« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

陰ながら元気をもらってます

110225

本日の東京の気温は19度!
空は青く陽射しは眩しくマチ針の影もくっきり。
写真に写っているのは、「KUSHU KUSHU」のchikakoさんから以前いただいた「こぎん刺しの針刺し」です。

chikakoさんの末のお子さんはまだ小さいのですが、年に何回か自宅を開放し「おうちショップ」を開催している様子を、私はブログで楽しみに拝見していました。この針刺しも、おうちショップで販売したもののひとつだそうです。

そしてなんと!彼女は来月、実店舗のKUSHU2をオープンするのです!
小さな店舗を借り、内装を自分たちで仕上げていく様子はコチラのブログから遡って見てほしいなー

最初は小さな閃きのようなものだったかもしれない。
それが徐々にぼんやりとした輪郭をもち、お店をもちたいんだという自分の気持ちに気づく。そしてついにはそれを現実のものとしていく。
そのための資金作りにアルバイトしながら彼女が感じることなんかも等身大の言葉で綴られてます。

もし、今の自分が、これといった目標はないとしても、目標にむかって行動する人を見るのは楽しいよねー
ご本人は知らないでしょうが、私は陰ながら元気をもらってます(笑)
今日の東京の天気のように清々しく、わくわく感がひろがります☆

(でも、アテネの天気予報は雨なんだよー。。。
あと10時間ほどで出発です。雨でも楽しんでくるさ!と、ちょっと負け惜しみ的に言ってみて、本音では天気予報ハズレろ~!!って思いながら、いってまいります☆)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

あさって…だよね?

110223

あさってギリシャへ行くなんて信じられない。。。なんだか忙しい日々が続き、ほとんど準備していなくて、気持はあせるんだけど、まとまった時間がつくれないまま出発が迫る。
最悪パスポートさえ忘れなければなんとかなるさ・・・と、まるで旅慣れているかのような発言をしてみるけど、実際はそんなことぜんぜんなく・・・

それでも、いつものことながら、旅のコンセプトは「お金をかけない」だから、空港からホテルまでのバスを調べたり、島めぐりのオプショナルツアーは自分で申し込んだ。だって、旅行代理店だと15,000円のところ、自分でやったら11,000円なんだもの☆

ガイドブックもね、今回、新品を買うのが惜しくて、本屋さんで1500円するものを、送料含め数百円の中古をアマゾンで購入。情報が古かったりする危険はあるんだけど(実際、交通運賃や入館料が改正前の情報だった)、短い旅行期間だとガイドブックまるごと1冊の情報量は活かしきれないのだもの。

でね、中古のガイドブックを通勤電車の中でパラパラしてみたら、すでにマーカーでチェックされてたりしてねー(ほら、私の前にこのガイドブックを買った人がつけたあとなんです)、へぇ、こういうスケジュールをたてたんだなんて推測できちゃって、ちょっと面白いの。
スーパーマーケットにチェックがはいってたりするから、あ、この人もケチケチ旅行で、現地のスーパーで食料品とか調達するのかな?とか、ううん、お金があるけど現地の生活感を感じたい人なのかもとか想像しちゃうのですよ。
いっそ、ガイドブックの前の持ち主の足跡を辿る旅にしようかなんて、自分が計画立てていないもんだから、思ったりもしています(笑)

あさっては、スーツケースをガラゴロひいて出社し、定時まで働いてから直接成田空港へ行き、夜の便に乗るんだけどね、スーツケース宅配便で空港に送っとけばよかったと今頃になって気がついた。
1000円前後の宅配料金で混雑する通勤時間帯にスーツケースをもたなくてすむのだから・・・こういう段取りは早めにしとかないとなーと小さい反省をしております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

本当の意味でオイシイ

110222a

Mさんからいただいたバースデープレゼント(THANKS!Mさん!)
きゃぁ!可愛い~!!!! ミイがなんか持ってかけっこしてる~!!!

お楽しみはまだまだあって、ミイのきんちゃく袋には中に入っていたのはニョロニョロなもんだから(↓)、またも、きゃぁ~きゃぁ~!!(←年齢を忘れた喜びかた)

110222b

さらにニョロニョロの中には、ムーミン、スナフキン、ミイ、ニョロニョロのパスタが!!

110222c

選んでくれたMさん曰く、「パスタは娘さんやベビィちゃんに。巾着はカメラを入れたりできると思って」って。
目で楽しめるパスタをおいしくいいただけて、さらに袋もつかえる。
「本当の意味でオイシイ」って、こういうことだよね~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イチゴをつぶしたことある?

110221

写真は九州在住の方から届いた小包にはいっていたとんこつラーメン。
いつも頂いてばかりで恐縮しつつ、翌日の日曜日には、義母たちが来たので一緒にお昼にいただきました(Thanks!Aさん)
紅ショウガがなかったのだけど長ねぎと豚肉と胡麻で。
のりのトッピングで、ラーメン屋さんのとんこつっぽくなったでしょ?(笑)
小包には果物みたいに甘~いトマトも入っていて、おやつ感覚で口にはこんでいます(ほんとにAさんThanks!です)

そういえば、今朝の情報番組でやっていたんですが、イチゴをつぶしてミルクとお砂糖をかけたことない世代がいると知りびっくり。
「え?いちごってつぶすの?」とか、いちごをつぶすスプーンを知らないとか、言ってました。
なんでも、14.5年ほど前から出始めた「とちおとめ」とかあたりから、甘いイチゴが当たり前になって、そのまま食べるようになったからとか。
生まれたときから甘いイチゴしか食べたことない世代が確実に増えてるんですねー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

両立

110216a

アンティークなミシンのかたちのシャープナー。
サプライズなお誕生日プレゼントでいただきました(Thanks!!Rさん)
彼女からは以前にも下の写真のハサミもいただいてます。
可愛くて実用的なものは、テーブル横の棚が指定席。
飾ると使うが両立してるモノって嬉しいです。

110216b

ミシンといえば、ちかごろ、買ってきた生地でイチから洋服を縫うということがなくなった。せいぜい、リメイクするくらいだなー。既製品、安くておしゃれなんだもん。自分で作るよりも買ったほうがコストパフォーマンスは断然高い。

もっともコスト面でいうと最近に限ったことではなく子育て中もそうだったっけ。
ただ、自分の時間が持ちにくいときほど、何かに没頭したくなるわけで、それが、子供服だったり家族が食べる料理やおやつだったりすると、一挙両得というか、そこにかかる材料費や時間も正当化できちゃうみたいなことで、よく手作りしていたんだと思う。私の場合は。

だから、子供服を自分で縫いますとか、おやつを手作りしますなんていうと、「まぁ~なんてオンナラシイ」的に受け止めらたりしたときは「ははは、それ違う~」とか思ってたもん。
「手作り イコール 家庭的とかオンナらしい」的構図って、案外手作り派のほうは「そんなこたぁない」って思ってるんじゃなかろか?
ワタシなんぞ、ビール片手にミシン、でしたもん。編み物して手先を動かすと、カラダがぽかぽかしてきて喉乾いてビール飲んでたもん。

手作りと飲酒は、案外両立するんですよ、おくさん。なんちゃってね☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Smooth Criminal(チェロ)

ちょっとぉ!!!
カッコよすぎるじゃない!素敵過ぎるじゃない!
マイケルも絶対喜んだと思う!!!

続きを読む "Smooth Criminal(チェロ)"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

バレンタイン-揺すぶられるハート

110211

写真は去年の暮れクリスマスプレゼントにいただいたのバスフィズ。
ウサギのほうは今年の干支ってことでお正月の飾りでも楽しませていただき、ぷっくりしたハートはバレンタインのイメージだなぁなんて思いながら撮った写真です。
クリスマス・お正月・バレンタインにさりげなく彩りを添え、最終的に本来の使命であるバスフィズとして仕事を終えたウサギ&ハートたちのコストパフォーマンスの高さ・・・すごいよね?(笑)

我が家の冬季コストパフォーマンス賞に輝いたこのバスフィズの贈り主は、私より私の息子のほうに年齢が近いMさんという可愛らしい女子。

彼女とは、バルセロナ旅行のとき、お互い一人旅だったのですが、ひょんなことから話すようになり、寒波に見舞われた帰りのヒースロー空港で、乗り損ねたブリティッシュエアウエイズのチケットを握りしめ、広大な空港のターミナル間を移動(つか彷徨い)、ANAのチケットを入手するために意識が朦朧とするくらい(立ったまま寝てたかもしれない)の長時間列に並び、やっとの想いで日本に帰ってきたものの、私のスーツケースは破損、彼女のスーツケースはまだロンドン・・・と、成田についても一緒にバゲッジクレームに向かった仲なのです。
(なんかね、大寒波という強敵に襲われ、言葉や時間の壁に阻まれつつ、帰国のためのいくつかの困難を、知恵と体力で乗り越える・・・みたいな、本来の旅よりアドベンチャー的な体験を共有した同志みたいなカンジです)

昨日はその彼女と成田で別れて以来の再会。ランチ&デザートを食べながら世代を超えた女子トークを楽しみました(Mさん、いい時間をthanks!)

喋りっぱなしで気がつけば3時間以上(お店の人にはゴメンナサイ)
その内容は、たわいもないお喋りだったり、これまでの自分を形成してきた事柄だったりしたわけですが、なんだかとっても彼女の魅力的な本質に触れられたような気がして心地よかったです。

あ、心地よかったのは、私もたくさん話したからかもしれないなぁ。
なんせ、彼女は聞き上手でもあるので、回数にしたらまだ2回しかあってないというのに、私の人生の暗黒時代とか、けっこう喋っちゃいました・・・(笑)

それにしても、あんなにいらんことまで喋ったのに後悔がナイのは不思議だなぁ。
(ワタシの場合、飲んで盛り上がりすぎて喋りすぎて、でもナニ喋ったか覚えてないときの不安ってやつをこれまでよく味わってるもんで・・・)

長年の友達とか、毎日一緒にいる夫とだって、なんか会話がズレてると感じるときは少なくないよね?(別段、そういうのが不幸とも思わないし、むしろ、だからこそ面白かったりするんだけど)

そしてまた、昨日みたいに、それほど知り合えてる関係じゃないのに、なんだか深い部分で触れあえたような気になるときもある。
あと、ほら、ネット上でしか知らない関係なのに、心揺すぶられたりとかあるよね?

今日はバレンタイン。揺すぶられるハート、各地で大発生の日ですね☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風物詩

110208cirqu_3

今年も原宿のビックトップへシルクドソレイユを観に行ってきた。
「今年も」と書けるほど観に行ってるんだなあ。
今年の演目はKOOZA。

毎年この寒い季節、原宿でIさんと待ち合わせをし、食事をしてから会場へむかう。
いつの頃からか、2月というと、節分やバレンタインよりも、シルクドソレイユを観に行くことが自分にとっての風物詩となっている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ZARA*250yen也

110208a

私にとっての生地屋さんであるユーズドショップでみつけたフラワープリントのマキシワンピ。柄・色合い・風合いすべてにおいて鷲掴みにされちゃいまして、ましてやマキシワンピともなれば、布の分量もたっぷしじゃん♪
裏側のタグで素材確認するとレーヨン。よっしゃ☆ってことで、お値段は?
1000円までなら買う気まんまんよーと、値札を見ると・・・

え!なんですとぉ!?250ええええーーーん?!!
瞬間お買い上げ品だわぁ☆

110208b

さて、生地として買ったつもりでしたが、着てみると案外いいんだな、これが。
花柄マキシも子供っぽくないのはさすがZARA。

胸元のシャーリングを少し抜き(こうすると、着たときのむっちり感が少しだけ軽減するのです)、肩ひもがわりにサテンリボンをつけました☆

ダンガリーやカーキのシャツをはおり、皮ブルゾンにストールで足元はボアブーツ。今月末のギリシャ旅行にもつかえそうと、鏡を見ながらほくそ笑んでおります☆

| | コメント (12) | トラックバック (0)

スペックとはなんぞや

110207a

スペックとは英語のspecification の省略形で、パソコンならCPU、メモリ、OSなどなど、カメラなら 感度とかシャッタースピードとか画素数とかうんぬん・・・
数値化して機能を表すこと?・・・なんてあたりが私なりの理解なんですが、どうも私はこのスペックというのを使ってモノゴトを判断するのが大の苦手です。
チンプンカンプンすぎて興味がもてないというのが本音ですが、世の中にはスペックを楽しめちゃう方もたくさんいらっしゃるのですよねー。私とはまったくもって真逆です。

でも、こんな私でも、気がつけばいつの間にかカメラを3台保持する身となっていて(↑写真上のデジタル一眼がPENTAX K200、その次がLUMIX DMC-FZ10、で、デジカメがCanon IXY)、ブログでも旅行でも何かとお世話になってるカメラを、それぞれのカメラで撮ってみました。

で、この写真(↑)を撮ったカメラは何かというと、LUMIX。
ウチにはこのライカのレンズ仕様のLUMIX DMC-FZ10が2台あるのです↓
ブラックが夫ので、私のがシルバー。生産中止となったカメラなので、その付属品を入手するために1台増えちゃったっていうヘンなハナシなのですが。

110207

ちなみに、この写真(↑)はPENTAXのデジイチで撮影。
カメラはそれぞれ個性というか、クセみたいなもんがあるんだなーというのは、撮っていて実感しますが、スペックから機能を判断し、個性をみわけるのは、やはり苦手です。
そういうのができる人って、撮影以外のところでも楽しんでるのだから、羨ましい気もします。

ところで、スペックはちんぷんかんぷんでもTBSでやっていたSPECは好きでした。もっとも、好きなわりにはとびとびでしか見てなかったんですけど。。。

連続ドラマって、まぁ全部を通して見ることがないんですが、なんていうか、気にいったドラマでも「見逃してもいいや」っていうスタンスがいつも心のスミにあり、録画して見ようとはまず思わないのですよ、ワタシ。

こういう性格は、スペック嫌いとなにか関係があるのだろうか?なんて、ちらりと思ったりする今日この頃。でも、追及もしない性格です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満たされる食事

110203

なんということはないのだけれど、なんとなくせわしい今日この頃。
このブログも、書きかけのまま放置された未完の記事ばかりがやたら増えていて、鮮度を失うと、ますます書けなくなるんだなーと実感。

せわしない日が続くと、洗濯物をたたむとか、お鍋を磨くとかに手をかけることが難しくなり、ま、そのくらいはいいんだけど、毎日の食事がおろそかになっていくのは、ちと後ろめたいし、カラダが満足できていないと感じる。

そんな中、昨日の夕食は、ちょっとばかし久々に満足いく食事となりました。
もちろん、せわしないのは継続中なので、短時間で作れるものばかりなのだけど。

一品目
3分で茹であがるショートパスタにレトルトの鮭ときのこのクリームソースを和え、彩りに春菊を少しだけちらしたもの。
満たされポイントはレトルトといえども美味しいソース。しかも一パック118円。ちなみにショートパスタもそのくらいの値段。彩りでちらした春菊は、暖かいソースで少しだけしなっとなり、味にも程よいアクセントとなりました。

二品目
ベーコンとエノキを塩・胡椒でソテーしたもの。
満たされポイントは、エノキは98円なのにボリューミー(今、旬なのかしら?)で、エノキ自体の味が強いので調味料は押さえ気味でも美味しく、ベーコンの油だけでソテーができたとこ。

三品目
プリーツレタス・トマト・きゅうりのサラダ。
満たされポイントは量。時間がないとサラダでさえも出来合いのものになってしまっていたのだけど、それだと野菜好きな私と夫は不満だったので。うちのサラダはメガ盛りです☆

これらのメニューに、グラハムクラッカーとリンゴを添えました。
晩酌派にはご飯よりクラッカーやパンのほうが合うのです^^

コドモのいない夫婦二人の食生活になってからは、いわゆるメイン料理に肉や魚をというのを考えなくなりました。味がしっかりした料理が一品でもあれば、お肉や魚がなくてもいい(昨晩の場合は鮭ときのこのクリームソースがしっかりした味のメイン料理)。
むしろ野菜やきのこを、外食や出来合いのお惣菜ではありえないほどの量を食べることが、夫と私の満足ポイントになっています。

夫は、私が作る料理にも買ってきた料理にもほとんど不満を言わないのですが、口に入れた瞬間の表情で、満足しているのかどうか、わかりやすいヒトです。
夫の満足そうな顔をみるのも、満たされ度合いはぐんとアップしますねー☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »