« BARCELONA #5 | トップページ | BARCELONA #7 »

BARCELONA #6

101210i

グエル公園、まだ終わっていないのですが、先にコチラの邸宅を。
ここはガウディがてがけたの初めての住宅建築、カサ・ビセンスです。

グエル公園で思いがけず時間を過ごしてしまったため、このカサ・ビセンスは飛ばそうと思いながらLESSEPS駅へ歩いていると、地元住人らしき女子と目が合い会釈を交わしたのです。
そのまま通り過ぎようとしたら、彼女は、私が地図を広げていたせいか道に迷ってると思ったようで、話しかけられたの。

で、駅に戻るだけというのも悪いような気がして、カサ・ビセンスに行くつもりなのと地図を指差しながら言っちゃった。
グエル公園からカサ・ビセンスは、歩いて20~30分の距離なんだけど、地下鉄駅のLESSEPS駅に戻りきる手前で左に曲がり、FONTANA駅の途中のCAROLINES通りで曲がって…みたいなちょっとわかりづらい場所で地元っこの彼女、ものすごく心配そう。

彼女、たぶん出かける途中であろうに、途中まで案内してくれたんです。よっぽど私が頼りなくみえるのか、それとも彼女が心配症なのか、別れ際はハグまでされて(笑)
でも、こういうことが旅先での一番嬉しいことなんですよね^^

101210

実際、来てよかったです。
現在どなたかが住んでいるので中には入れませんが、外観の素材の組み合わせ…市松模様と花柄のタイル、れんが、アイアンの見事な柵などなど…個性の強い建物にもかかわらず、庭の自然とも調和している。この目で見ることができ本当によかったです。

101210_2

ちなみにここビセンス邸は1883~1888年にタイル工場経営者マヌエル・ビセンス氏の依頼によりガウディがてがけたわけですが、やっぱ、ふんだんに使われたタイルは依頼主の工場で作られたタイルなんだろうな~

|

« BARCELONA #5 | トップページ | BARCELONA #7 »

コメント

こんにちは!
今、いっきに読んだところです。
whokoさん、そろそろ出発かな~?なんてのんきに思ってた私なので、もう帰ってきていることにビックリしました!
この住宅、私もたどり着けなかったです。一人だと、無理やりにでも行ったかと思うんですが、旦那がいらっと来てたので、断念しました。(10年前ものことですが。。。)
写真、拝見出来てうれしいです。

whokoさんがガウディすごい、もう帰れないかも。。。と思った気持、よく分かります。私もすごい感化されて、鏡とか、タイルとか割りまくって、モザイク作った覚えがあります。もちろん、ガウディとはかけはなれた出来栄えでした(笑)

長々とすいません!

投稿: puppy | 2010.12.11 06:01

■puppyさん こんにちは~

5日間の弾丸旅行でした。実質2日間しか見て回れませんでしたが、地下鉄と徒歩で、堪能しました
もし、明日から行けるとしたら、絶対行くと思うくらい楽しかったです

そっか、バルセロナはダンナ様と行かれたんですね~
お互い、気を使うとこもあるでしょうけど、感動を分かち合えるときは二人でよかったと思うたびになりますよね

投稿: whoko | 2010.12.13 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BARCELONA #6:

« BARCELONA #5 | トップページ | BARCELONA #7 »