« GREECE #3 イドラ島のお店屋さん | トップページ | GREECE #5 イドラ島と猫 »

GREECE #4 イドラ島とロバ

110305idra

イドラは本当にロバの島でした。
船が港に着くと、そこには、たくさんのロバが観光客や荷物を待っていて、島を歩けばいたるところで彼らをみかけました。

狭くて急な坂道や階段の多いところだからか、自動車やバイクの乗り入れが禁止されているため、ロバが荷物を運んだり、タクシーになったりしてるのです。

110305idra5

おっとりした表情、ゆっくりした動作は、とても愛らしいし、この可愛らしい島とよく似合っていました。

110305idra6

だけど、ときどき、壁に額をつけ体重を預けているかのような姿を見かけると、ちょっと切なくなったりも・・・

その体勢は、単に、彼らの生理的な習性かもしれないのだけど、なんだか疲れてうなだれたように見えてしまう。

もちろん、島の大事な働き手である彼らは、人々との信頼関係を築いているだろうし、大切にされているはずで、そんなふうに思うのは、私の間違った感情移入なのでしょう。
たぶんそれは、小さいころ読んだ童話の、重い荷を背負うロバの従順さが、勝手に弱者のイメージに重ね合わせてしまっていることと・・・ああ、そうだアテネの犬たちだ。

アテネの街で、自由に歩き回ったり好きなときに寝転んだりする犬たちを見てから、荷物を背負って働くこの島のロバを見たため、偏った感情移入をしているのかもしれません。

|

« GREECE #3 イドラ島のお店屋さん | トップページ | GREECE #5 イドラ島と猫 »

コメント

白壁にロイヤルブルーの窓枠・・・日本だとめちゃめちゃ浮いちゃう色でも、すっと周りの景色に馴染んで素敵ですね☆
やはり、日本とは彩光や空気感も違うからなおさらなんでしょうね。
ロバも可愛い!
街中でタクシーがわりなんて、なんだか時間もまったりと進んでいるよう。
でもなぜかロバって、哀愁をかんじてしまうんですよね。
思わず「ドナドナ」のメロディーが浮かんだんですが、これはロバではなく、小牛でしたね(^-^;

投稿: KEY | 2011.03.06 11:02

■KEYさん

>思わず「ドナドナ」のメロディーが浮かんだんですが、

そう!そうなんです!
子牛じゃないけど、ロバってあの歌を思い起こしますよねー
だから哀愁をかんじちゃったんすね

投稿: whoko | 2011.03.06 21:58

ロバ可愛い~♪
でも、もしギリシャで動物に生まれていたら、
絶対ワタシは犬かネコがいいです(笑)

投稿: くるみ | 2011.03.08 20:35

■くるみさん

ふふ!私もそうだなー

投稿: whoko | 2011.03.09 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GREECE #4 イドラ島とロバ:

« GREECE #3 イドラ島のお店屋さん | トップページ | GREECE #5 イドラ島と猫 »