« LOS ANGELES #2 | トップページ | LOS ANGELES #4 »

LOS ANGELES #3

1005labus

左の720とあるのはメトロラピット720番のバスの運行表(日本の時刻表すら読み方がわからないくせに、とりあえず持ち帰ったものの、やっぱり解読不能でした)
右上のTAPというのが日本のSUICAのようなチャージできるプラスチック製のカード。
右下のMetroとあるのがチケットで、バスも地下鉄も1回1路線が1.25㌦。
5㌦のほうは、デイパスといい、1日何回でもバス・地下鉄に乗車できるお得なチケット。

1ドル(US)は約90円だから、1.25㌦は110円位、1日乗り放題のデイパスが450円位。空港からホテルまでの送迎を旅行代理店に頼むと片道9000円。タクシーだとダウンタウンまで5000円位と聞いていたので、公共機関の乗り物を利用したら、どんだけ安いかってことです。

地下鉄は車内アナウンスもあるし、駅名もホームにしっかり表示されているし、乗換案内も分かりやすく困ることはなかったのだけど、問題はバス。
バスとバス停には番号表示があるのだけど、目的のバス停がなかなかみつからず、いろんな人に聞いてみたののだけど、けっこう皆知らなくって(車社会ゆえ、自家用車率が高いのかもしれません)、それでも、一生懸命チカラになってくれようとする。

交通量の多い交差点で大柄な男性に尋ねているときなど、たまたま720番のバスが走っていたので、「あ、あのバス!」と指差すと、なんとその人、車道にはいりこみ、走っている720番のバスを止め、運転手さんに「どこから乗ればいい?」と聞いてくれたりしたことも(笑)

さて、なんとかバス停にたどりついたものの、反対方向だったりする危険もあるので、バスを待つ男性に「サンタモニカへ行くバスはここで待てばいいの?」と聞くと、彼も同じところに行くと言う。

さらに、デイパスを買うつもりで握りしめていた5㌦札をみて、「たぶんデイパスはストアでしか買えないと思うよ…このカードならチャージしてもらえるけど」とポケットに入っていたTAPをみせてくれ、「細かいのを用意しておかないと、おつりはくれないよ」とアドバイスしてくれる。

バスに乗り込むと、その男性は最初、運転手と何やら話していたのだけど、しばらくすると二人分が座れるスペースができたので一緒に座ることに。

だからと言って、あれこれ聞いてくることはなく、英語がほとんどできない私に、ストレスにならない程度の会話と笑顔で安心させようとしてくれる。
サンタモニカまでは1時間ほどかかったのだけど、その間、彼のおかげで、どれだけ不安が取り除かれたことか。
窓の外の景色を楽しむ余裕ももてたのは、ほんと、彼のおかげです。

さらに、目的地に着いたとき、「向こうがビーチだよ」と教えてくれながら、ポケットからTAPを取り出し、「これで今日1日、いろんな所に行くといいよ」と私に手渡してくれた。

あ!と、そのとき気がついた!
乗り込んだとき、運転手さんと何やらやっていたのは、自分が持っていた空のTAPにチャージしていたんだ!そして、それを別れ際に、こうやってプレゼントしてくれたんだ!

もちろん「お金を払います」って言ったのだけど、絶対に受け取ろうとせず「たくさん楽しんで!」と、ビーチとは反対方向へ行ってしまった。
なんか、もう、ウルウルきちゃうんだけど、「サンキュ、サンキュ」としか言えない自分が悔しくなるくらい嬉しい出来事でした☆

|

« LOS ANGELES #2 | トップページ | LOS ANGELES #4 »

コメント

年をとってくると、涙腺が弱く___(笑)
不覚にも涙がポロリです。
ホントにナイスガイですね♪
どれだけ嬉しかったことでしょうね!
わたしの場合、
子どもが小さい頃に受けた親切がとてもありがたく、
同じ人には返せないけれど、
いつか子どもに手がかからなくなったら、
困ってる若いママに手を貸そうって思いました。

投稿: くるみ | 2010.05.21 19:48

■くるみさん
うんうん!ナイスガイでした!

>いつか子どもに手がかからなくなったら、
困ってる若いママに手を貸そうって思いました。

はい。私も同じ気持ちです。
観光に来ている外国の方のちょっとした手助けができればとも思います。(現状は英語力が力不足ゆえ、なかなかうまく伝わらないのですけど

投稿: whoko | 2010.05.24 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOS ANGELES #3:

« LOS ANGELES #2 | トップページ | LOS ANGELES #4 »