« これでもいいんじゃないかと | トップページ | 素材もチカラもあわせました »

映画備忘録2010.2-3

100318entertainment
1月にアバターを観て以来、映画館には行っていない。
去年の今頃は、試写会がバンバンあたり月に何本も観に行っていたのだけど、モテ期ならぬアタリ期が過ぎ、めっきり試写会から遠ざかり・・・というか応募してないんだから当たるわけないか(笑)

写真は去年12月に行ったロンドンの「ヘアスプレー」の看板がある劇場。映画では観たけれど、この劇場のはミュージカルでしょうね。
ロンドンのホテルでは、シャーロックホームズ公開直前だったようで、メイキング映像が頻繁に放映されており、今までのホームズとは違ったセクシーさに、うんと惹きつけられました(笑)。ちなみにワタシ、ロバートダウニーJrよりジュードロウが好き♪
シャーロックホームズNINEは、映画館で観ようと思っています。

さて、英画館には足が遠のいておりますが、実は、この2月3月は、Yahooの無料動画GyaO!で、けっこうな数を観ていたのです。
忘れないよう備忘録を(…すでに、忘れてるのもありますので、覚えているのだけ)

「マーサの幸せレシピ」
ドイツ映画でハリウッド版でリメイクされた「幸せのレシピ」のオリジナル。
いやぁ、よかったです~♪とても良質な映画だったので、ハリウッド版を観るのが(がっかりしそうで)コワくなってしまうほど^^

「戦場のピアニスト」
長いよーーーと思いながらも途中でやめることができないほど引き込まれてしましました。人間があそこまで残酷になれることが恐ろしくもありましたが、再生できる強さや尊さも感じました。

「真夜中のサバナ」
若かりし頃のジュウドロウが出てるのね!びっくり!サバナという土地柄から紡がれる人間関係など興味深く観れ面白かったです。

「オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド」
すごくいい映画というわけではないけど、オドレイ・トトゥの魅力で成り立っているような映画。けっこう好きです。

「愛してる、愛してない…」
こちらもオドレイ・トトゥ主演。映像もきれいだし、脚本もひねりがあって面白かったのですが、やはりオドレイ・トトゥで成り立ってるというのが否めない映画でした。

「猟奇的な彼女 in NY」
うーん。。。無料動画だから、まっいいか、が感想。
彼女の猟奇的というか、自分勝手にな振舞の理由づけに説得力がないからなー。。。。

以上2010年2.3月に観た映画備忘録でした。

|

« これでもいいんじゃないかと | トップページ | 素材もチカラもあわせました »

コメント

昨日 シャーロックホームズを見てきました。
いままでにないホームズ像、テンポはよかったのですが、
結末が。。。

デップファンとしては来月はアリスを見にいく予定です。

試写会は最近はあたらないとおもうので最近は申し込んでいないなあ

投稿: SARAN | 2010.03.18 16:47

■SARANさん
おお!観てこられたんですか!ホームズ!
なになに…「結末が。。。」
「アリス」も観たいです^^

投稿: whoko | 2010.03.19 09:31

オドレイ好きですが、「愛してる、…」は怖かったです。

ところで、×「忘備録」→○「備忘録(びぼうろく)」ですね。
「ぼうびろく」では変換できないです。

最近では誤用が多くて、どちらも載せている辞書もあるようですが…

投稿: | 2010.03.20 19:09

■ななしさん
備忘録!なのですね!
早速修正いたしました。教えていただいてありがとうございます。

「愛してる、…」は、前半の彼女の言い分(思い込み)と後半の事実の対比、最後の退院シーンなど、ほんとうに恐ろしかったです。
きれいな映像だけに怖さをより感じました。

投稿: whoko | 2010.03.21 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画備忘録2010.2-3:

« これでもいいんじゃないかと | トップページ | 素材もチカラもあわせました »