« ナチュラルは骨が折れる | トップページ | 寝かせておけない性分 »

一人旅のひとりじゃない時間

110808a

写真はロンドンでお世話になったAさんからいただいた思い出の品です(大・大thanks!! Aさん)

消しゴムハンコが押された手作りのポーチには、いい香りのする石鹸(これはまた今度ご紹介予定)と、ヨーロッパの地図のポストカードがはいっていました。
このカードには針と赤い糸も同封されており、旅したところを糸で印をつけ、旅先から送ったりするのでしょう。

Aさんが、行ったところに刺してみてといってプレゼントしてくれたので、私は日本に戻ってから、バラバラなったネックレスのビーズを縫い止めてみました。

110808b

ロンドン・チェコ記、実は、まだ書き終えていないのですが、もう1か月前のことなんだ!と少々愕然としてます。(なんたって今週はもうお盆休みに突入!国内ですが旅行が控えており、記憶がごちゃまぜにならにうちに書き上げたかった…苦笑)

110808c

でも、結局のところ、一番書きたいことは、場所ではなく、出会いだったりするのです。
つまり、一人旅といえど、誰かとふれあえたたことが一番印象に残っていたりするわけで、今回のロンドンではAさんにいろいろ案内していただいたり、お話したりでき、とっても楽しかったですし、すんごい前ですがNYではみぃさん、スイスではmiziさんにお会いできたこと、今でも本当に大切な思い出です。

知り合いでなくとも、切符を買うとき交わしたひとことふたこととか、道を聞いたとき親切にしてもらったこととか、言葉は通じてないけど、心は一瞬通ったと確信できたとか、そういったことの思い出も宝物です。

でも、旅先では旅程の全てが楽しいことづくめなわけでもなく、ときには不安になったり、小さく傷ついたりもするのですが、そんなとき、快く送り出してくれた夫のことを思うと、立ち直れたりします。
タイトルの「一人旅のひとりじゃない時間」というのはそういうことです。

ところで、頻繁に一人旅をするようになって、たくさんの人から疑問をもたれるのが夫とのことです。
仲悪いんじゃないかとか、夫を置いて一人で楽しむなんて・・・(←この・・・は否定的な沈黙です)と言われたりします。

夫と一緒ではないのは、旅での楽しみ方が違うだろうということと、お互いのスケジュール調整が面倒ということが理由なのですが、この数年で、夫の自立度が高まり、料理も洗濯もできない人ですが、「1週間やそこら大丈夫」と心から言ってくれることが有難いです。

私が長年したかった海外旅行をできるようになった今、「楽しんでおいで」と送り出してくれる夫から、とてつもなく大きな愛情をもらっているというのが実感です。
それは自信となり、今まで絶対無理だと思っていたことができるようになったんだと思います。

結婚生活において、数年前までは、自分の主張をいかに通すかかが大問題だったのですが、夫の愛情を実感できるようになると、夫が心地よく過ごしてくれることが一番の願いになるし、夫にしても、私に対してそう思ってくれてるんじゃないかな・・・と思ったりする今日このごろです。

|

« ナチュラルは骨が折れる | トップページ | 寝かせておけない性分 »

コメント

whokoさん。こんにちは。

素敵な贈り物ですね。
それにビーズを縫い止めるなんて…♪

一人旅…それから発展する不仲説!!(゚ロ゚屮)屮
物のとらえ方って違いますからね。旅行=買物という方もいれば、風景を楽しみたい、現地での出会い等々

ご主人の愛を感じます。

我が家は、8月1日から3日まで、私が親知らずの抜歯で入院しておりました。(外来での抜歯中断によるもの)洗濯・掃除に関しては心配無かったのですが、子ども達のケンカに宿題、食事…

入院中、殆ど夫は病院に居てくれて、朝も早くから洗濯物を下げて、夜も6時過ぎまでいてくれましたね。家も愛を感じましたが、退院直後のお昼に、

「お母さんは別メニューで」と…お皿にハムを3枚置かれた時には( ̄◆ ̄;)
自分でお粥を作り、ハムは微塵切りにして卵とじして頂きました。病院食の写メ送ったのに

投稿: YASU | 2011.08.08 16:31

素敵な旦那さまですね、と同時に、whokoさんが素直に感謝をしてるのも素敵です。
それを当たり前と思ってる夫婦のなんと多いことか。。。(私もそうかも)
私も息子が18になったら、絶対一人旅再開します!
それまでに体力を衰えないようにしないと。。!

投稿: puppy | 2011.08.09 03:52

きゃー! このはがきのプレゼント、素敵★
Aさん、素敵な方ですね*^^*
そんな素敵な出会いを重ねているWhokoさん、
きっとWhokoさんの素敵オーラがそんな出会いを
呼び寄せてるんだろうなぁ~…。
そういう出会いって本当大切ですよね。
私も、一人で留学していたときのそんな出会いは
今でも私の宝物です。

それから不仲説…なんてあったんですね^_^;
結構私の周りのお姉さま方は、子育てが終わって友達と旅行(夫婦ではなくて…)とかしている方が多いので
何も思わなかったけど、そうか、そういう解釈もあるのか…。

きっと旦那様にとっては、Whokoさんが好きな事をやって
生き生きしている姿を見るのはとても幸せなんでしょうね!
Whokoさん夫婦の程よい距離感、私憧れます。
私も子どもたちが大きくなったらそんな風になれたらいいな。

投稿: おんじりん♪ | 2011.08.09 05:36

夫を置いて一人旅、素敵だなあと思います。
良い関係を維持してそれが出来るなんて。
うちはまだ二人して「自分の主張を通す」ことを調整しあっているような状態。。。
小さい子がいるので尚更かもしれませんが。

夏のメイクや服装、
職場も節電していて暑いので、
「もはや見た目なんかかまっていられない!」
という感じで髪は一本縛りにしてました。
(20代の頃は暑くても髪をおろせたのに・・・)
服も子どものお迎えを考えるとスカートを履けなくて。
こんなんじゃいけないなあと、whokoさんのブログを読んで反省しました><

投稿: KYON | 2011.08.09 14:55

■YASUさん

ええ!入院なさっていたんですか!
親知らずで・・・
YASUさんの痛みも大変だったでしょうし、夏休み中の入院ですから、お子様たちのことも大変だったと想像します。
別メニューには、くすっとしちゃいましたが、ご主人優しいですねー
何はともあれ、退院オメデトウゴザイマス

投稿: whoko | 2011.08.09 16:32

■puppyさん

「息子が18になったら、絶対一人旅再開します!」

18才という年齢設定に、puppyさんの「本気度」を感じてしまいました
もしかしたら、18になった息子さん、「一緒に行く」とか言ってるかもしれませんよー

投稿: whoko | 2011.08.09 16:37

■おんじりん♪ さん

家族旅行からオカエリナサイ
独身の頃、たくさん一人旅を楽しみ、今は家族旅行を楽しむ、おんじりん♪ さんも素敵です

家族は一緒にいようと別々に行動しようと、幸せそうな顔を見れるのが、一番ですよね

投稿: whoko | 2011.08.09 16:41

■KYON さん

こんにちは。いつもブログ楽しませていただいてます

>「自分の主張を通す」ことを調整しあっているような

調整しあうって、すごいじゃないですか。
ワタシたち夫婦は調整すらできませんで、喧嘩してました(笑)

職場、暑いですよねー
パソコンとかコピー機とかからの熱もあるし、なかなか窓も開けれなかったりしますもん、オフィスって。
スカートは、小さい子がいるとなかなかはけませんよね。
私は子育て中はチャリ必須で、スカートなんて滅多にはいてなかったと思い出しました

投稿: whoko | 2011.08.09 16:46

>結局のところ、一番書きたいことは、場所ではなく、出会いだったりするのです

全く同感!!!
おととい久しぶりの一人旅台北から帰ってきました。
一人旅のいいところはパートナーがいない分、
旅先でであった人と触れ合える機会が増えること。
だと思っています。
過去のたびでも、印象に残っているのは、地元の人と
知り合いになったり、飛行機の隣の人との何気ない会話
だったりします。

旦那さんの話。
これまた同感!
私の場合は子供がまだ小さい(小学生)
今回2人のキャンプと私の仕事の休みが
重なり、「good chance!!」と思い計画しましたが、
やっぱり中には、「旦那さんと行かないの!?」や
「子供が小さいのに・・・」とか人により
色々な見方があるのだなぁ。と実感しました。
私の中では、夫と了解は取れているし、
子供達はいないし、普段仕事も頑張っているから
仕事の休暇に。という心づもりなのだけれど、
周りの目はそうでなかったりして、そのギャップに
息苦しさを感じ。すべての友人には公開しない方が
いい。という結論にいたりました。
ちょうど、自分が考えていたことと、
whokoさんの日記がリンクしたので、
長くなっちゃいました。

投稿: kotokoto | 2011.08.10 09:50

■kotokotoさん

オカエリナサイ!!
一人旅台北、楽しかったことと思います
kotokotoさんも、いろいろな出会いを体験してきたのですね

主婦が一人旅するって、特別なことというか、特異なことなのでしょうかね~?
留守の間のことを準備万端にしたとしても、「旅先で何かあったらどうするんだ」とか、思う人はいるのかもしれません。。。

いろんな考え方があるということは、いくつになってもびっくりしますが(笑)、一人旅の楽しさを味わえること感謝です

投稿: whoko | 2011.08.10 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人旅のひとりじゃない時間:

« ナチュラルは骨が折れる | トップページ | 寝かせておけない性分 »