった原作にちなみ、なんと地元ストックホルムではストックホルム市立博物館主催による「ミレニアムツアー」があるんですって!

ということを知ったのはつい先週。ストックホルムから帰って10日も過ぎた頃だったのですが、そのツアーのHPを見てみたら、ぬぁんと、ワタクシ、このツアーのほとんどの場所へ行っていた!!!
いやぁ、いつのまにかミレニアムツアーに「ひとり参加」していたとはビックリです!(しかも無料で・笑)

それというのも、ホテルは中央駅から3つ目の地下鉄Mariatorge駅から5分位、Hornsgatanという通りにあり、その付近はというと、観光地ではないけれど、私にとって、もうメチャクチャいい雰囲気の場所で、とにかく居心地良く、観光地に行くよりも、そのあたりを散策することのほうが楽しかったので、5日間の滞在のわりには地理的にも詳しくなっていたのです。

で、ストックホルム市立博物館主催のツアーのHPを見てみたら、あれ?ここ知ってる!よく行った場所じゃん!などと、思わずPCモニターに向かって叫んでしまいました。
なんか嬉しくって、そのHPの画像をちょこっとお借りしまして、地図を作ってしまったのが冒頭の画像↑

地図上にグリーンの点線で囲んだ一帯が、MONTELIUS VAGENという小道や可愛らしい街並みのあるあたりで、スルッセンよりには鉄橋のような歩道があり、そのあたりがミカエルの住居があるとされているところだそうです↓

120723_2

ホテル(赤い丸印)から地下鉄駅に行く間にある公園(緑の丸印)も、妙に気にいってしまって、何度か足を運んでいましたところ、そこはMariatorge公園といいまして、作者のスティーグ・ラーソンがよく来ていたんですって!

120723e

とすれば、住まいは近所だったはずで、ああ、だからホテル付近が小説の舞台にチラチラ登場していたのねと納得してしまいました~

そうそう、リスベットがタトゥーを入れていてのもHornsgatanの通り沿いのタトゥー屋さんらしいという情報もはいりました!

たまたま選んだホテル。ホテルも気にいったけど、その近所も気にって、帰国してから大好きな小説の舞台となった場所とたくさんリンクしていたと思うと、ひじょーに興奮中です!(笑)

ホテル付近のお気に入りスポット、まだまだあるのですが、今回はミレニアムツアー編。またそのうち、地図のグリーンの点線で囲んだ一帯をご案内したいと思います~

|

« STOCKHOLM#13 コンフォータブル。 | トップページ | STOCKHOLM#15 赤レンガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STOCKHOLM#14 いつのまにかミレニアムツアー:

« STOCKHOLM#13 コンフォータブル。 | トップページ | STOCKHOLM#15 赤レンガ »