« CZECH & LONDN #20(かわいすぎる) | トップページ | CZECH & LONDN #22(壁の装飾) »

CZECH & LONDN #21(チェコの民話と都市伝説)

110728key3_2

プラハ市内中心部を流れるヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)とカレル橋は多くの観光客でにぎわう美しい場所なのだけれど、そこから枝分かれした小さな川もまた静かな美しさ。

この写真では少々わかりづらいと思いますが、水車と橋がみえたので、そちら側に行ってみることに・・・

ぐるりとまわってきたこちら側の橋から水車を見ると、なにかいる・・?

110728key5_2

チェコではおなじみの水の精(カッパ)だそうです。
なんでも、水車のそばにいるらしくって、チェコでは知らない人はいない民話とか。

↓こちらはチェコの有名な画家であり絵本作家であるヨゼフ・ラダの絵本です。

110728key6_2

  

さて。この水車と水の精を撮影した橋には、無数の鍵がありました↓

110728key1_2

フランスだかアメリカだか忘れましたが、どこかの国の金網にも、たくさんのカップルが鍵をつけていく映像を見たことがあります。

たしか、恋人同士のふたりが永遠に離れることのないように、といったおまじない的な、都市伝説だったと思います。

まわりの落書きをみると、ハートマークの中に二人の名前らしき書き込みがあったりして、それって日本のあいあい傘みたいなもんかな、などと想像してます。

110728key2_2


|

« CZECH & LONDN #20(かわいすぎる) | トップページ | CZECH & LONDN #22(壁の装飾) »

コメント

うわぁ!外国でもこういうことするんだ!
鍵だらけの展望台が某湘南地方にもあって
そこは夜、暴走族(古っ!)の溜まり場になって
ワルい場所みたいな扱いだったけど、
こんな明るい場所ならワルさなんて漂わないね。
河童もブス可愛い・・。

投稿: あっく | 2011.07.28 17:44

■あっくさん

ほう!某湘南地区にもあるんですか!
国内もあったとは存じ上げませんでした
ちなみに、チェコではどうかわかりませんが、私が以前見た鍵じゃらじゃら付けられた金網を放送していたフランスだかアメリカの番組では、当惑というか迷惑してる、みたいなニュアンスでした。
実際、撤去する場合は大変だわね・・・鍵だけに

投稿: whoko | 2011.07.29 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CZECH & LONDN #21(チェコの民話と都市伝説):

« CZECH & LONDN #20(かわいすぎる) | トップページ | CZECH & LONDN #22(壁の装飾) »