« GREECE #12 飛行機 | トップページ | GREECE #14 アテネのカフェ »

GREECE #13 遺跡とオリーブと桜と

110311ruins2
↑遺跡にあるオリーブ

私の中ではギリシア神話とオリーブは切り離せないイメージ。
アテネの街中でも背の高いオリーブの鉢植えをよく見かけましたが、遺跡とオリーブの組み合わせは、古代のこの場所に、神々や人々がいたであろうとたやすく想像させてくれました。

アテネは近代的なビル群、中世の街並み、中東に近いヨーロッパの雑多さなど、いろいろな表情を持っていますが、その街中には、古代遺跡まで隣り合わせにあるのです。

110311ruins3
↑おっされぇーなカフェやカラフルなショップの向かいに遺跡らしきものがあって、え?、まさかこんな場所に?って、恐る恐る入ってみました。

入り口近くの窓口で「いくらですか?」と入場料を訊ねると、「FREE(無料)」と言われたので、ああ、ここはきっと、有名じゃない遺跡なんだろうなーなんて思って進んでいくと、いや、スゴイもんばかりじゃないですか!
英語表記が少ないので、しばらく気付かなかったのですが、アゴラの古代遺跡でした。

後に知ったのですが、冬季の日曜日は入場料無料なんですって!
街中にあって、すいっと入れちゃって、しかも無料だったもんだからびっくりでしたヨ。ほんと。

110311ruins4

けっこう広い敷地の中の遺跡群。丘には神殿があったり、修復中のなんだかすごそうなものがごろごろ。
丘のほうを上がって行くといったん出口があって、ガイドブックも見ずに散策していると、道を隔てて、アクロポリス。なんと、ここも無料でしたのよ!オクサマ。
アテネの寛容さは犬だけでなく観光客にもなのです(感謝)

110311ruins

この日の気温は10~12度くらいだったでしょうか。歩き回るにはちょうどいい気温でしたが、桜が咲いているのをみつけ、前の週にでも暖かい日もあって咲いたのかなーなんて思ったり。
日本ではウールのコートでしたが、アテネは日本よりは暖かいと思って綿のコートできたのですが、ダウンやウールのコートの人、たくさんいました。

で、思ったのよ。
ギリシア神話の挿絵とか、その時代を映画にしたのとかではさ、神々や人々は、布をプリーツとって体に巻きつけたような衣装を着てるじゃない?
アテネ、冬もあるのよ。日本ほど寒くないたって、コートなしじゃいられないくらいの寒さよ。
古代のアテネの人々って、寒い時はナニ着てたんだろう?って、ものすごく謎が残りました。

|

« GREECE #12 飛行機 | トップページ | GREECE #14 アテネのカフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GREECE #13 遺跡とオリーブと桜と:

« GREECE #12 飛行機 | トップページ | GREECE #14 アテネのカフェ »