« GERMANY #4 チューリップ | トップページ | GERMANY #6 哲学の道 »

GERMANY #5 列車でローデンブルグへ

120507c
ローデンブルグというのは、ロマンチック街道沿いにある中世のお伽噺のような街並みが人気の地。ここへは1日1便のバスに乗り、途中の街で宿泊し何日かかけて縦断するのが一般的なようです。

が、私は、フランクフルトから06:54のICE(高速列車)で1時間ほどのヴェルツブルグ(ここもロマンチック街道沿いの街です)へ行き、40分弱の乗り継ぎ時間を経て、シュタイナッハへ50分ほどかけて行き、また乗り継ぎ、トータル3時間ほどかけてローデンブルグに着きました。

120426c

ローデンブルグの駅は小さくて列車も2両編成くらいのコンパクトなもので、はるばるきたなぁという感じが、すごく旅っぽかったです(笑)
乗り継ぎも待ち時間も多かったのですが、車窓から見る田園風景は美しく、ゆったりとした時間が過ごせました。

実を言うと私は、方向音痴に加え鉄道音痴。
日本国内での列車の長距離移動とか、すごくビビる人です。

でも、今回、iPhoneでDBのHPから時刻表などを頼りにしながらやったところ、プラットフォームの番号からトランスファータイム(乗継待ち時間)まで詳しく載っていて、しかもドイツの鉄道はホント正確なので、不安なく移動することが出来ました。

120507a

ローデンブルグには午後2時ぐらいまで滞在し、そのあとシュタイナッハを経由し、ヴェルツブルグで下車し夕方まで過ごし、フランクフルトへ戻りました。
こんなことがさくさくできたのは私のチカラではなく、正確なドイツ鉄道の仕事っぷりとiPhoneのおかげです☆

|

« GERMANY #4 チューリップ | トップページ | GERMANY #6 哲学の道 »

コメント

一番上のカラフルさが素敵です☆
ドイツの駅と列車の清潔さが忘れられません。

whokoさんの充実ぶりが伝わってきます。
旅の達人になられたんだなぁ~~、と、whokoさんが旅を始めた時から読んでる身としては、しみじみします(笑)

投稿: puppy | 2012.05.11 06:28

puppyさん

ああ!そうでした!
駅も列車も清潔ですね
鉄道職員の制服もなんか好きでした

今でも失敗は多いのですが、旅の初心者の頃、puppyさんに大胆にも連絡をとったことがありましたね、ワタシ

投稿: whoko | 2012.05.11 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GERMANY #5 列車でローデンブルグへ:

« GERMANY #4 チューリップ | トップページ | GERMANY #6 哲学の道 »