« LONDON #6 | トップページ | LONDON #8 »

LONDON #7

0912cotswolstree2

コッツウォルズのはちみつ色の壁は植物との相性がよい。
緑の美しい季節なら、なおいっそう美しいのであろうけど、灰色の空の下、凍える季節の枯れた蔓さえ、生命力を感じさせる。

0912cotswolstree

茶色になってしまった蔦からも、力強さと温かみを感じてしまうから不思議。


0912cotswolstree3


「コッツウォルズ・ハイライト巡り1日観光」は、ロンドン・ピカデリーサーカスのロンドン三越前から8時出発、所要時間は約10時間。
羊毛マーケットで栄えた「ストウ・オン・ザ・ウォルト」、リトル・ベニスの別名を持つ「ボート・オン・ザ・ウォーター」、長い坂の一本道の両側に可愛らしい店が並ぶ「バーフォード」をめぐるコースで、クリームティという紅茶・スコーンに、チーズやバターのように濃~い生クリームが添えられたおやつ(?)つき。料金は大人59£(日本円で約8千円)

正直、参加前は、決められた時間どおり団体行動なんてイヤだなと思っていたのだけど、車で目的地へ連れて行ってもらったら、まったくの自由行動で、時間的にもけっこう余裕があったので、当初のイメージ、いい意味で覆されました^^

早朝7:45集合のため、中心部から離れたホテルからだったので、7時過ぎにホテルを出て地下鉄でピカデリーサーカスへ。地下鉄を上がって地上に出てもまだ暗かったなぁ。ネオンがキラキラしていて夜みたいだった。

集合場所に、すでに何名か集まっているのを確認後、時間に余裕があったので通りの向かいのスーパーマーケットでパンと飲み物を朝食に購入。
ちなみにホテルのブレックファーストは7:30-10:30だから、その日は食べられなかったの。食べられなくても惜しくない朝食というのは、こういうときにいいわね(笑)

終盤のクリームティのとき、同じツアーの方々とお話ししたんだけど、新婚さんカップルひと組、ロンドン留学中の息子さんと訪ねてきたお母さまのカップルひと組、単身赴任のご主人のもとへ遊びにきた奥様ひとりと私とガイドさんという構成。
どうしてロンドンにきたかを聞かれたので、35,000円の格安ツアーをみつけちゃってと言うと、ロンドン在住のガイドさん、「私もネットでロンドン6日間35,000円をみたんだけど、まさか直行便で、本当にそのツアーがあったなんて!」と、そのツアーでやってきた私を目の前にし、心底驚いておりました(笑)

|

« LONDON #6 | トップページ | LONDON #8 »

コメント

素敵ですね!
はちみつ色の壁には、どんな植物も似合いますよね。
コッツウォルズがガーデニングツアーも多いと聞きます。
日本人が多いというのもわかりますね^m^
春や夏は花が咲き乱れて素敵なのかも・・・でも、きっとたくさんの日本人に遭遇することになるんでしょうね^^;

はちみつ色の壁に、赤いドア、植物のグリーン・・・色合いが綺麗ですね♪
昔オランダに住んでいた友人は、Xmas休暇はどこもお休みで閑散としてると云ってましたが、イギリスのXmas事情も気になります(*^_^*)

投稿: KEY | 2009.12.24 23:25

また来てしまいました。
クリームティーもついてたなんて、お得ですね。
ロンドンで高いお金払って、アフタヌーンティーするよりも、田舎でクリームティーを頂く方がずっといいですよ!濃いクリームはクロテッドクリームですね。私もたまにスーパーで購入して食べます。脂肪分がすごいので、調子に乗って食べるとぐんぐん太ります。。。。

投稿: puppy | 2009.12.25 01:12

■keyさん

お返事遅くなりました。なんだかずっとエラーだったの!
コッツウォルズはガーデナーの聖地のようですね。ガーデニング用品のお店、結構あったと思います。キッチングッズも多かったから、主婦や引退後のご夫婦、つまりは我が家をくつろげる空間にしようとする方が多く訪れる場所なのかな~と思いました。

イギリスのクリスマス事情はわからないのですが、ふだんは6時頃しまってしまうデパートなどもこの時期はクリスマス商戦で夜遅くまで営業してましたよん♪

投稿: whoko | 2009.12.25 16:40

■ puppy さん

お返事遅くなって申し訳ありません。やっとエラーが解消されました^^

>濃いクリームはクロテッドクリームですね

はい!それです!名前を忘れてしまってました(笑)
イギリスは乳製品が優秀らしいですね。
牛乳だけでも3種類あり、色分けされていると聞きました。
クロテッドクリームは、うん、絶対カロリーは高いと思いました

投稿: whoko | 2009.12.25 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LONDON #7:

« LONDON #6 | トップページ | LONDON #8 »