« 何が入っているのでしょう? | トップページ | 私の場所に »

よそいきじゃない写真

100623a

古くて狭い我が家の台所は、キッチンと呼ぶことすら抵抗がある安っちい雰囲気。
ステンレスが張り巡らされた壁、ビルトインじゃないコンロは昭和の安普請なアパートを彷彿させ、レトロという言葉でも、ごまかしきれないオシャレ度の低さ。

でも、少しだけ陽が入るわずかな時間は、古くて暗くて狭いこの場所が、少しだけ好きになれる。

100623b

|

« 何が入っているのでしょう? | トップページ | 私の場所に »

コメント

日の光って無意識だけど、だいじなものですね~

Whokoさんのおだいどころ 白(アイボリー?)
が基調ですっきりさわやか 我が家の台所をみて
反省しています。 手前のレースがとてもすてき!

投稿: SARAN | 2010.06.25 14:43

■SARAN さん
狭いから調理スペースを確保すると、調味料すら出しておけないコンパクトさゆえ…確かにすっきりです(笑)

投稿: whoko | 2010.06.25 16:00

この陶器のデュラレックスみたいなの、この前悩みに悩んで(というか手持ちが無くて・汗)諦めたのにそっくりです~。
ここで見たのも、何かの運命?!
やっぱり欲しくなってしまいました。笑

投稿: pinecone | 2010.06.25 19:04

whokoさん、こんにちは。

おうちは直すことが出来ない所って多いですけど
その中で「好きな一瞬」を見つけられれば
その一瞬を日々捕まえてハッピーに
なれますもんねー

私も昔住んでた賃貸の台所が、ダサイ総タイル張りで
高い所に小さい窓が一つというまるで独房!な台所で
大嫌いだったんですけど、朝日がキレーイに
差し込む数分間があることを発見してからは、
早起きして流しに寄りかかりながらコーヒーを飲むという楽しみが増えたことを覚えてます。
うん、確かにあの数分間はハッピーだった!
好きな一瞬を探せ!ですね

投稿: あっく | 2010.06.27 06:00

■pinecone さん
「陶器のデュラレックスみたいなの」は、コーヒーから紅茶、日本茶、冷たいドリンクまで、たいていの普段使いに対応してくれる重宝なヤツで、私も気に入っています
本物のデュラレックスと隣同士に置いた姿もなかなか好きな光景です

投稿: whoko | 2010.06.27 08:58

■あっくさん
陽射や影の陰影で、好きになれない場所が一瞬でも好きになっちゃうのだから、そういった自然のチカラは偉大ですね
そして、わずかな時間しか感じることのできないシアワセだからこそ、大切なひとときとなるのですね

投稿: whoko | 2010.06.27 09:20

ちなみに、コレどちらで?ってお尋ねしてもいいですか?
私が見たのは、フランスで買って来たもので、もう在庫限り!と言われたんです。
数が少なかったのも諦めた理由のひとつ。
whokoさんにもフランスで…って言われたら、すっぱり諦めよう…。笑

投稿: pinecone | 2010.06.27 20:57

■pinecone さん

フランス産なんてとんでもないのですだ。。
なんだか、期待を裏切るようでスゴーク書きづらいけど…でも正直にお答します(笑)

数年前でしたが、ナチュラルキッチンだかキッチンキッチンだかのオシャレ系100円ショップで買ったと記憶しています。
最近も売ってるのを見た気がするなぁ

投稿: whoko | 2010.06.28 12:03

いぇ~い♪ いいこと聞いた♪
早速チェックしてみます。100均ってすばらしいワ。
↑の胃カメラ、寝るに限ります。
起きてるままなんて絶対無理!

投稿: pinecone | 2010.06.29 13:42

■pineconeさん
はい。100均ってすばらしい(笑)
でもきっとおフランス産も素晴らしいはず(笑)

>胃カメラ

辛くて意識が朦朧としちゃうんだから、最初っから意識がない状態でできたらと私も思います。
これからは、「寝たまま胃カメラ」が主流になることを願ってやみませんわー

投稿: whoko | 2010.06.29 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よそいきじゃない写真:

« 何が入っているのでしょう? | トップページ | 私の場所に »