« まだ夏だよね? | トップページ | 長いお皿 »

SWISS #13

100polybahn1

ホテル周辺を散歩していたら小さなおうちのような建物に遭遇。
緑の扉からは、たくさんの人々が出入りしていて、こんな小さな建物なのに、いったい何人の人が入って行くんだろう?収容しきれるのか?というのが最初に感じた疑問でした。
だってねー、ほんとに小さいんだから。って言っても対象物の写っていない写真だから大きさがわかりづらいよね。えっと、そうだなー…駅の売店くらいの間口ってかんじかなー

この小さなおうちみたいな建物の左側に階段があったので下って行くと…↓

100polybahn2

ケーブルカーの駅だったのです。
私の中ではケーブルカーというのは、観光目的の乗り物という認識でしたが、ここは、目の前の大学とチューリッヒ市街地を結ぶための、学生や通勤者のためもので、地図には載ってるけどガイドブックには載っていないものでした。

少し調べたら、全自動運転で3分おきに、ここ谷駅とチューリッヒ中央駅から徒歩5分ほどバーンホフ橋を渡ったビルの中にある駅を往復しているそうです。
ごく稀に、鉄道マニアがやってくるそうですが、マニアの間でも穴場中の穴場だとか。

レトロな雰囲気の赤い車両と小さな駅。鉄道マニアではないけれど、この偶然の発見をしたときは、なんか、すごいものをみつけちゃった!という気分でいっぱいになりました(笑)


そうそう、以前、山手線の内回り・外回りって、どっちがどっち?みたいなことを書きました。
おんじりん♪ さんから、その解答をいただいてました。ちょうど、スイスへ行く直前だったので、お知らせするタイミングを逃してましたが、電車つながりの記事なのでここでご紹介を^^


おんじりん♪ さんからいただいたメールの抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、山手線の内回り・外回りの話がありましたよね?

ちょっと調べてみたら…

山手線、車と同じで左車線!という事が分かりました。

詳しくは…コチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TANKS!おんじりん♪ ♪さん

|

« まだ夏だよね? | トップページ | 長いお皿 »

コメント

えへへ、どういたしまして!
Whokoさんのファンとしては、
こんな風に、私のメールを転記していただけるなんて
夢のようです

これからも、素敵な記事、よろしくです♪

投稿: おんじりん♪ | 2010.09.07 20:18

■おんじりん♪ さん

山手線情報をありがとうございました!
遅ればせながらですが、転記のお伺いせずに載せちゃいましたことを快諾していただいてることも、ありがとうございます

ちょっとした疑問が、ひとつの情報となるのもブログの楽しさです。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくです

投稿: whoko | 2010.09.08 09:44

おんじりんさんの解説ためになりました~。
そう言えば、日本の鉄道はイギリスに倣って導入したって、父から教わったことあったの不意に思い出しました。
だから、クルマも鉄道もイギリスと同じ左側通行なんだって。
なんか、目からウロコ的で、こういう雑学的発見、うれしくて大好きです。
おんじりんさんも、紹介してくださったwhokoさんも
ありがと~♪

投稿: pinecone | 2010.09.08 16:18

■pinecone さん

嬉しいコメントです!
ありがとうございます
話題を広げてくれたおんじりん♪ に感謝ですね^^

>日本の鉄道はイギリスに倣って導入したって

ほぉ~
またまた、新知識です

投稿: whoko | 2010.09.08 16:48

ワタシもよく混乱しておりましたw
おんじりん♪さん、pineconeさん
Good job!ですb

「このごろ」って
○フー知恵袋みたいだなぁww

あ!○who知恵袋?w

投稿: くるみ | 2010.09.09 08:06

山手線情報、とってもよくわかりました~

ケーブルカーも可愛いですね
「この建物なんだろう?」と思って
裏に回ってしまうwhokoさんもまた好奇心旺盛♪

投稿: みきにゃ | 2010.09.09 12:20

■くるみさん

こんにちは!YAH-WHO-KOです。
次の「YAH-WHO知恵袋」では、くるみさんの例の封筒をご紹介したいものですわん

投稿: whoko | 2010.09.09 12:24

■みきにゃさん

これからは山手線に乗ったら、「これは外回りね」なんて聞えよがしにつぶやいちゃうかもしれません

あの小さい建物の前面にはちゃんと「Bahnhof(駅)」という文字が書かれていたのですが、最初は気付かす、ただただ、とてもじゃないけど収容しきれないであろう人々がわんさか入って行くのに驚いての周辺捜索でした

投稿: whoko | 2010.09.09 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SWISS #13:

« まだ夏だよね? | トップページ | 長いお皿 »