« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

さて、どうしたものか

100629

柔軟剤を変えてみたら、苦手な香りだった…
夫から苦情がでていないので、アタシだけが苦手な香りなんだな、きっと。
正直、(比喩ではなく)水に流して捨てちゃいたいんだけど、かなりの残量のため、そうすることに、なんだか勇気が必要。
で、どうしているかというと、ついつい量を減らして投入したりして。
でも、この方法じゃ、減るのが遅くなるだけじゃん!と気がついて、しかも、柔軟剤としての効果も発揮できないわけで、何やってんだってかんじです。

ちなみに、スアビテル、↑のボトルが苦手なタイプでしたが、以前使っていた↓のはぜんぜんキライじゃなかったので、まるっきり不安を抱かずに購入したのが失敗の原因。
同じブランドでも、サンプルで試さなくちゃ。これからは☆

100203

| | コメント (6) | トラックバック (0)

AGAIN・・・

100628

年に一回受診している健康診断で、メガネをかけて視力検査をしたら、なんと0.2。
ふだんはコンタクトレンズを使用しており、メガネはほとんど使わないので、見えづらいと感じてはいたけれど、さほど気にもしていなかったとはいえ、矯正して0.2とはひどすぎる。メガネとしての仕事してないじゃんってことですもん。

最近はメガネといえば、ほとんどがワンプライスのシステムなのですが、数年前に作ったワンプライス(5000円位のランク)のときは、歪みの少ないレンズを勧められ、けっきょくプラス料金で1万円位になり、ちぇっ、なんだよ~。。。と、いささか腑に落ちない想いをいたしました。

でも今回は「追加料金一切ナシ」というたい文句のJINSでオーダー。
ほんとのほんとに追加料金ナシ?と、少々疑いながら3990円のフレームを選ぶところが小市民ぽい自分。
ほんとのほんとにレンズをいれても3990円だったから、ほっとしたしだいです(笑)
(ちなみにの5990円以上のメガネが2000円OFF期間につき3990円でした)

さて、去年に引き続き、今年も胃と貧血でひっかかっちゃた。
胃のほうは、要精密検査の通知。つまり胃カメラAGAIN・・・。
去年、意識が遠のいたからな・・・
去年の恐怖AGAINな今日この頃。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

私の場所に

100625_2

かつて娘が使っていた部屋を「アタシが使う」と宣言して数カ月。
リビングなど共有スペースは、夫にも似合うよう部屋づくりをしてきたつもり(夫がどう感じているかは不明ですが)なので、この部屋は、思いっきり自分好みの部屋にしようと目論んでいたの。

が、しかし。その計画は、まったく進んでいなくて、カーテンすらない現状。
自分が本当に好きなものだけで部屋づくりをしようと思うと、時間がかかるのね、きっと。

休みの日なんか、ここにミシンをもってきてみるのだけど、部屋には娘が使っていたベッドとソファがあるのみで、机がなく、ソファの上にミシンに置いてるんだけど、座面て平じゃなくって傾いちゃってるから縫いにくいこと(笑)

100625a

2階なので日当たりは良好。
陽がさす加減が心地よく、カーテンなんかなくてもいいなぁなんて思っちゃうもんだから、私の部屋づくり、完成は程遠そうな今日この頃。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

よそいきじゃない写真

100623a

古くて狭い我が家の台所は、キッチンと呼ぶことすら抵抗がある安っちい雰囲気。
ステンレスが張り巡らされた壁、ビルトインじゃないコンロは昭和の安普請なアパートを彷彿させ、レトロという言葉でも、ごまかしきれないオシャレ度の低さ。

でも、少しだけ陽が入るわずかな時間は、古くて暗くて狭いこの場所が、少しだけ好きになれる。

100623b

| | コメント (10) | トラックバック (0)

何が入っているのでしょう?

100622inside

卵ケースに入っているのは卵じゃなくて…ボビンです。
あ、あとミシンのアタッチメントなんかも入ってます。

すごく便利な収納方法ってわけではないのですが、「ミシン関連のあれやこれやの細かいモノ入れ」として使っています。このケースを買ったときから、この用途で、かれこれ3.4年になるってことは、不便でもないってことのようです。

100622inside3

見てのとおり、収納しようと思えば、もっと、たくさん入るのですが、瞬時に使いたい色の糸が判別でき、絡まず取り出せるのには、このくらいが丁度よいようです。

そう、以前は、もっとボビンがあったのですが、だいぶ処分しました。
こういう小さいものほど、スペースを圧迫してるわけでもないので、意識して処分しないかぎり、溜まっていきやすい(気がつけば何年も使ってなかったり)

収納って、多くのモノをキッチリしまうより、ゆとりがあるほうが使いやすいし、管理もしやすい。なくても済んじゃうモノってたくさんあるなぁと、モノを減らすほどに実感。これこそが捨てフェチの快感なのです^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

エクステンション*ワンピ

100620onep1

木綿の黒いワンピースが欲しくて、来月になったら始まるセールまで待とうかと思っていたところ、コットンフィールド(吉祥寺の生地屋さん)で、メーター1050円のカットワークの木綿の生地と遭遇。
1.5mもあれば縫えちゃうな…ってことは1575円ねっ☆と購入。
デコルテのひらき具合が気に入っているワンピを基に、ざっくり型紙をおこして作りました。

ところが、出来上がりは、少しばかし丈が長い…
カットワークを活かした裾なので切るわけにもいかず、胸の切り替えのところから、ほどいて縫い直すしかないあなぁ、なんてことになったのだけど、せっかく、ここまで縫ったのだから、ほどかずに丈を短くする手段はないかと思案。

で、思いついちゃいました!

100620onep

写真A:カットワークより10cmほど上に、40cmのリボンの中心をちょんちょんと縫い付ける(ちなみにリボンはぐるりと6箇所につけましたが、もう少し増やしてもいいと思います)
写真B:カットワークの穴にリボンを通し、持ち上げるように結ぶ

ちかごろバルーンタイプ(というのかしら?)の裾の服をよくみかけ、その様々な方法をみるにつけ、ほぉ、こういうふうにするんだと感心していた手法の一つです。
ジーンズとあわせるときは、少しばかし丈を短く、ワンピのみで着る時はそのまんまの丈で、みたいな調節ができます☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

姿のよいもの

100618b

英国王室御用達のH.R HIGGINS(ヒギンス)の紅茶。美味しいのはもちろんですが、気取りのないパッケージが素敵です。
紙の袋の質感、紺色のロゴマーク、袋の上部を折込み麻ひもで簡単に結んであるだけなのに、どこからみても実に姿がよいのです。
このさりげなさ、ラッピングのヒントになりそうです(ロンドンのAさん、感謝です!)

100618a

日本ではコチラで買えるようです→

| | コメント (6) | トラックバック (0)

独り占め

100617tomato2

果物みたいに甘ぁいトマトを、また頂いた(thanks!Aさん)
箱を開くそばから、口にほおりこんでしまう美味しさで、夫も「ホントこれ旨いなー!」と嬉しそう。
美味しいものは人を笑顔にするチカラがあるらしく、「こんなに美味しいんだから、お義母さんにも持って行ってあげなくちゃねー」「うん。オフクロ喜ぶよ~」なんて、なごやかな会話をしちゃったり^^

このトマト、美味しい上に、小ぶりで食べやすい。
冷蔵庫を開けるたびに、ひとつ、またひとつと口に入れ…気がつけば、お義母さんに届けるつもりだった週末には、影もカタチもナッシング。ほぼ私ひとりで完食状態。

100617tomato1

6、7歳の頃でしたか、冷蔵庫に半分に切られたスイカがあり、台所へ行くたびに、そぉっと冷蔵庫を開き、包丁でスイカの切り口を薄ーーくスライスしてこっそり食べてました。

1、2回目のスライスは問題ないのですが、調子に乗って何度もスライスするうちに、半円だったスイカに微妙に角度がつき扇形に近いカタチに。。。
こ、このへんでやめておこう、、、とビビりました。

母や姉が笑いをこらえて「ふーちゃん、冷蔵庫のスイカ、なんだか小さくなってくね~」と言ったとき、バレバレの犯行だったと気がつきました(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ハンカチの端っこ

100614furifuri1_2

ちかごろお取り寄せグルメ界では「端っこ」がでは、大人気なんですってね!カステラやケーキの端っこだけを詰め合わせ安価に提供、店頭には並べられなくとも、ネット通販などで自分ち用に買う人が、たくさんいるんですって。
端っこでも美味しさは変わらないものね^^

さて、ギンガムチェックの大判ハンカチ2枚でベビーのワンピースを縫ったところ、ハンカチの端っこの三つ折り縫い部分で、フリフリ・フリルを作ろうと思い立ちました。
うちのミシンにも、一応、三つ折り縫いのアタッチメントはついているのですが、ハンカチなら最初っから端が三つ折り縫いですもん、利用しない手はないですもん☆

100614furifuri2

フリフリは、別布で作ったオーバーパンツの後ろに3段重ねに。
いわゆる「見せパン」ってやつですね(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

お礼とお知らせ

1006131

先日、記事にしたネズミ害については、たくさんの情報をありがとうございました!
いただいた情報をもとに、穴をふさいだり、駆除グッズを試してみたりしておりますが、まだ、いなくなってはくれません。あの手この手の攻防戦を繰り広げております。

写真は先週撮影した花なのですが、今朝なんと、1輪だけ花びらがない状態でガラス瓶の外に↓
散った花びらの形跡は1枚もなく・・・食料はすべてしまっていたから、とうとう花びらまで食べた模様。。。。ウチには食べ物がナイことを学習し、いなくなってくれないかしらと願っています。

1006132

さて、家ではネズミと攻防戦を繰り広げていたところ、ネット上でも迷惑な書き込みが多発していた週末。目にされた方もいらっしゃるかと思います。(この件でも、心配や励ましのお言葉を多数いただき、ありがとうございます。心より感謝です♪)

管理画面から、通報して削除の方法をとっていましたが、IPアドレスを変え複数を装って投稿してくるため、その対応策として、コメント公開を一旦保留する「認証公開」の設定にいたしましたので、お知らせいたします。

投稿いただいたコメントは、管理者が承認するまで公開されずに保留されますため、公開まで少しお時間をいただくことになりますが、スパム対処のため、どうぞご理解ください。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (16) | トラックバック (0)

いいねっ!

100610iine1jpg

横浜チョコレート「赤い靴」は、横浜のおみやげメイドインヨコハマの商品。
可愛いでしょう~☆ 赤い靴チョコの下にティーパックを置いてみたのは、その愛らしいサイズをお伝えしたかったからです^^

このチョコのパッケージは他にも数種類あるようで、今回送っていただいたのは、クレイジーケンバンドの「イイネ!」バージョン(笑)
同じく「イイネ!」のメモパッドもいただいちゃいました。


100610yokohama1

さて、この遊び心のあるおみやげを、遊び心をこめて送ってくれたSさん(thanks!)は、1児の母で、息子の年齢のほうに近い年の離れたお友達です。お酒を愛するところ、小心者であるところ、モノづくりが好きなところが共通項でしょうか^^
その彼女、小さな子供がいても出来る範囲での活動を、ゆるゆるとなさっています。アクセクしてないところが彼女らしくステキなところです☆

今度の日曜日は「品川てづくり市 」に出店するそうです。

2010/6/13(日) 9:00-16:00 品川神社境内にて
JR品川駅高輪口から徒歩15分/京浜急行新馬場駅北口から徒歩1分だそうです。ご興味ある方はどうぞ☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

LOS ANGELES #12

1005laeat1

多くの日本人が、海外旅行をひとりですることに躊躇する第一の理由は「言葉」であろうかと思います。
先日、知人から「ひとりで行けるなんて、さぞかし英語が上達したんだねー」と言われ、思いっきり否定する自分。小さい嘘は日々つくとはなしにつきますが、こればっかりは、ほんのちょびっとの嘘もつけません。
といっても、正直者ではなく、小心者だからですけど。

いつまでたっても、英語力はありませんが、何回か一人旅行を試みるうちに、空港でのやりとり、地下鉄やバスでの移動は、まぁ、なんとかできるようになりました。

いまだに苦手だなーと思うのは、レストランやカフェでのチップです。
ガイドブックによれば「合計金額の10%から15%を」とあり、その金額を計算はするのですが、スマートに支払えたことがないのです。
たいがいは、テーブルに置かれた伝票の上にチップをプラスした金額を置き、サンキュ!といって立ち去るのですが、おつりが欲しい場合は?カードで支払う場合のチップは?と、食べている間も、ドキドキします。
(↑の写真はパサディナのレストラン)

なので、スーパーで食品を買いホテルで食べるか、ファストフードで食べることがほとんどです。

↓は、サンタモニカのメキシカンなファストフード店で注文したタコス。
セットメニューを指で指したところ、何やら組み合わせがあるらしく、いろいろ聞かれたもんだから、ぽっかーんな私。店員さん、この忙しいときに、てなカンジで一瞬イラっとした表情をみせました。
言葉の不自由な旅行者には、ちょっと、シュンとしてしまうシチュエーションですよね。

1005laeat2

値段の割には、たいそうなボリューム(牛・鶏など三種のタコスにお米と豆の煮ものがどっちゃり)のセットメニューを食べていると、さっきレジでやりとりした店員さんが、店内清掃をしながら近づいてきて、ニコっとしながら「このセットでよかった?おいしい?」と聞いてきてくれました。
ああ、気にかけてくれてるんだなーと思って、嬉しかった一瞬です。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

くき

100608kuki1

             つぼみも花も愛らしいけれど、茎もすき。


100608kuki2

   だから、 きっぱり切りそろえた茎がみえるガラス瓶に挿すのがすき。            

100430

| | コメント (6) | トラックバック (0)

つぼみ

100606tubomi1

そのまま花瓶に挿すと、いかにも和っぽいというか、下手すると仏花にみえちゃう菊。
枝を小分けするように短くすると、仏花のイメージが緩和されるような気がして、もっぱらこの方法を取り入れている。

とはいえ、この方法、花瓶に挿せないくらいのおチビちゃんたちもできちゃう。
5cmにも満たないくらいだし、開くかどうかわからないつぼみだしで、捨てちゃうこともあるんですが、今回は、つぼみだけ集め、ボンヌママンの最小サイズに挿してみました。


100606tubomi

花はふちだけピンクのこういう菊。さぁて、小さい茎の小さなつぼみたち、開くかなぁ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

にぼしの梅煮

100606katakutiiwasi1

いただいた香川みやげのカタクチイワシの煮干(thanks!Y・Mさん)
そのままてべても美味しいのだけど、身のしっかりした姿があんまり立派だったので、梅干と一緒に煮てみたら、案外美味しい一品に☆

100606katakutiiwasi2

煮干を鍋に入れ、ひたひたのお水と、梅干と、ちょっぴりのお醤油でさっと煮ただけ。
ビールのおつまみにしたのだけど、白ゴマなんかふりかけて、お茶漬けにしてもよさそうです^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

叶った夢

100604_2

おとな買いならぬ「おとな食い」というのでしょうか?
子供の頃、さくらんぼ一箱を、全部ひとりで食べてみたかったの。

今年は美味しいさくらんぼがとっても安価。子供の頃の夢、叶いました(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

LOS ANGELES #11

1005labr2

可愛い家たちでしょう?
前庭に芝生って、まさに私のアメリカンハウスのイメージ。
向こうに広がる青い空にパームツリーが見えるところがLAぽいのかな?

がしかし。実はこういう可愛い住宅を見に来たわけじゃなく…

ここは、メルローズ、ラ・ブレアのあたり。
最先端のファッション発信地とガイドブックに書かれていたので、やってきたのに…なんか、ものすごくひっそり…↓

真っ青な空。降り注ぐ日差し。お天気は良好。時刻は午後2時を過ぎた頃。朝早くでも夜遅くでもなく、一番、活気づく時間帯のはずじゃぁ…?まさか、お昼寝する習慣があるのかしら?…とまで思わせる通りでした。
たしかに小さな個性的なSHOPがたくさんあるのだけど、賑わっていないと、いまいち、店内に入る気もしなくって(汗)、けっきょく、最先端のお店より、アヴェニューの裏の住宅街の家々に嬉々としたのでした(笑)

1005labr3

さてここメルローズ、ラ・ブレアに着くまでも、すんなり事は運びませんでした(笑)
ダウンタウンからは10番のバスに乗るのだけれど、またもバス停がみつからない。気がつけば隣駅まできちゃっているし、やっとの思いで乗り込んだら、途中で「ここで降りて」と言われるし…

外の景色は閑散とし、何が何だかわからぬまま、必死の思いでナゼかと聞くと、このバスは目的地まで行かないから、次にここに来るバスに乗り換えて、というようなことを言われたのでした。

目的地のバス停名(たいていが交差するふたつの通りの名前でこのときは、MELROSE AVE/LA BREA AVE)を言い、スペルを書いたメモも見せ、ドライバーに確認し、行くというから乗ったつもりなのに、どうしてこういうことになるんだろう?・・・と、つべこべ言っても始まらない(何より私の語学力では伝わらない)ので、そのバスを降り、次のバスを待つことにしました。

ダウンタウンから、この10番のバスが走ってきた道は、かなり、うらぶれた感が漂っておりました。なんかね、さびれた町並みで、住宅も、商店も、手入れをしたのは前世紀みたいなイメージ。といっても、決して嫌いじゃないのですよ。
LAに到着した日、空港から地下鉄に乗ったとき見た光景(地下鉄と言っても地上を走ってましたから)も、素っ気ない光景でした。
華やかな歓迎ムード全開の観光地も、それとは真逆の、よそいき感のないところも、両方垣間見ることができると、不思議なことに満足感は倍増するのです(笑)

そうそう!アメリカのバスの降車を知らせるアイテムは、日本のようなブザーボタンではなく「黄色いロープ」なんです。
車内に張り巡らされた黄色いソレをグイっと引っ張ると「Stop Requested」とアナウンスと表示が現れるという、とってもアナログちっくなものです。
これを初めて引っ張ることができたのが、初めてのお使いなみに嬉しかったことです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同居は嫌っ!

100603

最近の我が家の片付き具合ときたら(…そんな日本語ないか?)、まぁ~さっぱり。
出しっぱなしのナイ我が家。収納の達人から段位をもらえそうなくらい。

この間なんかね、お風呂に入っているときに、あ!テーブルの上に、買ってきたばかりの食材ひとつが出しっぱなしだったわ!と、バスタオルを巻いて、それを冷蔵庫にしまったりして、はたから見たら、几帳面すぎるくらいな今日この頃。

というのはね、なんか、2階で物音がするなーと思った翌朝。
寝ぼけまなこでトーストを焼こうと食パンをみたら、ちんまりと一口ほどの穴。
もう、はっちゃんたら、なんて食べ方するのよ!と、キレそうになった矢先、リンゴもまた同じように少しだけ食べた跡が…

はっちゃんが、こんな食べ方するわけないか
だったら、いったい何事??????

初めての体験に、昨夜の不審な物音の件が脳裏によみがえり、は!もしや!?と、パンの周囲を見れば、小さなフン?・・・・きゃぁぁぁぁぁああああーーーーーーね、ね、ね、ね、ねずみだぁぁあああ・・・・と気づいたわけです。

被害はそこだけにとどまらず、物入れの中にしまってあったLAの空港で買ってきたチョコレートやキャンディまでも。(えー今まで、海外旅行のお土産が送られてきたアナタ。今回、何も届かないのは、そういうわけなんです。。。)

以来、食べ物を置いておけない家になってしまって。。
ちょっとでも油断すると、やられちゃうんだもんだから、冷蔵庫や棚に入れられるものはすべてしまう、そんな日々。
今まで常温保存していた、じゃがいも・玉ねぎは蓋つきの箱に、食パンは冷凍し、食べるとき解凍。バナナやリンゴも常温保存していた私には、冷蔵庫で冷えたバナナって食べる気しないのよ(涙)

ちなみに、写真は、パンをいちいち解凍するのが面倒で、食べきりサイズのシリアルに頼る最近の朝食風景。

ああ。。。ちゃっかし、うちに住み着いた様子のネズミさん。もう、うちには食べれるものはないって、早く気付いてくれないかしらと熱望する今日この頃。

もし、ねずみと同居した経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どのように決別したか教えてくださいませませ。。。。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

A Year of Mornings 3191 Miles Apart

100602a

LA旅行から帰ってきてすぐ、一時帰国中のAさん(ロンドン在住)とお会いする機会がありました。
写真に映っている本は、彼女がロンドンのアンソロポロジー(ここでも出た!アンソロポロジー!笑)で見つけプレゼントしてくれた写真集「A Year of Mornings  3191 Miles Apart」です。

3191マイル離れた場所に住む二人の女性が日常を切り取った写真を毎朝撮り、それぞれの写真を毎日一つのブログにアップしていく。それらの写真は、何の事前打ち合わせもないものなのに、似たような題材だったり、2枚を並べるとつながったラインができたり(それも、一方は糸で、一方は枝だったり!)

このプロジェクトが評判になり、彼女たちが撮った1年間をまとめたのがこの写真集なのですが、ものすごくイイのです。
それぞれの日常…食べかけのお皿だったり、雑然としたキッチンだったり、積み重ねられた書類だったり、猫だったり、空だったり、木々だったり、洗濯ものだったり…を、淡々と切り取って撮っている感じが、心地よいのです。

この写真集、私も誰かにプレゼントしたい!と思うくらい素敵です。
Aさん、宝物をありがとう☆
現在、この写真集は枕元が指定席。毎朝、その日の日付の写真をみつけ、それからベッドをでるのが習慣となりました。


100602b

さて、Aさんとは、WEB上で知り合い、リアルな世界でお会いするのは初めてでしたが、彼女は想像していたとおり、とってもチャーミング!その上、とっても美人さん☆
Aさんとの楽しい会話の中で、「オフ会とか出席したことがなく、ネットで知り合った人と会うということも、今までしてこなかったのだけど…」という話題になり、なんとはなしに、自分もそうだったなと、ネットを始めたばかりの頃が頭に浮かんできたのでした。

その頃の私は、「顔の見えない、声の聞けない関係はいくらだって嘘がつけるから、ネット上での付き合いは信用できない」と思っていたんじゃなかったっけ?
だから、深入りせず、オフ会に参加することも企画することもなかったし。

それなのに、いつしか、ネット上での関係なのに、どうして、嬉しかったり、うろたえたり、傷ついたりするのだろうという疑問がおき…やがて、WEB上でも現実世界と同じように人間関係が築けるのでは?と、思うようになったのでした。

現実の世界でも、嘘をつく人も嫌な人もいるわけだし、不思議なことに匿名性のあるネット上で、どんなに丁寧な言葉を使おうと、内面は隠し通せるものではなく、むしろ、雰囲気や人柄はネット上の文面のほうがにじみ出安いくらいではないか、なんて思うようになりました。

ちょっと話はそれますが、嘘は誰しもつくものだと思います。その嘘が自分を良く見せるためだけのものならば悲しいかぎりで、虚構を演じやすいネット上でそれをやるとしたら、かなりイタイタしいものだという実感はあります。

あと、距離感。人間関係を維持するために不可欠なのが距離感で、ネットでも現実でも大事な要素だと実感しています。
これは相手にもよるし、タイミングにもよるものなので、私の場合は動物的な感に頼っているのが現状ですが(笑)

冒頭の写真集は、直接会うことは、ほとんどないにもかかわらず、濃密な繋がり(一見そうは見えないけれど)を持つことに成功した二人のようであり、直接会うことだけが、関係を築くことではないことを証明しているようでもありますね☆

| | コメント (14) | トラックバック (0)

The more the merrier.

100530akari2

100530akari1

ありあわせとはいえ、好きなモノだけで作った照明に、さらに、ジャンラ*ジャンラのアクサリーを追加。
もっと追加したら、もっと良さそう♪と、ジャンラ*ジャンラ気分が高まっている今日この頃。

100530akari3

ちなみに、タイトルの「The more the merrier」は、「より多ければ、もっと楽しい」みたいな意味だそうです。
例えば、友人を夕食に招待したら、招かれた人がさらにその友人も連れてきちゃって、「急に人数増えちゃったけど、いいかしら?…」なんて気を使う場面を想像してください。
そんなとき、招いた人が「The more the merrier(より多ければ、もっと楽しい)」なんて言ってくれたら、みなhappy♪…てなカンジで使う素敵な言い回しだと英語の先生が教えてくれました^^

だが、しかし。ただいま、またも英語学習伸び悩み実感週間。
いつになったら、そんな楽しい会話ができるのだろう。。。はぁ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LOS ANGELES #10

1005laanthro2

またもANTHROPOLOGIE(アンソロポロジー)ネタです。
ここはビバリーヒルズの店舗。有名なロデオ・ドライブから徒歩5分位の場所、SOUTH BEVERLY DRIVE 沿いにあるお店で、外壁はお花のデコレーションで覆い尽くされておりました。

さて、問題です。このお花の正体は?

thinking time…5…4…3…2…1

答えは、なんと、なんと、ペットボトル☆
セレブな街のビバリーヒルズで、エコなディスプレイに驚かされました^^
こういうのって、ただ吊り下げると、オシャレでもなんでもないチープさ漂うディスプレイになりがちですが、これだけの量を大胆に、なおかつ色合いなどは繊細に考慮したのではないかしら。
遠くからでも、優しい色合いのお花に包まれたビルは目を惹き、店名が見えなかった時点で、あそこがANTHROPOLOGIEだろうと直感しましたもん!

1005laanthro1

店内のグリーンのガラス瓶で作った照明は圧巻。ピンボケ写真が悔やまれますが、廃材であるガラス瓶の美しさを知っている人がコレを作り、その意外性や楽しさを共有できた気がして嬉しかったです。

1005laanthro3

同じ店舗内には、こんなカラフルなディスプレイもありました↓

1005laanthro4

いやぁ、アンソロポロジーってスゴイですね。
世界屈指のブランド店が並ぶロデオドライブより、私には楽しめました^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »