« ポストカード展ハル*イロ | トップページ | おまけ♪ »

心づくしの鈴蘭づくし

120414
桜の花が散り始めた頃、思いがけず届いた鈴蘭のハンカチ。
鈴蘭の模様とまわりのカットワークが見事に相まった上、花束のようなラッピングも可愛いのです。
120414_2
しかも、「すずらんのオードパルファム」も同封されているという心づくしの鈴蘭づくし(Kさん、心からThanks!!)
120414a

さて、ドイツ旅行まで10日ほどとなったのですが、今週、またも公私でバタバタしており、旅行の計画を練ることができてません。

でも、ふとチェコに行ったときはプラハからバスで3時間のチェスキー・クロムルフに日帰りで行ってきたんだよなーと思いだし、しかも、ホテルからバスターミナルまで行くのに、バスやら地下鉄やら乗り継ぎ、片道4時間は確実にかっかていたんだと思いだしました。

したら、フランクフルトから乗り換えなしでベルリンへ4時間ちょっとって案外平気じゃん?という結論に達しつつあります(ベルリンまで行けばジャーマンレイルパスの元も取れるしぃ~・笑)

さてさて、鈴蘭に話を戻します。

スズランのあの小さな花は、まさに「鈴」のようで「鈴蘭」という名前は見事だなぁと感心します。
英名のLily of valley(谷間の百合)も、とても美しい言葉だけど、あの小さなスズランを百合と表現するのは、正直どうもピンとこない・・・「谷間の百合」は私にしてみたら、フツーに百合が谷間に咲いてるところを思い描いちゃうんだよなぁ・・・(笑)

ちなみに、ドイツ語では「5月の鈴」(Maigloeckchen=マイ・グロックヒェン)と呼ばれているそうです。ふむふむ。これはぴったりじゃない?

だからさ、英名もさ、Bell of valleyなら納得するんだけどな(笑)

|

« ポストカード展ハル*イロ | トップページ | おまけ♪ »

コメント

whokoさん、私もスズラン大好きです♪どうしてあんなに小さいのに毎年間違えずに鈴の形に咲くんでしょうね・・・(笑)
かわいすぎます!そう香りもとてもお上品なんですよね!

確かに英名だとそのまま百合を思い浮かべてしまいますね!(笑)大概英語もピン!なるほどなって思える名前がついていますが、これはドイツ語に軍配が上がりましたね!

投稿: uko | 2012.04.19 21:56

ドイツはホントに広いですが、
景色みながら電車やバスでのんびり移動できるのも
ドイツならでは。かもしれませんよ~♪
私は電車が大好きなので、長時間の移動も苦になりませんでした。
とかいいつつ移動の半分は寝てましたが(笑)

すずらんって、名前もかわいいし、
花も葉っぱもすべてがかわいいですね。
最近見かけなかったけど、whokoさんのお話を読んで、
以前の家にはたっくさんのすずらんが咲いていたのを思い出し、
なんだか懐かしくなりました。

投稿: ERIKA | 2012.04.19 23:26

ukoさん

ふふふ!ほんとにねぇ
まさにおっしゃるとおり「あんなに小さいのに毎年間違えずに鈴の形に咲くんでしょう」ですね
ukoさんがお住まいのスイスはドイツ語圏かしら?やはり「5月の鈴」という名前なのかしらね~

投稿: whoko | 2012.04.20 10:58

ERIKAさん

うんうん
寝てもよし・景色を眺めるもよし、ですよね

>たっくさんのすずらんが咲いていたのを思い出し

わぁ、いいなぁ♪
以前住んでいたお庭の様子を勝手に想像しちゃいました(笑)
私は以前近所の方から、どうせ捨てちゃうからと、両手に抱えきれないほどの鈴蘭をいただき、とても嬉しかったです

投稿: whoko | 2012.04.20 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心づくしの鈴蘭づくし:

« ポストカード展ハル*イロ | トップページ | おまけ♪ »