« 3.11地震 | トップページ | 3.11あれから一週間 »

3.11の少しあと

あの地震が発生した日から5日。
なんだか、もっと日にちがたっているような気がする。
被害状況があきらかになるにつけ、世界中の人々が胸を痛め、出来ることはないかと模索し行動しようとしているのは救いだ。

ひとつ前の記事で、ある団体のリンクを貼ったのだけど、そこが信用できる団体か否か、調べてみたのだけれど見極めきれずにいる。
その団体のことに限らず、今度の震災に関する事も情報量が多ければ多いほど疑問や迷いは生じる。
だけど結局、自分でひとつひとつ選びとるしかないのだな。信じたことをする。あとで間違った判断だったと思ったとしても今は今しかない。

もっともそれは、それは日常を営んでいる側だから言えるんだね。
非常時の被災地の心身共にまいっている方々に、これ以上の煩わしさを感じさせないよう、何ができるか決断しよう。


------------------------------------------------

計画停電という新しい事態。被災地の不自由さに比べたら何でもないわと言いつつ、始まったばかりの昨日は、職場に行くことができなかった。
最寄駅はシャッターが下り、入場規制中。
やっと構内に入っても、電車の本数は少なく何本も見送る状況。
別の経路を考えるも、誰しも考えることは同じでバスもタクシーも乗れない。
ましてや、帰りの時間帯の運行は未確定というので、この日はあきらめて家に帰った。
こういうとき、ちょっとした人間性がみえたりするのが面白い。

入場規制の駅の列に並ぶ人々は、ほとんどの人がこんな事態なんだからと文句を言う人は少ない。そんな中、携帯で話すサラリーマンの会話が耳に入った。

「なんでだか知らないんですけど、電車が動いてないんです。。。。」

え!計画停電のこと知らないんだ!
学生とかじゃなくて、いいオトナなもんだから、逆にこっちがびっくりし、あまりの呑気さにクスっとしてしまった。

職場や上司が部下にどんな対応するのかも人間性が見える。
「こんなときだから、無理して出社するより、待機しなさい」という人や「何がなんでも来い」という人。

もちろん、職種によっては、何が何でも行かなくてはならない場合もあると思う。
けど、非常時にどんなふうに乗りきれるかを試すためとか、社員の忠誠心をはかるために「何が何でも来い」って言うんだと、堂々とほざいた上司には、カチンときた。アホくさ。そんなときにそんな方法で人を試してるんじゃないよっ!

さて、今朝は最寄り駅の電車は不通。バスもタクシーも長い行列。
地下鉄に乗るため1時間ちょっと歩いてきた。途中、私と同じように、計画停電のため、いつもとは違う駅に歩いていく人は少なくなかった。
少し道に迷った時訊ねた人は、行き方を教えてくれたあと、「ご苦労様です」と言ってくれた。

被災地の復興が少しでも早く進むように、計画停電も節電も協力しますという気持ちはあったけど、まさか、見知らぬ人から、優しい言葉をかけてもらえるなんてなぁ。

世界中の人が日本を応援してくれていることを知った嬉しさもある。
優しさを忘れないうちにできることをしておこう。

|

« 3.11地震 | トップページ | 3.11あれから一週間 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
ブログはかれこれ5年以上拝見させていただいています。
大好きなブログです。

私は岡山県在住で、31歳独身。
今回の地震は私の31回目の誕生日でした。
仕事中だった私は、夕方まで地震発生を知らずに平和に過ごしていました。

帰宅して、ゆっくり情報を確認すると、涙が出ました。
それから毎日つらくて、悲しいです。
悪夢の3.11です。

節電しても西日本の電気もあまり役に立たないということで、
わたしにできることと言えば、募金くらいです。
とりあえず、今日、家にあるタオル類を全て県民局に持って行きました。

いつもは、募金にも署名にも本当に正しく使われるのか疑問を感じてしまう私ですが、
今回ばかりはそんなこと、どーでもよく思えました。
みんな支えあって、信じるしかない。
できることはする。できることしかできない。
多くの方がすごくつらい思いをしているのに、毎日を普段と変わらない環境で過ごしていることに気が引けてしましますが、
それでも私たちは生活して、経済を止めるわけにはいかないのですよね。

コメントをするのは勇気がいって、したことがありませんでした。
でも、あなたの考えにいつも共感させられるので(勝手にしているだけですが・・・)
こんな時、誰でも、みんな支えあうべきだと思ったので、共感したことを伝えたかったのです。

長文失礼しました。

投稿: ikuko | 2011.03.16 00:01

■ ikuko さん

勇気を出してのコメント、ありがとうございます。
そして、遅ればせながらHAPPY BIRTHDAY
忘れられない誕生日になってしまいましたね。

>いつもは、募金にも署名にも本当に正しく使われるのか疑問を感じてしまう私ですが、
今回ばかりはそんなこと、どーでもよく思えました。みんな支えあって、信じるしかない。
できることはする。できることしかできない。

ほんとですね!
私もそう思います。
ikukoさんのコメントで、ちょっと自信のなかったコトが確信にかわり、勇気づけられました。
ありがとう。心からありがとうです

投稿: whoko | 2011.03.16 11:43

私も・・・いつもは拝見するだけでしたが、
勇気を出してっ、コメントさせて頂きます!

地震で悲惨な映像ばかりが流れるなか、ブログの素敵なお写真に癒されます。。。
お部屋のインテリアも、いまだに手元の本を開いては
「いいなぁっ」と参考にさせて頂いてます♪
大変な状況だけれど、こんな時こそ、日常を丁寧に生きられたらいいなぁ。。。
(実際は余震にびくびくしながら生きてる感じですが)

人間性が出るというのは、良くわかります。
夫の店のスタッフにも、こういう時でもすごくのんきな人、
計画停電にイライラ憤慨してる人、
仕事より今は家が大事!と意思表明して休む人、
いろいろです。

情報もいろいろ飛び交ってますが、最後は自分を信じて、
行動しなくちゃと思ってます。
きっと日本は乗り越えられますよね☆

なんだかとりとめもない文章になりましたが。。。
これを機に、またコメントさせて下さい!^^

投稿: KYON | 2011.03.16 16:38

■KYONさん

勇気出していただきありがとうございます

KYONさんの「最強のたまご焼き」いつも楽しくこっそり拝見しています。
「おにぎりの祈り」も、すっと心に入ってきました

私も計画停電を考慮しご飯を炊き、残った分は冷凍したりしていました。が、昨日でお米も底をつき…

もともと、買い置きをしないほうなので、今回、店頭のモノのなさはビックリですが、「物流がうまくいっていないだけで、回復すれば物は並ぶ」という情報を信じて、あるものを食べています。

こういうときだからこそ、お子さんやご主人においしいものを工夫して食べさせたあげたいですよね

投稿: whoko | 2011.03.17 11:10

■しおんの母さん

twitter情報など本当にありがとうございます。
しおんさんからの情報を、あえてここで公開するのは控えますが、もし、私利私欲のための詐欺行為だとしたら、とんでもないことですよね。

ところで、しおんの母さんは、ご不自由などなさってないですか?
ひとりで動き回れる私は、小さいお子さんがいるママたちの不自由さを想像します。

投稿: whoko | 2011.03.17 11:16

ありがとうございます。
地震当日は娘がインフルエンザになっていて‥
ちょうど起きて抱き上げている所でした、、
小さい子を抱えて逃げなければいけないと言うプレッシャーと心細さは忘れません。
幸い怪我もなく上の子も無事帰ってこれました。
それからしばらくはよく眠れず、夢も地震の夢を見て‥
インフルの看病と寝不足とで只今私が発熱中です(T-T)
Whokoさんの娘さん達は大丈夫でしたか?
娘さんもかわいい我が子を抱えて、
きっと心細かったでしょうね。。

投稿: しおんの母 | 2011.03.17 21:26

■しおんの母さん

>小さい子を抱えて逃げなければいけないと言うプレッシャーと心細さ

ほんとにね。ものすごい不安だったとお察しします。
早く体調が回復するといいですし、精神的にも休まる日々になるといいですね

うちの娘一家のことまでご心配いただきありがとうございます。おかげさまで元気にやってるようです

投稿: whoko | 2011.03.18 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11の少しあと:

« 3.11地震 | トップページ | 3.11あれから一週間 »