« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

「私を離さないで」映画化

100929

大好きな本、「私を離さないで(イシグロ カズオ 原題 NEVER LET ME GO) 」が映画化、来春公開ですって!きゃぁ~見なくちゃ!!!

監督:マーク・ロマネク
配役:キャシー(キャリー・マリガン)・トミー(アンドリュー・ガーフィールド)・ルース(キーラ・ナイトレイ)

↓予告編を見る限り原作に忠実そうな気配☆楽しみぃ~!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画、けっこう見てるのに記録してなかったな。
覚えている限りを備忘録として下記に

「レポゼッション・メン」
飛行機で観たの。ジュード・ロウ大好きだからねーワタシ☆
顔だけでなく肉体美も惜しげもなく披露され嬉しい限りですが、彼はなんと「借金返済ができない人の肝臓を集めるのが仕事」の役なので、エグイです。
アクションなども素晴らしいのですが、字幕がなかったため心情部分を理解しきれていないのが自分としては心残り。

「ヤギと男と男と壁と」
「マイレージ、マイライフ」
どちらもジョージ・クルーニー。彼が好きで、映画も話題になるんだけど、いつも途中で眠くなるのはナゼだろう?…彼の映画で寝なかったのはオーシャンズシリーズのみなのが、自分的に悲しい。。

「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ 」
これも飛行機で観たの。子供向け映画。登場人物はエグいというか不気味だけど不思議な味がある。

「サヨナライツカ」
中山美穂主演、ご主人原作の小説の映画化で話題になりましたよね。
前半の映像はキレイですが、後半の老け役メイクはなんだかなー
ストーリーも説得力に欠けてるような。。。小説で読んだほうが面白いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミリタリーにフェイクファー

100929m1

近頃ミリタリー調のアイテムをたくさんみかけるものの、アタシこれっぽいのたくさん持ってる!と買わずに家に帰りひっぱり出してみたら、スカートだけでも3着。
ミリタリー調のシャツもジャケットもかなりの数があるし、カーキやベージュのパンツ類も多くって(ミリタリーってわけじゃないけど)、この秋冬はミリタリー調に関しては手持ちのモノだけで乗り切れそうな気配(笑)

ちなみに写真上の左がカーキのAラインスカート、中央がややタイトで、右が裾にゴムが入っているバルーンというかコクーンぽいカタチで今一番のお気に入り(そのスカートだけの写真は↓)

100929m2

ついでにファーのティペットやらマフラーやらも出してみた。
なんかカスタマイズできそうなものは無いかと思って…ほんの10日前までは30度越えで、見たくも触りたくもなかったのにねー(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピーマンじゃないんだな、コレ。

100929

色も大きさもピーマンそっくりなコレは「ボタコショウ」という野菜で、とんでもなく辛いの!こしょうというより唐辛子的…ハバロネの種類なのかな?
コレひとつを適当な大きさに切り、オリーブオイルでにんにくと炒めパスタをからめたらペペロンチーノができるんだけど、コレを包丁で切った手で目元を触っちゃったら、痛いの何のって!本気(マジ)HOTなやつです。

このボタコショウは、先日行ってきた長野で地元の方がたくさん届けてくださったお野菜の中にあったもの。
このほかにもズッキーニや水ナスなど美味しいお野菜をたくさん頂いてきたのだけど、写真に撮る前に食べちゃった。

食材とか料理って、ホント写真撮るタイミングを逃しやすい。新鮮なうちに調理し、出来上がったらすぐ食べちゃうもんだから、なかなか記録に残せないのが残念です…

(九州在住のAさん~  明太子、アジの開き(身の厚いこと!)などなど、おいしかったですよ~!!あとラーメンも!棒らーめんって初めて食べました!)
(都内の島がご実家のSさん~  ラスク美味しかったです!ネーミングのとおりやみつきになりました!何度かいただいてる、いろんな種類のお塩もおいしくて、重宝してます!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2WAY

100927a
靴もバッグもコートだって2WAYが今年はたくさん登場してますね~
夏の終わりに瞬間お買い上げしたものもありますがコレはセルフメイドの2WAY。
去年からはいてる靴にレッグウォーマー(って今でも言う?)をプラスしてみたものです。

100927b

ニットのレッグウォーマーは315円!
この値段で2WAYを楽しめるとなると、ちょっと得意げにニンマリしちゃいました☆

100927

膝上まで伸ばしたり、くしゅくしゅしたりと調整ができるところが気に入ってます☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ポイントカード

100921

「ひとつだけやめてみる」の2年前のコメントに「ポイントカードを持たない」というのがありましたが、ソレ、私もです。
「ポイントカードを持たない・(勧められても)作らない・(ポイントを)集めない」と、非核三原則にも似た「非ポイント三原則」です。

お財布がカードでぱんぱんになるのも嫌だし、ポイントがつかない店舗で買い物したら損した気分になっちゃいそうなのも嫌なのです。
つまリ、自分がポイントカードごときに振り回されやすい人間だってことがわかっているからこその「非ポイント三原則」なのです。

ただ、美容室、まつ毛エクステなど履歴情報が付加されたものや、一度の買い物でドカンとポイントがつく家電量販店のカードは持っていて、先日、ヤ○ダ電機でカードリーダーとUSBを買うときに19000円分のポイントの記載があるカードを出しました。
もちろんお金は一銭も使わずにポイントを使うつもりでした。

が。しかし。店員はカードを読み取り機にかけると、こう言いました。
「このポイントは期限切れでございます。」
「先月末で1年間の有効期限が終わり、ポイントもゼロになりました」

その言葉に私は軽くショッーク。。
ふだんポイントカードを利用しないだけに、有効期限のことなどまったく頭に浮かばなかったんだもん。。

お金ではなく、カードに記載されただけの数字でしかないポイントのくせして、まるで19000円入りのお財布を失くした気分…
最初から、ポイントがなければ、こんな思いはしなかったはず…なんて、ショックを受けた自分にもショック。。(←まぎらわしいな、この表現)

なんて書けば書くほど、「ちっさいヤツだぜ自分」な出来事でした(ちぇっ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

突然参加。

1009nagano
英会話の先生から「明日からの連休、違うクラスの方々と長野の別荘に行ってますので、よろしかったらどうぞ」とお誘いをうけました。
以前から、まとまったお休みの時などは声をかけていただいていており、先生のご自宅ときたら洋書にでてくるような素敵さなので、別荘のほうも行ってみたいなーと思っていました。

正直、海外より国内旅行のほうが慣れていなくって、新幹線やらが不安な自分。
でも、このところの海外一人旅で、やればできるはずと、ちょっとした自信はついてきていたので、夫に「ね、明日とあさって、長野に行ってきてもいい?」と聞くと、「行っておいでよ~」って☆(ま、反対されっこナイとわかっていてのお伺いですけど・笑)

翌日の朝、「私も参加させてください~」と先生に電話。
先生たちは東京駅からの新幹線、私は大宮から。「もしかしたら同じ列車かもしれないわね☆」なんてかんじで電話を切り、着替えをバッグに詰め、ネットの路線検索で調べた経路をプリントアウトし、それを握りしめて家を出ました。

三連休ということもあり、池袋の「緑の窓口」は混雑していたけど、その横の自動販売機は誰も並んでおらず、駅員さんもいたので、新幹線の自由席の切符を購入。なんだ、簡単じゃん(って、駅員さんが全部ボタンを押してくれたんだけど・笑)

予想通り、大宮から乗り込んだのは先生たちと同じ新幹線。
始発駅から乗車した先生一同が私の席も確保してくれているというので、そちらへ移動。他のクラスの女子3名とと計5名での小旅行となりました。

別荘は、その昔、軽井沢とほぼ同時期に、外国人宣教師が開拓した辺りなので、日本の観光地とはまったく趣が異なる落ち着いた場所。
外観もインテリアも、ここ最近、宿泊した海外のホテルより、ずっと洗練されており、きゃきゃぁもんでした☆

先生は、レッスン時は怖くて怖くてしょうがないんですが(笑)、素敵な生き方をされてるなーと思わせるヒトです。
ご自宅も別荘も、そのライフスタイルというか生き方がインテリアに反映されていて、ワタシのみ初対面という集まりにもかかわらず、居心地の悪さなんて微塵も感じなかったのは、先生の人柄によるものが大きいと思います。

私より少しだけ年上かと思うのですが、自分より年上の素敵だなと思える女性に出会えると、これから年を重ねていくことが楽しみになります。


1009nagano2

写真↑
木立の中の白い別荘は絵本に出てきそうなかんじでしたが、中は外国のお宅みたい。洗練された大人のインテリアでした。
暖炉に火をともし、それぞれの年代の女子とガールズトークが深夜…つか、ほぼ朝方まで続きました。

朝食は広いテラスで、地元の新鮮なお野菜とフルーツと、先生が焼いてくれたパンケーキに、カッテージチーズとはちみつをたっぷりかけて(美味しすぎて、きゃぁ~♪…いくつになっても女子は、素敵な場所で美味しいものを食べるとこういう反応をするものです)

食器も、いちいち素敵だし、ダイニングでの夕御飯の時も、テラスでの朝食も、ささっとクロスをひろげたりするさりげなさが、上質なおもてなしってかんじでした☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひとつだけやめてみる*2

100916

「ひとつだけやめてみる」というのは、2年前に書いた記事。
自分や自分の生活を向上させたいときって、何か新しいことを始めがちだけど、イヤイヤそれよりも、あたりまえのように習慣になっていることについて、コレは本当に大事なのかと問い直し、案外、なくてもいいもんだったら、それをやめてみることも、生活を変えることに繋がるんじゃないか…といった内容でした。
えーっと、そうだな、やめてもいいんじゃないか?という、いくつかの例を↓に書いてみますね。

「自分の可能性を広げたくて新しい資格にチャレンジ→片手間じゃできない→生活に支障が出るし、結果を早く求めすぎ、達成できない自分に落ち込むみたいな資格取得の目的が不明確なこと」とか、

「健康のためのジム通い→トレーニングの後、仲間と飲むビールが美味しすぎる→ジムに行ってるのにビール腹」みたいなのがわかりやすい?(笑)

あと、そうそう、「モノであふれかえった部屋をかたづけたい→大きく中身が見えないような扉つきの収納棚を購入→棚のせいで部屋がせまくなるし、見えないので何が入ってるのか把握できない→しまい込んだモノの存在を忘れる→同じようなモノを買いこみ、またも部屋にあふれていく収納スパイラル…」

なんていうか、前向きな気持ちで始めたことなのに、かえって仇になってるようなことって、ありがちじゃないですか?

というか、もっと身近な例が、2年前の「ひとつだけやめてみる」に頂いたコメントにたくさんあった!ご興味ある方はコチラからどうぞ)


さて、この「やめてみたコト」は、いつしか、やらないのが当たり前の日常になっていくので、数年に一度くらい「やめてみる仕訳」をしたほうがいいかもと思います。

私の場合なんだけど、子供が大きくなってからは、晩酌が習慣になっていたんだけど、ご存じのとおりアルコールって摂取量がどんどん増えてくのよねー
で、今年の夏は暑かったじゃない?「第3のお酒」なんていうジュースより安くて本物のビールより美味しかったりするアルコール飲料がわんさかあったりして、飲まない日がナイ日々。
イエ、正直に言うと、この夏だけじゃなくて、ここ何年も、飲まない日なんて年に4.5回だったかも。

350ml缶だったら2本までとか決めてはいるんだけど、ワインだと1本あけちゃうみたいな日々が、年に360日。次の日にひびくこともないし、料理も美味しく入ってくもんだから、ずーっと、あたりまえのように飲んでました。

でも、年々、弱くなってる実感があるのです。
飲むと、睡魔が襲ってくる時間が、年々早くなっているのです。7時過ぎくらいがウチの夕飯時なんですが、お酒を飲みながらおかずをつつき、ヘタすると9時前に眠くなってしまう今日この頃。

仕事行って、帰ってきて飲んで、寝て、起きて、仕事行って、飲んで、寝て…の繰り返しに、なんか、もったいない時間の使い方してるんじゃないかい?と、おととい、突如思ったのです。

だから、昨日は飲むのをやめました。
おかげで昨晩は「アメトーーク!」を久びさ観れました☆
テレビを見たいわけじゃないけど、なんか、酔いつぶれて寝てしまう日々に疑問を抱けたところで、平日の晩酌はやめようと思います。金曜日と土曜日だけにしようと思います。(って、今日がその金曜だけど)

お酒がなくても楽しめるカラダになれるといいな。むふ☆

| | コメント (17) | トラックバック (0)

SWISS #15

100915

知らない街や通りすがりのお店など、行き当たりばったりに散策するのは旅行の楽しさであるけれど、多少の下調べをしないと安心できないのがトイレ問題。

ご存じのとおり、日本では駅や店舗で、あたりまえのようにトイレを無料で借りられますが、欧米のトイレはほぼ有料。トイレの入口に番人(?)がいて小銭を払ってからでないと中に入ることができないシステムだったり、無人のトイレの場合はコインの入れ口があったりです。

それでもスイスは無料の公共トイレがけっこうな設置数で心強かったです(だから、最初は国境越えの予定だったバーゼルでは、ライン川沿いで1日費やしたわけだ…トイレ問題への安心感で、ほかに移動したくなくなっちゃったんだと、あとで気がつきました)

実はワタクシ、便秘には縁がないけど、しょっちゅう、お腹の雷警報が発令中のヒトなので、トイレ問題は重要。今回のスイス一人旅も、トラム乗り場を探すよりも先に、トイレの位置を確認することから始まりました。

案の定、初日、駅からホテルへ向かうとき、お腹がきゅーっとしてきちゃって、スーツケースをガラガラひいて駅へ急いで戻ることに。
2フラン(180円位)ほどのコインを受付(?)の人に支払い入場。
清潔で着替えもできるほどゆったりとしているのですが、長時間の滞在は、どのくらいまで許されるのだろう?といったところが真っ先に浮かんだ疑問。
だって、お腹が落ち着くまで、動きたくないんですもの。結局、小1時間はそこのトイレにこもっていたかしら。。

なんて話を先週、英会話教室の若い女子にしたら、「一人旅でよかったですねー」って。
そっか!そうだよねー!
誰かと一緒の旅行だったら、相手に気をつかってしまいトイレに小一時間もこもるなんてできないもんね。たぶん家族でも、そういう状況だったら気まずくなるかもしれないなーと、彼女に言われ初めて気づきました。

100908rose1

ほんの1年前までは、ひとりで海外旅行なんて私にはできっこないと思っていました(初・海外一人旅は去年の9月のオランダ。ちょうど1年前でした)
海外旅行は好きで、安いツアーなどみつけると、家族や友人に声をかけていたのですが、なかなかスケジュールが合わない。

娘が結婚する前までは、何回か一緒に海外に行ったのですが、興味の対象が違うときなど、お互い、忍耐と譲り合い精神が必須。
旅行代金は母娘といえど各自負担なのに、会話は娘に依存しっぱなしで、たまーに娘から「ママって、ほんと何も喋ろうともしないんだから…」と、キレさせてしまったこともあります。

依存しっぱなしの自分が嫌だったことと、相手のスケジュールを考慮せずに、行けるときに行きたいというのが、一人旅をしようと思った一番の要因でした。

で、やればできちゃう。
あんなに「ムリムリ…」と思っていた事(日系じゃない飛行機とか乗継とか、チェックインとか買いものとか食事とか)が、すんなりではないにしろ、なんとかなっちゃうんだなーというのが、一人旅4回目にして実感することです。

ただ、問題点も。
旅行の手順みたいなことは「慣れ」でできちゃう、会話せずともできちゃうことが多いんです。慣れていないときは、ほんのちょっとの手順だって怖くって慎重になるから、出会う人ごとに聞いていたし(笑)、私のただならぬ焦りが伝わるのでしょう、聞かれた人も、一生懸命説明してくれたり、親身になってくれたものです。
が、このところ、あんまし喋ってないじゃん…て思います。見知らぬ人との会話も旅の楽しみのひとつなのに、話しかけられても、積極的に応えなくなっちゃった気がします…なんか、せっかくの海外旅行なのに、もったいないぞ!と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1枚目の写真:ホテルから駅までトラムに乗らず歩いていったときに通りかかったお店。いつも閉まっていて何やさんか不明のまま

2枚目の写真:チューリヒのとあるカフェのテーブルにあった薔薇。小さなショットグラスに花だけ挿してるのが潔い感じ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

USED BARNEYS NY

1009134gb

古着屋さんでみつけたバーニーズニューヨークのゴールデンバッグ。
この春夏使っていた、リメイクにリメイクを重ねたゴールデンバッグも使い倒し、だいぶヨレヨレになってきたところだしでチェンジするにはもってこいのタイミングでの出会い。
A4書類がぎりぎり入る大きさで、何よりも軽いのが嬉しいです。

中古といっても、ほぼ未使用に見えるキレイな状態で1000円とは、またも神様ったら、貧乏人に手を差し伸べてくれたようです^^

さらに、こんなアクセサリーを作ってみてバッグにつけてみたんだけど…うーん…あんまりしっくりきてないような?…このへんの「遊び」は、もうちょい練ることになりそうだな。うん。

100913gb2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハ-トブレイク

100913

ネズミはいなくなったと思うんだけどね、果物やパンなど出しとく踏ん切りがつかない今日この頃。
食べ物を出しといて、せっかくいなくなったヤツがふらりと来たりして、「あ、美味そうじゃん」って、また再び頻繁に来るようになったり、居座られたりしないかと思うと嫌じゃん。

で、写真の洋梨もね、買ってきて冷蔵庫に直行だったんだけど、切ったら、まぁ、かたいこと。梨の特色である水水しさゼロ。
熟さないうちに乾いちゃったような不運さを感じさせ、こんなにマズイ梨ってのも珍しいかも…って感心するくらい、かたくて味がなかったです。

もともと、ハズレの梨だったのかもしれないけど、ちっとは常温で熟させていたら、こんなに不味いことはなかったんじゃないかしらーなんて思ったり。

切り口のハート型も、ふだんなら愛らしく思えるのに、これはハートブレイクってかんじで、なんだか不憫…とりあえず、お砂糖で煮てコンポートだな☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SWISS #14

100910w1

                    絵本の挿絵のような絵は…


 
                    壁に描かれたものでした


100910w2

                 その隣には、花に囲まれた牛が…

100910w3

  チューリッヒのニーダードルフ通りは、不思議な面白さがありました

100910w4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長いお皿

100910

暑さが和らいできましたねー
ここ数日はクーラーなしで眠ることができて、喉のほうもほぼ完治。ご心配いただきありがとうございました☆

今年は猛暑の影響で秋刀魚が高値とのことでしたが、昨晩は1匹200円の生さんまに半額シールが!200円でも今年の相場では安いと思いますが、これで例年通りの値段でお買い上げできたとニンマリ。

ところが。秋刀魚に欠かせない大根おろしのために野菜売り場に行くと、大根が高っ!…今年は野菜も高値なのよねー
まるごと1本を買う気になれず、10cmほどにカットされたちびっこいの買いました。
主婦らしさ満々で買ってきた秋刀魚&大根おろし、美味しかったです☆

で、秋刀魚の写真は撮ってなくて、休日のお昼ご飯だったたこ焼きの写真なんですが、関連性はあるのです。昨夜はこの長方形のお皿で、秋刀魚を食べたから。

本来はお魚用ですが、食器の数が極端に少ない我が家では、このお皿、いろいろな料理に使ってます。
写真のようにたこやきだったり、お寿司やステーキにも。

このお皿、3枚とか4枚ならべ大皿のようにして唐揚げやサンドイッチを盛りつけたりもしますし、少しのお惣菜を、間隔をあけてオードブルのように盛りつけたり、なかなか使えるのですよ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SWISS #13

100polybahn1

ホテル周辺を散歩していたら小さなおうちのような建物に遭遇。
緑の扉からは、たくさんの人々が出入りしていて、こんな小さな建物なのに、いったい何人の人が入って行くんだろう?収容しきれるのか?というのが最初に感じた疑問でした。
だってねー、ほんとに小さいんだから。って言っても対象物の写っていない写真だから大きさがわかりづらいよね。えっと、そうだなー…駅の売店くらいの間口ってかんじかなー

この小さなおうちみたいな建物の左側に階段があったので下って行くと…↓

100polybahn2

ケーブルカーの駅だったのです。
私の中ではケーブルカーというのは、観光目的の乗り物という認識でしたが、ここは、目の前の大学とチューリッヒ市街地を結ぶための、学生や通勤者のためもので、地図には載ってるけどガイドブックには載っていないものでした。

少し調べたら、全自動運転で3分おきに、ここ谷駅とチューリッヒ中央駅から徒歩5分ほどバーンホフ橋を渡ったビルの中にある駅を往復しているそうです。
ごく稀に、鉄道マニアがやってくるそうですが、マニアの間でも穴場中の穴場だとか。

レトロな雰囲気の赤い車両と小さな駅。鉄道マニアではないけれど、この偶然の発見をしたときは、なんか、すごいものをみつけちゃった!という気分でいっぱいになりました(笑)


そうそう、以前、山手線の内回り・外回りって、どっちがどっち?みたいなことを書きました。
おんじりん♪ さんから、その解答をいただいてました。ちょうど、スイスへ行く直前だったので、お知らせするタイミングを逃してましたが、電車つながりの記事なのでここでご紹介を^^


おんじりん♪ さんからいただいたメールの抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、山手線の内回り・外回りの話がありましたよね?

ちょっと調べてみたら…

山手線、車と同じで左車線!という事が分かりました。

詳しくは…コチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TANKS!おんじりん♪ ♪さん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

まだ夏だよね?

100904

夏はね、大好きなんですよ。
毎年、夏の終わりがくると、「1年中夏でいいのに~」って本気で切望するのに、今年は「もう勘弁してくださーい。ホントまいりました」な気分です。

喉が痛くて処方してもらった薬、真面目に飲んでるのになんか効果が感じられないし、咳き込んで寝不足。って、ふだん、ラクラク眠れるヒトなだけに(お休み3秒って呼ばれてます)、ちっとの睡眠不足が辛く感じてしまうだけなのですけど^^

咳は、横になると出やすいよね?
こんなときだというのに、歯のクリーニングと、まつげエクステの予約を入れていたのです。
「今はむせちゃダメ」って思えば思うほど、喉に意識がいっちゃって、けっきょく診察やエクステ施工を中断すること数十回。
喉の調子がよくないときは、歯医者とエクステの予約は延期すべきと、今回悟りました。あと、ところてん。つるんとした喉越しはいいけど、お酢でむせかえる…今回このことも悟りました。


さて、この週末、家でじっとしているべきか迷ったんですが、熱はないし、昼間、忙しくしてるときは案外咳き込まないので、予定通りでかけることにしました。

土曜日は吉祥寺で用事を済ませ、みなとみらいでのゴスペルナイト(Rさんthanks!)
翌日は、東京都庭園美術館の有元利夫展(昨日が最終日だったの!)、白金台の「Adam et Rope’ Biotop」で娘一家と待ち合わせしランチ、その後、娘のダンナサマ企画による目黒から都立大方面のインテリアショップめぐりまで遂行。

うんと楽しんでしまったので、家に帰ってから留守番していた夫の前では咳こまないように我慢して、お風呂とか台所とかで隠れてコンコンしてたんだけど、隠し通せるわけもなく…背後から「なかなか治らないねー」って。そりゃ咳だもん。バレちゃうよねー

でも、そういうときって、「調子悪いのに出歩くから」って思われるのが一番嫌なんだもん。
「き…(げほっ)…昨日より…(ごほ、ごほっ、ごほっ)…ずっ…(うぐっ)…ずっと、よ(げっほん、げっほん)…良くなった(げほっっほっほ」って、むせびながら、あきらかな嘘をついてしまいました。
いいオトナのすることじゃないと思います。はい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

リボンをプラス

100903a

何年も前から使っているネックレスにリボンをプラス。
リボンの位置は首の後ろにしたり、斜め前に持ってきたり。リボンの長さも、うんと長くしたり、ブローチ風に短くしたり。
こんなことだけで、ずっと使っていたネックレスが新しいモノになったみたいです☆

100903b

さて、クーラーでノドを痛めてしまったようです。
この4.5日、えへん虫が住み着いたようで、こもった咳がとまりません。

が、さすがに、この熱帯夜。ノドによくないとわかっていても、クーラーや扇風機がないのもツライ。首を冷やさないように、でも、ほかは冷んやりさせたい。。。なんか不条理。。。
日中は、ノドのスプレーをしたり市販の風邪薬を飲んだりしたのですが、一向によくならずで、とうとう医者に行き薬を何種類かもらってきました。

まだしばらくは真夏日続きの9月とのこと。
皆様も体調などお気をつけくださいね☆

そうそう!現在、えへん虫に住み着かれてますが、5月頃に大騒ぎしたネズミはいなくなったようです。
通り道になっていそうな隙間をふさいだり、何種類かの殺鼠剤をしかけたりしたわりには、何が決め手となったのかはわかりませんが、7月の初めにはいなくなったんじゃないかい?と思うようになり、8月は、鼠のことなどすっかり忘れ、気がつけば9月です。
そろそろ、根野菜やパンはふつーに出しといても大丈夫かなーと思う今日この頃です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

無花果(いちじく)

100902

いただいた手作り無花果ジャム、今朝も食べてきたら、もう、こんなに少なくなっちゃいました☆(催促じゃありませんよ、Cさん。T美味しかったです。心からThanksです)

小学生の頃住んでいた家には無花果の木がありました。
けっこう背の高い木だったのですが、朝一番でその木に登り、無花果を収穫。皮をむいて冷蔵庫で冷やし、一番暑い午後の時間に食べるのが夏休みの楽しみでした。

夏の一時期だけとはいえ、一本の木からたくさんの実が次から次へ成り、熟しすぎないうちに採らなくちゃとあせるほど。
なので、その後、無花果の木がない家に住むようになってからも、お金を払って買うというのがピンとこない…先日は半額シールが貼ってあったので、やっと買う気になれました(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SWISS #12

100901ph

バーゼルのライン川です。
ドイツやフランスと隣接しているあたりで、川沿いを歩いていると、たしかにドイツ語のほかにフランス語も聞こえてきました。
もちろん私はどちらの言葉もわかりませんが、ドイツ語圏のチューリッヒから電車に乗って、この川沿いを歩いていると、不思議なもんで、なんか違うリズムの言葉が聞こえてきて、あ、フランス語じゃん?と思ったりはするのです。

ちなみにパスポートを提示すればどちらの国にも入国できちゃうという島国育ちの私には興味深い地域でしたが、旧市街のほうで時間を使いすぎ、国境越えは断念・・・というか、ものすごくお天気の良い日で、川越しに旧市街を眺めたり、川で泳ぐ人たちをぼーっと見ていたら、それだけで満足しちゃったってことなんですが(自分のペースで行き先や行かない選択ができるのが一人旅のよさなのです☆)

100901il

あまりのリラックスぶりのせいか、写真がボケボケ&ブレブレ。
スケッチ風に加工しちゃいました☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »