« The more the merrier. | トップページ | 同居は嫌っ! »

A Year of Mornings 3191 Miles Apart

100602a

LA旅行から帰ってきてすぐ、一時帰国中のAさん(ロンドン在住)とお会いする機会がありました。
写真に映っている本は、彼女がロンドンのアンソロポロジー(ここでも出た!アンソロポロジー!笑)で見つけプレゼントしてくれた写真集「A Year of Mornings  3191 Miles Apart」です。

3191マイル離れた場所に住む二人の女性が日常を切り取った写真を毎朝撮り、それぞれの写真を毎日一つのブログにアップしていく。それらの写真は、何の事前打ち合わせもないものなのに、似たような題材だったり、2枚を並べるとつながったラインができたり(それも、一方は糸で、一方は枝だったり!)

このプロジェクトが評判になり、彼女たちが撮った1年間をまとめたのがこの写真集なのですが、ものすごくイイのです。
それぞれの日常…食べかけのお皿だったり、雑然としたキッチンだったり、積み重ねられた書類だったり、猫だったり、空だったり、木々だったり、洗濯ものだったり…を、淡々と切り取って撮っている感じが、心地よいのです。

この写真集、私も誰かにプレゼントしたい!と思うくらい素敵です。
Aさん、宝物をありがとう☆
現在、この写真集は枕元が指定席。毎朝、その日の日付の写真をみつけ、それからベッドをでるのが習慣となりました。


100602b

さて、Aさんとは、WEB上で知り合い、リアルな世界でお会いするのは初めてでしたが、彼女は想像していたとおり、とってもチャーミング!その上、とっても美人さん☆
Aさんとの楽しい会話の中で、「オフ会とか出席したことがなく、ネットで知り合った人と会うということも、今までしてこなかったのだけど…」という話題になり、なんとはなしに、自分もそうだったなと、ネットを始めたばかりの頃が頭に浮かんできたのでした。

その頃の私は、「顔の見えない、声の聞けない関係はいくらだって嘘がつけるから、ネット上での付き合いは信用できない」と思っていたんじゃなかったっけ?
だから、深入りせず、オフ会に参加することも企画することもなかったし。

それなのに、いつしか、ネット上での関係なのに、どうして、嬉しかったり、うろたえたり、傷ついたりするのだろうという疑問がおき…やがて、WEB上でも現実世界と同じように人間関係が築けるのでは?と、思うようになったのでした。

現実の世界でも、嘘をつく人も嫌な人もいるわけだし、不思議なことに匿名性のあるネット上で、どんなに丁寧な言葉を使おうと、内面は隠し通せるものではなく、むしろ、雰囲気や人柄はネット上の文面のほうがにじみ出安いくらいではないか、なんて思うようになりました。

ちょっと話はそれますが、嘘は誰しもつくものだと思います。その嘘が自分を良く見せるためだけのものならば悲しいかぎりで、虚構を演じやすいネット上でそれをやるとしたら、かなりイタイタしいものだという実感はあります。

あと、距離感。人間関係を維持するために不可欠なのが距離感で、ネットでも現実でも大事な要素だと実感しています。
これは相手にもよるし、タイミングにもよるものなので、私の場合は動物的な感に頼っているのが現状ですが(笑)

冒頭の写真集は、直接会うことは、ほとんどないにもかかわらず、濃密な繋がり(一見そうは見えないけれど)を持つことに成功した二人のようであり、直接会うことだけが、関係を築くことではないことを証明しているようでもありますね☆

|

« The more the merrier. | トップページ | 同居は嫌っ! »

コメント

ステキな出会いだったんですね~
ご本は表紙から想像しただけですが、私もほしい本です。
アマゾンのようにクリックして立ち読みした~い

距離感はほんと大事ですね~ 家族、友達、それが保たれれば楽しい人間関係が続くのでしょうね!

投稿: SARAN | 2010.06.02 12:00

素敵そうな本でアマゾンで手に入るんですね!
頼んじゃいましょうか?(^_^)
ネット上のおつきあいについて、私もwhokoさんに賛同します♪
一事が万事ですが、知らないことに関して人は批判的になりやすいですね。
自戒しないとな、って思います。

投稿: てんこ | 2010.06.02 14:01

whokoさん

遅ればせながらLAよりおかえりなさい!
そして私もおかえり!です(笑)わはは。

LA旅行、どれも素敵で全部にコメントできないので、
まとめて「ス・テ・キー!」ということにします(笑)
後から日付を遡ってコメント入れるかもしれませんけど、その場合whokoさんにはコメントしたこと分るのですか?
恥ずかしー!アナログなもので(笑)

投稿: あっく | 2010.06.02 17:52

ロンドンであえなかったpuppyです
このブログ、ちょっとのぞいてみましたが、本当に素敵な写真がいっぱいでわくわくします。あとでゆっくり堪能します。

ロンドンでは会えなかったので、本当に残念でしたが、「会いませんか?」と言ってくださったこと、ホテルにお電話して、声が聞けたこと、本当に貴重な嬉しかった思い出です。

アンソロポロジー、リージェントストリートで検索してみたら、さっそくヒットしました!ありがとうございます!!キングスロードにもあるそうなので、涼しくなったら行ってみたいです。

投稿: puppy | 2010.06.02 22:42

↑のブログ、ホント楽しそうで
わたしもお気に入りにいれました♪
教えて頂いてありがとうございます(o^∇^o)ノ

わたしも、いつも不思議に思うのが、
ネットで文字だけでやり取りしている方たちのこと__
表情も、声の調子や抑揚など、
何もわからないのに、
見えるし聞こえる気がすること。
文字だけの世界なのに、
1人、1人のキャラがかぶらず、ちゃんとあることw

ネット上のマナーとかもありますし、
わたし、常識外れなことしてないかちょっぴり心配です。
気がついたら、教えてくださいね!w σ(^_^;)

投稿: くるみ | 2010.06.03 09:07

ステキな出会いがあったのですね。

ステキな出会いが出来るのも、
whokoさんがwhokoさんらしくこの日記を綴っていること。
やはり、これが大きいのだと思います。
もし、偽りの自分を書いているのならば
出会う人もそお偽りの自分を通して感じてくれる人と
出会うはずですし。

本当に人柄がでる。と思います。
だって、どれだけブログがあるかわからないのに、
色々な方のを読んでみたりするのだけれど、
1日、2日読んだら、心にヒットする、しない。って
感じるんですもの。

whokoさんのはもちろん真ん中ズドン!という
感じです。

投稿: kotokoto | 2010.06.03 12:17

■SARANさん
ホントに素敵な本です!
(ダジャレじゃありません)
週末は吉祥寺○○カフェにて、どうぞよろしくお願いします

投稿: whoko | 2010.06.03 13:44

■てんこさん
ふふ!この本、ホントおススメです♪
ネットでもリアルでも、てんこさんとお付き合いできて大変うれしく思っています

投稿: whoko | 2010.06.03 13:48

■あっくさん おかえりなさい
【まとめて「ス・テ・キー!」】声明、ありがとうございます
後から日付を遡ってコメント入れて下さっても、はい、認識できますよ~

投稿: whoko | 2010.06.03 13:52

■puppy さん
お会いできなかったのは残念でしたが、お声を聞けたし、いろいろアドバイスをいただき感謝でした
いつかまたロンドン方面格安ツアーを見つけた際は、またご連絡いたしますので、お会いできるといいなと思っています

投稿: whoko | 2010.06.03 13:54

■くるみさん

くるみさんは、ブログやコメントから、とっても可愛らしい気持の人だという印象があります。
常識外れなんてことはまったくなく、むしろ、文面を通して相手を思いやることのできるくるみさんを見習いたいくらいです

投稿: whoko | 2010.06.03 13:57

■kotokotoさん

kotokotoさんと、こうやってお話できることも素敵で嬉しいことです
出会えたことに感謝です。これからも、この出会いを大事にしていきたいなーと思います。そうぞよろしくです

投稿: whoko | 2010.06.03 14:04

whokoさん、ご無沙汰しています!
私も大ファンのお二人の記事があって、思わず書いています。
今はもうなくなってしまったport2portの方のブログに、よく通っていました。(今はmavさんのつくるカードショップだけになっています)
ほんとに素敵な写真ですよね。
私もここを訪れるたびに、いい気分になってました。
mavさんが他の方と一緒に作っている、LINES&SHAPESという小冊子もすてきですよ。
私は一年間購読しました。
日本だとfogさんのサイトで扱われているようです。
どちらかが住んでいらっしゃるPortland, Oregonは隣町なのですが、こんな素敵に暮らしている人が近くにいると思うだけで、ちょっとうれしくなっちゃいます。
知り合いではないのに・・・(^^;;
3191の写真集も欲しくなりました。

そして、ネット上でのおつきあい、距離感のお話、私もとても同感です。
顔や表情のわからないやりとりは、ついつい慎重になりますが、すてきな出会いもたくさんあります。
私もそれに気がつくまでは時間がかかりましたし、それでもまだ、慎重なところはあるかなぁと思っています。
自分が持つ勘、というのは私も一理あるような気がしていて、この人とはなんだかつながりを感じるなーと思うと、途中でたとえ連絡があくことがあっても、またふとつながったりして・・・決して多くはないけれど、私もネットを通じていい出会いをさせてもらっていることに感謝です。

すいません、長いコメントになってしまって・・・
私はあいかわらず、毎日双子育児に奮闘中です!

投稿: hitomi | 2010.06.07 03:29

■hitomi さん
お忙しい中コメントをありがとうございます
私は、ほぼ毎日@noteを拝見しております~
ツインズちゃんたちの様子、インテリアのこと、美味しいもののこと、楽しませていただいてます。ありがとうございます☆

それにしても、さすがhitomi さん!
ブログの頃からご存じだったんですね~
ほんとうに素敵な写真。被写体の選び方がさりげなくって、それでいて空気感はしっかり伝わってきます

お会いしたことのないhitomi さんのサイトやブログからの空気感も私には大事な刺激となっています。
なかなかお伝えする機会がないので、ここで書かせていただきました
これからもどうぞよろしくお願いします

投稿: whoko | 2010.06.07 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A Year of Mornings 3191 Miles Apart:

« The more the merrier. | トップページ | 同居は嫌っ! »