« コンパクト。 | トップページ | いってまいりま-す »

サニー 永遠の仲間たち by ほぼ日試写会

Sunny03

おとといだったかな?
うん、そう。4月24日(火)でした。
いつものようにPCで「ほぼ日刊イトイ新聞」をみていたら、【映画「サニー 永遠の仲間たち」を2000人+友達と観る会】という企画があって、ぽちっと申し込んでみました。

その日の22時からUstreamのシステムを使って配信するとのことで、予告編を見たらなんだか面白そうでした。
韓国の映画なのですが、いわゆる韓流ドラマとはちょっと違う趣(といってもワタクシ、いまだ韓流ドラマを見たことがないのですが・汗)

映画のストーリーはオフィシャルサイトで見ていただくとして、なかなかよかったですヨ!
へぇー韓国の1980年代の10代ってこんなカンジだったのかという驚き、その頃の日本のティーンエイジャーと変わらないじゃん!とビックリしました。

今でこそ、日本と韓国は文化的な交流がありますが、1980年代はほとんど情報がなかったと記憶しています。日本と近い国なのに、なんだか不透明で、距離的には遠いアメリカのほうがぜんぜん馴染み感があり、価値観や思想的に理解しやすかった気がします。

オフィシャルサイトはコチラ

さて、ほぼ日主催のこのUstreamを使った試写会、実はアクシデントもありました。

当日午前11時からの申し込みをし、先着2000名とそのおともだちが観れるという、ほぼ日のこの企画、上映開始時刻の1時間前に特設ページのURL及びパスワードが記載された招待メールが届きパソコンで観るしくみです。

自分ひとりだけじゃなく、親しい人にメールを転送して招待できるというのも、ほぼ日さんらしい気の利いたやり方ですねー。
誰をお誘いしようかと考えた結果、なるたけ夜のこの時間、ゆったりと過ごしていそうな人をと想像し、見れても見れなくても運まかせといった気分でメールしました。

がしかし。
上映開始時刻となりパスワードを入力し入ってみたものの映らない。画面真っ暗。
しょっぱなからアクシデントに最初は自分の操作やPC環境がダメなの?と焦りましたが、Ustreamの画面下のツイッターで、ああ、みなさん画面真っ暗で何も映ってないのねと知ることができ、コチラ側の不備ではないと安心(?)しました。

そして30分ほど遅れて上映開始。
しかしまたもトラブルが。後半の、かなり盛りあがっているときに突然、画面が真っ暗になって(!)、また復旧するまで数十分費やし、けっきょく観終わったのは当初の予定より1時間遅くでした。

復旧するとき、「リロードしてください」(だったかな?)という画面表示がほぼ日スタッフ側からあるのだけど、そのやり方の説明はなく、更新ぽいアイコンをクリックしてもダメで、そしたら、ツイッター情報でctrl+のショートカットをするといいみたく流れてきたのでやってみたら再開したのだけど、そのへんの対応を素早くわかりやすく表示してくれたらなと思いました。

お誘いメールを送ったともだちは、メールに気づくのが遅かったため、この試写会を見れなかったのですが、いや、けっこうアクシデントあったから、今回は見れなくてよかったかも☆と正直思ってしまいました(笑)

ほぼ日さんらしい選択の映画と企画ではありましたが、トラブル対応がゆるいのも、またほぼ日さんらしいのかな(←褒めてません。辛口評価です)という印象でした。

画面上のツイッターでは「みんなで見れなくなるのもドキドキして面白い」とか「ほぼ日スタッフ、がんばれ」という温かいメッセージや、「今のうちにトイレ行っとこう」という微笑ましいものあり、トラブル自体を楽しむ方や、場を盛り上げようという気持もわからなくはないのですが、やっぱダメでしょーというのが私の本音です。
だって映画だもん。途中でしばらく途絶えるなんて致命的なトラブルです。少なくとも私は中断したことにより、映画に入り込んでいた気持がかなりしぼみました。

でも、二日後の今日、ほぼ日さんからトラブルのお詫びと今後の改善への取り組みなどの姿勢がみられるメールがあり、「ああ、よかった、ほぼ日さん、やっぱ、ちゃんとした対応できるんだ」とほっとしました(笑)

もしまた、こういう企画があって、誰かを誘えたり薦めたりできるとしたら、「アクシデントあるかもしれないけど・・・」と一言添えてお誘いしようと思います☆

|

« コンパクト。 | トップページ | いってまいりま-す »

コメント

これもそうなのですが、Gyaoなどもスイスからは視聴できないもので、残念です。。

イースター休暇中、なかなかの寒さだったスイスですが、今週末は25度を越える陽気になるそうです!多分、ドイツも期待していいんじゃないでしょうか?!
プランは決定しましたか??
旅行記、楽しみにしてまーす!いってらっしゃーい!

投稿: mizi | 2012.04.26 20:04

miziさん

そうですね。Gyaoは日本国外からは見れないようですね。システム的に難しいのか、違う理由からなのかわかりませんが、残念なことです。

今週末のスイスは夏日?
きゃあ~ドイツも期待できそうですね

プランは未完成ですが、というか、つい数日前、身近に重要事項発生し、旅行そのものをもしかしたら中止しなくてはならないかもという状況です。。。
でも、行けるようなら、ドイツ着後ジャーマンレイルパスを買ってみようと思います。(いえね、日本からでしか購入できないのかと最初は思っていたのですが、現地でも買えるらしいという情報があったのです
で、お天気など考慮しながら、いくつかピックアップしたところに行ってみようかなとゆるい計画です

ドイツのお隣に住むmiziさんにお会いしたかったですが、またの機会を楽しみにしてます。そのときはどうぞよろしくねー

投稿: whoko | 2012.04.26 21:55

ほぼ日さんは時々「PCに詳しくないとツライ」状況が
おきがちですよね。特に同時中継系。
それは前に私も感じました!

それより息を潜めてラジオ?を聞いてる風の
女の子のかわいいこと!
自分も昔、お布団にラジオごともぐりこんで深夜放送とか聞いてたのを(親に怒られるから)思い出しました。

そういう意味では今は皆アタリマエに堂々とこっそり
聞いてるんですよね(=ipodとかでイアホンで)。
時代は変わるもんだ~

投稿: あっく | 2012.04.27 11:07

80年代、確かに韓国って全然みんな感心ありませんでしたよね~。でも、韓国の子は日本にすごく憧れを抱いていたようで、留学先の韓国人留学生は、よくノンノとか日本の雑誌を読んだりしていました。その子達曰く、私たちの前の世代の方は、日本に反感を持っていても、その歴史をよく分からない私たち世代は、日本のファッションとかがとても可愛く思えて、マネをしている…と。
そういえば、少年隊の韓国人バージョンとかもあるとかも言ってましたw 

時は流れて今現在、韓国は身近になりましたね~♪
良い事だ!!!


追伸。。。Whokoさん、もしかして旅行に行けないかも?! それは悲しすぎる!どうにかして行けますように!!! 陰ながらお祈りしてます。*^^*

投稿: おんじりん♪ | 2012.04.27 11:08

あっくさん

ほぼ日さん、毎日楽しませてもらっているだけに応援したい気持もあるので、今後の改善に期待します

>お布団にラジオごともぐりこんで深夜放送とか聞いてたのを

うんうん!息を潜めてラジオ?を聞いてる風の女の子、かわいいです!
時代や環境は違えど、もしくは、どうどうとにせよこっそりにせよ、ティーンエイジャーのやることは同じですね

投稿: whoko | 2012.04.27 14:41

おんじりん♪さん

おんじりん♪さんは留学先で韓国の同世代のコと交流していたのですねー
その頃の韓国の子が、親世代の歴史感に左右されずに日本に憧れをもっていてくれていたとは嬉しいですね^^
いまや、韓国のアイドルに日本人が憧れるのですから、時代は変わりました。とてもいいことだと思います☆

旅行ね、今日現在も中止するかどうか決めかねております。。
でも、ま、今回ダメでもまたの機会を作る気まんまんです
陰ながらのお祈りアリガトウ

投稿: whoko | 2012.04.27 14:49

whokoさん、こんにちは。
すっごく気になります、この映画!!
HPを何回も読んでしまいました。
80年代って、私にとってもきゅう~~ん、となります。
洋楽とか、興味を持ち始めたあのころ。。。
学生時代の韓国の友人に、なんか会いたくなりました。
でも、10年以上あってないんですけどね。。。

投稿: puppy | 2012.04.30 05:35

puppyさん

この映画、なかなかおもしろかったです
DVDが早く出るといいですね~
韓国、今では本当に身近な国ですが、私は80年代の頃の韓国の方の暮らしぶり、とんと知らなかったです。
でも、ああ、おんなじじゃん!といろんなことにものすごく共感することができた映画です

投稿: whoko | 2012.05.07 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サニー 永遠の仲間たち by ほぼ日試写会:

« コンパクト。 | トップページ | いってまいりま-す »