« CZECH & LONDN #22(壁の装飾) | トップページ | ナチュラルは骨が折れる »

地デジ。旬が過ぎた話題ですが。

1108

いつのまにか8月になってました。
最近、人と合うことが多く、なんか毎日あっという間です。

しかし、8月になってるのに曇続きの東京です。
なんか今年は梅雨明けが早く、去年の夏なみに連日猛暑を覚悟していたので、拍子抜けのような天気です。
いえ、30度を下回る日々って体力的には有難いっちゃ有難いんですけどね(ましてや節電の今日この頃)
だけどさ、夏好きの自分としては、眩しい日差しに顔を背けながら「もう勘弁してください」って、けっこう言いたい方なんだな、これが。

拍子抜けといえば、地デジ。旬の過ぎた話題で、これを記事にすること自体拍子抜けの感がありますが・・・切り替え日の7/24に備え、義母宅に地デジ対応のチューナーを夫が取り付けに行ったのがひと月前くらいのこと。
ところが、義母は複雑になったリモコン操作や変わったチャンネルに対応できず、気分を害したようで、結局夫はその日の内にチューナーを外し、もとの状態、つまりアナログのままにしてきたのね。7/24のお昼に、砂嵐の画面を見れば、否が応でも地デジ対応の操作に慣れるしかないだろうってことで。

で、7/24当日。ワタシは清水のみっちゃんトークライブに友達と出かけていて、その切り替えの場面に居合わせなかったのだけど、その日の夜、夫に、「どうだった?お義母さんとこ」と聞くと、なんと、全く問題なくうつっているんですって。義母宅のテレビ。

え!?チューナー外してるでしょ?なんで???
どーして問題なくテレビが見れるの?

…と疑問に思った方、少なくなかったようですね。

義母宅はマンションで、そのマンションの共同ケーブルが、地デジをアナログ変換して流しているんだそうです。
そのサービスは2.3年は続くとかで、え、それじゃぁ、7/24までに無理して対応しなくてもよかったってわけ?
という疑問がわいて調べたら、一家に数題テレビがある場合なんかを想定して、一度に対応するのは大変だろうからということでのサービスなんですって。
で、ウチはフレッツ光なんだけど、試しに家でもアナログのチャンネルにしてみたら見れた。そんなこと知らなかったもんだから、拍子抜けなかんじ。。

ちなみに↓の文面は光のHPに行ったら書いてありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「フレッツ・テレビ」は「デジアナ変換(地上デジタル放送をアナログ方式に変換)」に対応しているため、2011年7月24日以降も、今お使いのアナログテレビで引き続き地上放送を受信できます。

※「デジアナ変換」は株式会社オプティキャストが2011年6月1日から2015年3月31日まで実施する予定です。
「デジアナ変換」サービス開始の詳細については、株式会社オプティキャストのプレスリリース をご覧ください。

※BSデジタル放送の「デジアナ変換」はありません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ、2015年3月31日までってことですから、永久的ではないんですが、なんだかなーという気分でもあります。

旬が過ぎた話題ではありますが、忘れないように書き留めた次第です。はい。

|

« CZECH & LONDN #22(壁の装飾) | トップページ | ナチュラルは骨が折れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ。旬が過ぎた話題ですが。:

« CZECH & LONDN #22(壁の装飾) | トップページ | ナチュラルは骨が折れる »