« あれやこれや | トップページ | そこかしこにキャンドル »

GREECE #15 ONE DAY CRUISE1

110310iland3
           サロニコス湾 エギナ島の海岸近くにて
 
 
 
青い海・青い空・まぶしい陽射しを浴びる白い壁・・・ギリシャといったらエーゲ海は外せない。が、あいにく、エーゲ海のクルージングは短い日程では組み込めなかったので、近場のサロニコス湾の1日ミニクルーズを申し込んだ(ちなみに旅行代理店のオプションだと15000円のところ、自分で現地ツアーに申し込んだので11000円(←軽く自慢しているところが我ながらせこい)

内容は、早朝からアテネ市内のいくつかのホテルでツアー参加者をピックアップしピレウス港から出港。イドラ、ポロス、エギナの3島をめぐる昼食付きのクルーズで所要時間は12~3時間ほど。

さて、添乗員なしの一人旅でも、ひとりで移動するのが大変なところは現地ツアーを利用するのが時間的にも金額的にも効率よいのですが、今回は最初、船に乗ったとき、あれ、、、、このツアー、もしかして失敗・・・?と思ったのです。

なんかね、まず、乗船するときに民族衣装を着た男女にはさまれ有無をいわせずの記念撮影。観光地ではよくある商法ですが、そういうのが苦手だからの一人旅なのになーなんて思ったわけです。

船内のカフェテリアは団体客の方々がほとんどで、島めぐりのスケジュールや、商売気アリアリのお土産品の説明を聞かされ、わわわ、、、、こういうかんじ苦手だぁ~と、そそくさと、デッキのほうへ逃げだしたました。

暖かいカフェテリアと違い、冷たい風が吹くデッキには、私のほかに日本人カップル一組のみで、彼らは写真を撮りっこしていました。
「撮りましょうか?」と声をかけたら、その人たちもお返しに私を撮ってくれたのが、↓のギリシア国旗はためく写真です。
ひとり旅だと、手を伸ばしての自分撮影になりがちで、いくら自分大好き人間とはいえ、人がいる場所では恥ずかしくてできないから、貴重な写真となりました(Thanks!)
 
110311oneday2

クルーズは昼食付きで、船内のレストランで案内された席は、なんと偶然にも、デッキで写真を撮りっこした日本人カップルと同席。
カンジのいいお二人の席でよかったと思いつつ、ハネムーンの邪魔にならないようになんて遠慮が頭をよぎった瞬間、女の子のほうが、「エギナ島では、丘の上の神殿に行こうと思っていて、タクシーをチャ―ターしようと思ってるんですが、もしよろしければご一緒にいかがですか?」と誘われたのです。

え?あなたたちカップルと一緒に?と思ったと同時に、こちらの胸の中を見抜いたかのように、「私たち、ロンドンから一緒に旅行してますけど、恋人でも新婚でもありませんから~☆」と、軽やかに言われ、その雰囲気が自然だったので、人みしりの私も思わず、「ああ、それなら、ぜひ、ご一緒に」と言っていたのでした。(続く)

|

« あれやこれや | トップページ | そこかしこにキャンドル »

コメント

 はじめまして。美しい旅の写真や手作り作品を見に ずっと前から遊びにきています。
私も実母の介護をしながら在宅で仕事をしています。
認知症になると お金や物に執着する 身内を信用しない 本来持っていた悪い部分が突出します。亡くなった父も 晩年同居している私達夫婦の悪口を姉妹に言うようになりました。姉妹も高齢なので、それを信じ何年も悪循環が続きました。対処方は ただ時が過ぎ行くしかありません。一番悲しい思いをしてるのは 実の子(ご主人)なのです。
 同じ思いの人が多数こちらに遊びにきてることと思います。どんなに忙しくても辛くても 一人旅や手作りを続けるwhokoさん カッコいいです♪

投稿: ねね | 2011.03.28 09:28

■ねねさん はじめまして☆

悲しいかな「悪い部分が突出」という印象を私も持ってまして、「病気なのだから」と割り切れないことに私自身苛立ちを覚えてしまうことが多々あります。
そして、おっしゃるとおり、悲しいのは実の子である夫だと思います。
頭では、そんな理解ができるのですが、心は無理やりなもんだからか、数日前は恥ずかしながら大喧嘩をしてしまいました。(けっきょく、近所のお宅には2日だけいて、あとはうちに来ています)
イイ人ぶることに(正確にはイイ人ぶられて)疲れて爆発…みたいなかんじでした。
夫の心労はさらに増えてしまい、可哀相だったなと思いましたが、私は正直、少し気が楽になりました。
ねねさん、ご心配、ありがとうございました

投稿: whoko | 2011.03.28 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GREECE #15 ONE DAY CRUISE1:

« あれやこれや | トップページ | そこかしこにキャンドル »