« 北欧×バリ×USA | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 »

雛祭りとリスベット

120303a
今日は3月3日。雛祭りです。
夫婦二人きりの生活になったせいか、雛人形を出したり、ハマグリやちらし寿司でお祝いというのは、もう何年もしてないのですが、可愛いチョコをMちゃんからもらっていたので、それを飾ってみました。

あとね、チョコが入っていた箱も可愛かったんですよ~
120303b

さて、本日3月3日。ミレニアムシリーズを読み終えました。
読み始めたのはバリ島のホテルだから、かれこれ3週間ほど楽しませてもらったんだなあ…

いやぁ、面白くって一気に読みたかったんだけど、読み終わっちゃうのが惜しくって、電車の中だけで本を開くことにしてたのです。
120303c

このミレニアム3部作、ハリウッド版が上映中かと思いますが(まだやってるよね?)、私、以前、スウェーデン版の「第一部 ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」をDVDで観てまして、といっても、タイトルを知らぬまま途中から観出して、ナニこれ、すっごい面白いじゃん!と夢中になっていたんです。

でもそのことを忘れていて、今年になってデヴィッド・フィンチャー監督によるハリウッド版の日本公開となった頃、あれ?このかんじ、なんか記憶にあるんだけど?・・・あれあれ???となりまして、やっと超大ヒットした小説が原作だったことを知ったのでした。

原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作にして遺作となった大ベストセラーで、2008年から2009年にかけて出版、その後2009年にスウェーデンで映画化。今年になってハリウッド版が日本公開となったということなんですねー。

やっと、自分の中で、点と点がつながったのがバリへ行く直前で、とりあえず、「第一部  ドラゴン・タトゥーの女」は映画で観ていたので、「第二部 火と戯れる女」から読み出したら、いやんもう、面白い!
「第三部  眠れる女と狂卓の騎士」を読み終え、ストーリーは映画で知っていたのだけど、やっぱり「第一部 ドラゴン・タトゥーの女 」も読みたくなり、けっきょく全巻買って読んでしまいました。

120303d

なんかね、ひな祭りに読み終えて、ふと思ったんだけど・・・もし、また生まれ変わるとしたら、女の子で生まれたいなーと。
そして、リスベット(上記 本・映画の主人公)みたいになりたい!と本気で思ったのでした(←生まれ変わったらってハナシでね・笑)

このミレニアムシリーズは、女性であることの不幸や差別、そして素晴らしさも描かれていて、リスベット以外の登場人物の女性も魅力的な人がたっくさんいるの☆
そして、それを書いたのが男性というのも嬉しいことです^^

|

« 北欧×バリ×USA | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 »

コメント

うわ~~~めっちゃ気になります!

私も読みたくなってきました!!映画も気になるし…☆

投稿: 佳代 | 2012.03.04 10:33

佳代さん

読み応えありました!
おススメです
公開中の映画、私も気になります~

投稿: whoko | 2012.03.04 21:57

あ~、やっぱり原作もおもしろいですか?
私は映画を先週見たんですけど、見終わってあと、スウェーデン版も見たいな~、時間があれば原作も読みたい!と思ったんですよね。
二作目、三作目が待ち遠しい映画です。
AMAZONで原作も探して読まなきゃ~。

投稿: ティガりん | 2012.03.05 11:40

私、スウェーデン版の方の映画見たんですけど
主人公の新聞記者が「ただのおじさん」的ルックス(失礼!)で
ちょーっとガックリだったんですぅ。

でも!ハリウッド版は、アノ人ですよね!
えーっと007のダニエル・クレッグ!

D.クレッグも007に大抜擢されたときは
「ええ~イマイチ」とか思ってたクセに
今は声もステキだし、なんかイイ感じ~と
変わり身早い自分がオバカに
見えます!

投稿: あっく | 2012.03.05 12:19

ティガりんさん

はい!ワタシは三部作計6冊を読んでいる間、ものすごく楽しかったです

ハリウッド版見られたんですね!
なんでも一映画館に限りモザイクなしで上映するとか報道されていたので、タイミングが合えば私も観に行こうかなと思っています
(いえ、モザイクあっても別にいいんですが・笑)

投稿: whoko | 2012.03.05 14:53

あっくさん

おお。あっくさんもスウェーデン版見たんですね
うん。スウェーデン版のミカエルはもっさりした人でした(笑)
ダニエル・クレッグは、絶対セクシーだろうと予想します

でもね、スウェーデン版を見たある人は「ダニエル・クレッグのハリウッド版は垢ぬけ過ぎ」という声も(笑)
うーん、ハリウッド版と見比べたいです~

投稿: whoko | 2012.03.05 14:57

ハリウッド版は公開されてすぐに見ましたが
面白かったですね~!
でもあの安っぽいモザイクは興ざめ・・
せめてぼかしにしてもらいたかったな(苦笑)

投稿: | 2012.03.05 16:47

?さんへ

おお!公開すぐにハリウッド版見られたのですね!

>でもあの安っぽいモザイクは興ざめ・・
>せめてぼかしにしてもらいたかったな(苦笑

モザイクの件、そのように感じた方少なくなかったようですね。
そういう声のおかげで、限定でモザイクなし公開の運びとなったようです

投稿: whoko | 2012.03.05 21:24

もしかして BS(ただいま無料)でやるのってスウェーデン版のなのかな?
見てみますね♪

投稿: かおる | 2012.03.05 22:50

かおるさん

ええ!BSでやるの?
スウェーデン版の1-3部までかしら?
きゃぁ観たい~
情報ありがとうございます
でもうち、BS設定してない…

投稿: whoko | 2012.03.06 10:48

原作を読んでないのですが、映画を観に行きたいなぁと思ってました。
しかし、仕事が忙しくなかなかイケてなくて^^;
(レディースデー狙いの為、なかなか丁度しない)

私も生まれ変わっても絶対に「女」になります!
女子は辞められませんよ~♪
「男は、サイテーで サイコーだ」というCMを観て、男もいいなぁと一瞬思いましたが^^;

投稿: nana | 2012.03.07 17:11

nanaさん

<レディースデー狙い

わかります私もなるべく水曜日を狙います
女子でよかったと思う瞬間でもあります

原作ね、電子版も出ているようです。紙の本よりちょっと安いから、もっと早く知っていたらなぁと思いました

投稿: whoko | 2012.03.07 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雛祭りとリスベット:

« 北欧×バリ×USA | トップページ | ヒューゴの不思議な発明 »