« ふっさふさのフリフリ | トップページ | 味噌がみそ »

110922a

昨日の台風15号、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

まさに自然の驚異ともいうべき物凄い威力で、私の住む辺は浸水などの被害はないものの、私自身は風に飛ばされるという、生まれて初めての体験をしてしまいました…

昨日の午後、私の職場では台風に備え、終業時間より早く帰ることとなりました。
その頃はまだ、雨足も強くなったり弱くなったりで、さほど緊迫感もなく電車に乗ったのですが、地元の駅に着いた頃には山手線や私鉄が運転見合わせになっていましたから、もう少し遅くに職場を出ていたら途中で足止めを食っていたはずですからラッキーでした。

駅前のスーパーで夕食の買い物をすませ店を出ようとすると、雨足が強くなっていて、たくさんの人が雨宿りをしている中、私は自宅まで10分もかからない距離だからとたかをくくり、まったく躊躇することなく外へ踏み出しました。

ところが、ほんの数メートル歩いたところで、ものすごい風が吹いてきて、身体がふわっと浮き、立っていることができす片側の膝をつきました。

何とか体制を持ち直し、歩き出そうとするのですが、風にあおられ飛ばされてしまいます。
前方からはひっきりなしにタクシーが向かってきており、私はひかれまいと、一生懸命そちらへ行かないようにするのですが、ものすごい風に押され、タクシーに突進しそうになるのです。

持っている傘は、無残に変形し、その傘のせいで余計に風に煽られるので、なんとか閉じようとするのですが、その状況ではものすごく難しいのです。
いっそ、傘を放してしまいたいのですが、そこで飛ばされた傘は、どこへ飛んでいくかわからず、通行人や車への凶器になってしまいそうで放すことができません。

離すことも閉じることもできない傘を片手に持ち、もう片方の手は、壁のちょっとしたでっぱりを必死でつかむしかない状況。

道路の反対側にいる交通整理の人が、私の様子に気づき、こちらに向かってきてくれようとするのですが、その人でさえ、風に煽られ、たった2~3mの距離なのに、なかなかたどり着けないのです。

うわぁ、ほんと、もう無理ぃ・・・両足が地面から離れそうになったそのとき、交通整理の人が、私のもとにたどり着き、風がいくぶん防げる反対側の場所まで連れていってくれました。

高層ビルの横にあるその道路は、ふだんでもビル風がふくポイントとなっており、それが台風の影響でさらに風力が増したのでしょう。
オトナひとりぐらい簡単に吹き飛ばしてしまう風の力というのを初めて体験しました。

110922c

写真はプラハの町で。
人通りの少ない静かな街並みに風が通り抜けたとき、カーテンがふわっと窓の外に舞い降り、壁との色合いが綺麗だなぁと撮ったものです。

110922b

カーテンを美しく舞い上がらす風も、勢いを増せば、人をも地面から舞い上がらせるものなんだと、昨日初めて実感したしだいです。

|

« ふっさふさのフリフリ | トップページ | 味噌がみそ »

コメント

whokoさん

何ともなくて良かったぁ!!!

とても気持ちの良い写真ですね!
適度って大事ですよね?

えーっと、仮眠とかも(笑)

投稿: くるみ | 2011.09.22 16:52

whokoさん。こんにちは。

台風…前日の連絡網で「朝6時に連絡網が来たら小学校はお休みです。」と回ってきたので、夫の弁当を作りつつ、アイロンがけをしても一向に電話がないので、『今日は行くのね。』と。

6時半には東京都に大雨洪水警報(だったかな?)が出て、ありゃりゃと思っていたところに電話が。
「小学校はお休みです。」
そうなると中学校はどうなんだろう?と思ったけど、まぁ川にかかる木製の橋を渡らないで学校へ行けば大丈夫。と思って。

午後2時過ぎに中学校も切り上げて帰宅させられた娘は、まだ平穏だったため「出かけよう♪」とか暢気な事をいうし。

飛ばされそうになったのは3時をすぎた頃だったかと思います。夫から携帯に電話があり、「電車通勤の方に帰宅命令がおりているけど、自分は帰れないから」と。

心配になって見るテレビ映像も傘を必死に持っている姿が…whokoさんの“持っている離す事も閉じることも出来ない傘が凶器にもなりかねない”という記事を見て初めて分かりました。

飛ばされるとか、もう今年は信じられないような事が沢山ありすぎて。whokoさん、ご無事で良かったです。


投稿: YASU | 2011.09.22 18:47

うわぁー。とても上手な描写でその時の状況が
目に浮かびました。
その場に子供がいたら、一瞬で空を飛んでしまうかも
しれないですよね。

うちの子は”オズの魔法使い”が好きなのですが、
正に、竜巻がドロシーを巻き上げていって
しまうのではないか。といった風ですね。
「わが子たちもドロシーみたいになりたくない!」
って家の中で叫んでました

投稿: kotokoto | 2011.09.22 20:43

くるみさん

はい。適度って大事ですね

投稿: whoko | 2011.09.22 21:39

YASUさん

家族を送り出す側もてんてこまいの日でしたね。
オツカレサマ
ご主人は職場に泊まったのかしら?
なんか、3・11の帰宅困難時の光景が蘇りました

本当に今年はいつもの年にまして、自然の驚異を痛感させられることが多いですよね…

投稿: whoko | 2011.09.22 21:45

kotokotoさん

はい。子供があの風をうけたら、間違いなく飛ばされていたと思います

「オズの魔法使い」を読んだときは、竜巻で遠くへ連れてかれちゃうってスゴイ!そんな体験もしてみたいと思ってましたが、昨日の風は、かなりビビリました

投稿: whoko | 2011.09.22 21:53

whokoさん、名前も風っぽいし風に飛ばされても絵になりそう(笑)なんて笑ってる場合じゃありませんね!
お怪我が無くてなによりでした
文面から見ると確実に数センチ浮いたんじゃないかしらん??
日本はなんだかだんだん亜熱帯気候っぽくなってますね。
是非気をつけてくださいね。
(あっ!もうすぐアタシもか!)

投稿: | 2011.09.22 22:08

台風、ほんと今年は、自然災害が多くて被害もすごいので油断出来ないですね。
想定外が多いこと・・。無事でなによりです。

今度の台風15号は、沖縄を強風域のみでそれたとき、本州は大変なことになるかも?って思ってました。

ある意味台風慣れした沖縄では、「台風来るってよ」「さっき、電話あったさぁ(笑」って夫婦で毎度の会話します。アホみたいですけど。。
小さいころよく、台風に飛ばされてお友達と遊んでいました。でんぐり返しっぽく。今思うと、怖いですね。。


都会の東京なれではの、帰宅困難者のニュースを見ると、大変そう。。

投稿: 瞳紋代 | 2011.09.23 11:19

お名前がないけど、たぶんAさんかな?(間違えていたらゴメンナサイ

>文面から見ると確実に数センチ浮いたんじゃないかしらん??

はい!浮きました~!!ふわっと!
ビビリました


投稿: whoko | 2011.09.23 20:59

瞳紋代さん

>「さっき、電話あったさぁ(笑」って

ふふふ面白い
オキナワン・ジョークですね

>小さいころよく、台風に飛ばされてお友達と遊んでいました。でんぐり返しっぽく。

えええ!!!すごい!
沖縄ならではの遊びですね

台風が多い地域と上陸が珍しい地域では、慌てふためき方に格差が生じますね~

投稿: whoko | 2011.09.23 21:09

お久しぶりです!
いや~、今回の台風すごかったですよね。
私も会社から家まで自転車で30分なので
余裕で会社にいて、会社を出たのは17時20分。
激しい雨と風で電動アシスト付自転車でも
前に進まないし、風に煽られて倒れそうになるわ
私も自転車がなかったら、浮いたと思います(笑)
非常に貴重な体験したなぁと今だから思います。
その時は命がけだったんですけどね。
自然の力ってすごいなぁと感じる年になりました

投稿: みきにゃ | 2011.09.24 06:53

みきにゃさん

ふふふ お久しぶりです
あの日の17時20分の都内はものすごい雨風でしたよね
自転車の重みでどうにか飛ばされなかったのでしょうが、自転車を乗るにしても引くにしてもタイヘンだったと想像します
ご無事のようでよかったです

投稿: whoko | 2011.09.24 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ふっさふさのフリフリ | トップページ | 味噌がみそ »