« くるむ。 | トップページ | 2週間後 »

罪悪感とか動揺とか

101117_2

息子から電話をかけてくることはめったになく、かかってきたとしたら、それがGOOD NEWSである確率はかなり低く、今月の初め、息子からかかってきた電話はやはりBAD NEWSで、「入院しちまった…」だった。

自分で電話をかけられるぐらいだから重症ではないだろうと思いつつも不安はふくらむ。出先で受けた電話だったので、取り急ぎ入院に必要な物を買い揃え病院へ向った。

その時点では、どのくらいの期間の入院になるのか、手術が必用なのかなどがわからない状況なのだけど、ガリガリに痩せ細った息子を目の当たりにすると、ただただ悲しい…

いや、つい数週間前、おじいちゃんの七回忌で会っていて、そのときも痩せてるなーって思って、一人暮らしでろくな食生活はしていないのは想像ついているんだけど、まさか病気で入院するほどともなると、ものすごくうろたえてしまうし、罪悪感がこみあげてきてしまう。

しかも、「ここに穴あけたんだ」と指し示す身体からは管が出ていて、機械とつながっているのなんか見たら、もう、もう、「大丈夫…じゃないよね?…」としか言えない。(病名は肺気腫で、喫煙者がかかる確率が高いと聞くと、私もかつて喫煙者だっただけに、よけいに罪悪感は増す…)

私は、おろかにも、はじめての子供が男子であると知った時、息子がマザコンにならないようにという想いがものすごく強くて、必要以上に突き放していたところがある。
それが、純粋に「息子のため」ならばまだしも、「自分がマザコンを育てた母と言われたくなかった」とも思えるから、息子がいい大人になった今でも、罪悪感となっている。

ベッドに横たわる息子は息も切れ切れで話すことも辛そうなので、頼まれていた本の上下巻を差し出す。(入院したとの電話で、必要な物はと聞くと、洗面用具のほかに、宮部みゆきの「楽園」が文庫化されてるはずだから買ってきてほしいと頼まれていたのです)

すると、「あれ、下巻だけでいいって言わなかったけ?」と息子に言われ、「あ、そんなこと聞いたかも。。。なんか動揺しちゃって…」と言うと、「うん、お母さんが読めばいいよ」って、かすかな笑顔で言う息子。
息子は、読んでる本や観た映画の話だけは、ポツリポツリとするのです。

入院から10日ほどたった先週末、息子は退院することとなりました。
遠慮がちに「迎えに行こうか?」と聞くと、答えはやっぱりの「大丈夫。こなくていい」
さみしいような、ほっとしたような…

あ、宮部みゆきの「楽園」、面白かったですよ☆

|

« くるむ。 | トップページ | 2週間後 »

コメント

息子さん大変でしたね。お大事にしてください。
私の夫は若い頃に肺気胸という病気をやりました。
やはり当時喫煙者でした。その後も風邪をひくと肺の調子が悪いときは用心しているようです。
胸の横から穴を開けたあとがやはりあります。
背の高い痩せ型の人がなりやすいと聞いたことがあります。息子さんの病気もあてはまるでしょうか?

男の子って、大きくなるとお母さんに心配かけたくないようですね。うちのマザコン夫も、いろいろ甘えるくせにいざ心配をかけるようなことがあると義母には内緒にしていますよ(笑)。
私の弟は、小さいときから甘えっ子で体も弱く母を独占状態でしたが、今じゃさっぱりしていて遠く離れて暮らす母がよく心配しています。
息子さんも心配かけまいと気遣っていると思います。
自分が弟、夫、息子を持ち実感する日々です。

なんか自分語りですみませんが、whokoさんの心配する思いが息子さんにきっと届いていると伝えたくて・・・。

投稿: ゆうか | 2010.11.17 18:59

息子さんは、退院後大丈夫でしょうか?
WHOKOさんにマザコン息子は似合いませんが
やはり心細い時こそ、お母さんが頼りですよね。

なんとか当方も自分は初めからタバコを吸って無い
んだと自分自身を誤魔化して止めてから10ヶ月です。
メジャーな禁煙セラピーという本も良かったです。

投稿: こうぷ | 2010.11.17 20:49

whokoさんの記事で、
読むのをこんなに急いだことはありませんでした。
経過が気になって、気が急いて、
「退院」の文字を見つけてホントにほっとしました。
 
息子さんがこれから体力回復して、
早く健康になれるように心から祈っていますね。

そして、これからは時々母子で映画観たりなんか出来たらいいですね☆ 

投稿: くるみ | 2010.11.17 21:01

肺気腫、ものすごく苦しいって聞いた事があります。
大変でしたね。
息子さん、その後いかがですか?
お大事になさってくださいね!

投稿: おんじりん♪ | 2010.11.18 00:23

■ゆうかさん
そうですか。ご主人も肺のご病気を…
ご主人や弟さんのことなど書いていただいたお気持ち、ホント嬉しいですありがとうございます!
息子、ひょろっとした体形なのですが、今回の痩せかたは尋常じゃなく…
小さい時はぽっちゃりしていただけにショックでした

投稿: whoko | 2010.11.18 10:15

■こうぷさん
ご心配いただきありがとうございます。
息子、職場復帰も早くできそうなので、ほっとしております

んなことより!
禁煙10ヶ月目!
スゴイ!すごい!すごいです!
こうぷさんのこと、たくさん誉めてあげたいです
「禁煙セラピー」、私もかつて読みました。
煙草に支配されているというのを実感できたことが、禁煙につながりました。
息子も読むかなーと思い5.6年はさりげなくおいといたんですが、手に取った形跡はありませんでした。
やはり、自分自身が止める気にならないと難しいようです

投稿: whoko | 2010.11.18 10:21

■くるみさん

気をもませてごめんなさい~
退院したからこそ、ブログに書くことができましたが、書くまでに長い時間がかかってしまいました。
ショボイ文ですが、最初はいろいろ書いてしまって、でも、なんだかなーというところは削っていって、ますます何が言いたいのかわからない文になってる気もしますが、、
なのに、私の気持ちをくみ取って下さる方が多くてほっとしました。
ありがとうございます

投稿: whoko | 2010.11.18 10:27

■おんじりん♪さん

おかげさまで、退院後は電話がないので、無事職場復帰も果たした模様

ご心配いただきすみません&ありがとうございます

投稿: whoko | 2010.11.18 10:28

息子さん、大変でしたね。お大事になさってください。

whokoさんの文章と、他の方のコメントを読んで、
「男の子ってそうなのかぁ。。。」
と考え込んでしまいました。
母親に心配をかけたくないんですね。いじらしいですね。

タバコ、私も10年以上前に辞めました。
「辞めろ」って言われたら、「絶対やめてやんねー!」って感じでしたが、仲のいい友人がひっそり(笑)と辞め、なんかすってる自分が負けてるよう(何に?)で、急いで辞めてしまいました。
その子曰く、「こっそりと辞めるのがコツ」なんだそうです。周りに宣言してしまうと、絶対、邪魔する人が現れるからだそうです。「今日、タバコは?ないの?俺のすう?」みたいな。。。

長くなり、すいません。
whokoさんの息子さんに対する想いが、心に染みました。

投稿: puppy | 2010.11.18 17:13

親って、いくら尽くそうとも(尽くすって言葉はややヘンか?)何かしら子供に対して罪悪感を持ってしまうものだと思います。
それは愛情の裏返しと言うことで。
だって、どうでもいい人に、あれこれ思い悩むことはないんですもの。
息子さん、元気になられてよかったですね♪

投稿: pinecone | 2010.11.18 19:48

whokoさん

息子さん大変でしたね。胸の横に
穴あけたなんて読んでて自分までイタタタ・・と
わき腹をさすってしまいましたよ・・。

他の方も書いていらっしゃるように息子さんは
心配かけまいと気遣って連絡が遅くなったんでは
ないでしょうか。なんて大人(涙)!

大したこと無い事も大袈裟に話して心配・同情してもらうのが好きっぽい傾向の
我が夫にイラッとする私からすれば、
息子さんはオトナで立派です。
呼吸が苦しいと、噛んでる間も苦しくて
食べる量が減ってしまうので
痩せ方が顕著だったのかもしれませんね。
私は喘息中、一日で2キロ減ったりしますよ。

ブログで垣間見るwhokoさんと息子さんの
距離感を私は素敵だと思っていたので
育て方に罪悪感、なんて考えてもみませんでしたが
ポツリポツリと本や映画の話をして、時々お花をくれたりする(くれてましたよね?)
オトナな息子さんが早くお元気になられることを祈っていますね。


投稿: あっく | 2010.11.19 02:15

■puppyさん
ご心配いただきありがとうございます。
子供って、ラクして育てられることはナイけれど、楽しみもたくさんある存在です。私なんぞ、puppyさんちの男のコくんに夢中成長ぶりを楽しみにしています

>仲のいい友人がひっそり(笑)と辞め、なんかすってる自分が負けてるよう(何に?)で、急いで辞めてしまいました

うんうん。すごくわかる
止めるのに確固たる動機はいらなくて、私もなんとなく「止めよっかなー」と思えたときが禁煙のスタートで、その後、あまり意識せずに月日がたったかんじです

投稿: whoko | 2010.11.19 09:56

■ pineconeさん

>だって、どうでもいい人に、あれこれ思い悩むことはないんですもの。

ありがとうございます。
なんか、「こんな自分でもいいじゃん…」て思えてきます

投稿: whoko | 2010.11.19 10:00

■あっくさん

ありがとうございます。
息子との距離感では、いつも自信が持てないでいる母だものだから、お言葉、とっても嬉しいです。

息子が小さい頃、喘息で、一晩中身体をおこした状態でヒューヒューゼイゼイしているのを見るのが辛かった。
息子のほうが辛いのに、何もできない歯がゆさからイライラしてしまったり、、、なんてこともあったから、未だ罪悪感がぬぐえないということもあります。

あっくさんも喘息でしたか。。。
あっくさんの、たいていのことをユーモアに変換する才能は、痛みを知っているからなのかな
季節の変わり目など、お大事になさってくださいね

投稿: whoko | 2010.11.19 10:11

タイムリーなコメントでなくてごめんなさい。
今、読みました。本当にびっくりしました。
息子さん、順調に回復に向かっているようで
一安心しました。

私は姉と2人姉妹。子どもも娘2人。
男の子がいる生活を送ったことが
ありません。(父や夫のみ)

母親としての息子の関わり方、育て方。
きっと私も男の子を持っていたら
相当に悩んだりしただろうな。と
思いながら拝読しました。

Whokoさんも色々葛藤がありながらの
子育て、そして今、なんですね。
すごく伝わってきました。

投稿: kotokoto | 2010.11.22 01:01

■kotokotoさん

ご心配おかえしまして、申しわけありません~
おとといだったかな?息子、「抜糸してきたぁ」と、なんとチャリで30分以上かけて家まで来たの。
もうもう、退院したばかりで、ちょっと動いただけでゼイゼイするヤツが、どうして、そういうことするんだって、私も夫も唖然でした
もう、いいおとなで、何事も自分で判断していけばいいと見守る体制を維持しているつもりですが、言いたくなってしまうこともチラホラ…
でも苦笑いとはいえ、笑えるだけよかったと思います

投稿: whoko | 2010.11.22 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪悪感とか動揺とか:

« くるむ。 | トップページ | 2週間後 »