« 経済感覚遍歴 | トップページ | エンディングノート »

ぎこちなさに ほっ

111004

ウチには「コーンフレーク&牛乳係」がいます。
ま、ふたり暮らしですから、その係というのは夫で、その役割は「コーンフレーク&牛乳」を買ってくることです。

結婚当初は、食品や日用品の買い物に夫が参加することはなかったのですが、二人暮らしになってから、重たいもの(ビールとかお米とか)は夫が買ってくるようになりました。

で、牛乳も重たいモノの分類で、それとペアでコーンフレークもかかさず買ってくるのがなんだか面白くて(こじゃれたシリアルとかじゃなくてコーンフレークってとこも微笑ましい)、密かに「コーンフレーク&牛乳係」と呼んでいるのです。

コーンフレークも牛乳も、もちろん、夫自身が好きだから買ってくるのですが、最近、ふと気がついたのです。
私が「美味しいねー」と言ったから、繰り返し買ってくるんだと。

   

主婦にしたらどおってことない食品の買い物も、慣れていない男の人にしてみたら、けっこう難しいのだそうです。

例えば、自分も飲むビールなら迷うことはないのでしょうが、牛乳だとローファットだの豆乳だのの違いにとまどったりしたこともあるようです。
(考えてみたら、私だって、主婦初心者の頃は、豚コマとか豚バラとかの違いにびびったことがありました・・・ま、私だけかもしれないけど)

で、そんな買い物初心者の夫が買ってきたものに、(悪気はないのですが)「え、これ牛乳じゃないじゃん」みたいなことを言ってしまうと、男子特有のめんどくさい一面ですが、プライドが傷ついてしまうこともあるようです。

このとき、「うん、これこれ。この牛乳お買い得だったのねー。ありがとー☆」とか言うと、気分がよくなるのはオトナであろうがコドモであろうが変わりはないと思います。(実際、「はじめてのおつかい・オトナ男子バージョン」なのかもしれません)

つまり、夫は、自分がした買い物で「役に立った感」があったもの・・・「お買い得だったね」とか「美味しいね」とかの評価があったものを、繰り返し買ってくるのではないかしら。

さらに夫は、私が牛乳をあまり飲まないのを心配しているようで、コーンフレークにかけて牛乳を摂取することを喜んでいる節もあります。

手先は器用だけど気持を表すのは不器用な夫。
そんな夫のぎこちない気づかいは、コチラが気づくのに時間がかかるのだけど、その優しさを知ると、ずいぶんとほっとした気持になります。

|

« 経済感覚遍歴 | トップページ | エンディングノート »

コメント

我が家では結婚したばかりのころ、「卵買ってきて~」と夫に頼んだところ
6個入りの「ヨード卵 光」を買ってきてくれまして
「こんなに高い卵を~」と言ったばっかりに、
二度とおつかいを引き受けてくれなくなってしまいました(´・ω・`)ショボーン

「おいしい卵を食べさせてくれようと思ったんだよね~☆」って
14年経った今なら、言えそうな気がします(笑)

投稿: ゆみへい | 2011.10.20 20:28

ゆみへいさん

ふふふ~!ヨード卵光

卵は主婦が日常的にお買い得品で買いもとめるものだけに、「え!高っ!」って言っちゃいますよね
私も同じシチューエーションだったら、ゆみへいさんと同じ反応しちゃったと思います

>14年経った今なら

はい。今ならもっと上手にできますよね

投稿: whoko | 2011.10.21 11:43

お皿が我が家とおんなじだ~
なんてことに喜んでおります(笑)
久しぶりです♪
うちも最初はゆみへいさんと同じように
「なんでわざわざ高いものを買ってくるの?」
なんて言ってしまい、へこませてしまったこともありますが
最近は一緒に買い物をして「これ安いよね?」「これ高いね」
なんて言って、私の経済感覚をすり込ませております。
whokoさんの旦那様のやさしさに、読んでいる私も
ほっ。と心があたたまる感じがしました

投稿: みきにゃ | 2011.10.24 09:08

みきにゃさん

フフ、お久しぶりです~
(私はちょくちょくそちらをチェックしてますけど

>私の経済感覚をすり込ませております。

おお!みきにゃさんお若いのに、なんて上手に
私もソレ実践しようと思います

投稿: whoko | 2011.10.24 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぎこちなさに ほっ:

« 経済感覚遍歴 | トップページ | エンディングノート »