« LONDON #5 | トップページ | LONDON #7 »

LONDON #6

0912cotswolds1

カラフルなロンドンの次は、いわゆるロンドンらしいロンドン、白いクラシックな建物に赤いバスみたいな写真をご紹介するつもりだったのですが、先にCOTSWOLDS(コッツウォルズ)を。

見どころはたくさんあるロンドンですが、1日くらい郊外へも行ってみたく、ウインザー城のあるほうか、コッツウォルズ方面か迷ってました。
「ウインザー城は、入場料がわりと高いので、ロイヤルファミリーに興味があるならヨイけれど」という在英pさんのアドバイスがあり、だけど、「コッツウォルズは村々への移動が大変なのでツアーがオススメ」というアドバイスは、在英pさん・aさんからあり、ロンドンに着いた翌日、コッツウォルズツアーを申し込みました。

0912cotswolds3

コッツウォルズ は、イングランド中央部に広がる丘陵地帯であり、サマセット州、オックスフォードシャー、ウィルトシャー、ウォリックシャー、ウスターシャーの各州にまたがっており、かつては羊毛の交易で栄えていたそう(コッツウォルズとは「羊の丘」という意味)。
黄色みを帯びた「蜂蜜色の石」「ライムストーン」と呼ばれる石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った建物群が特徴的で、「英国で一番美しい はちみつ色の村」と呼ばれているそうです。

えーこういうことは、さすがツアー。ガイドさんが説明してくれました。
なんでもね、人気の観光地といっても、年配のイギリス人と日本人に大人気な地で、他の国の人はめったにこないそうです。
この日は、朝のうちの霧が雨に変わり、冷え込む1日となり、いつもより観光客は少ないとのこと、日本人は私たちツアーの7人以外見かけませんでした。

ストウ・オン・ザ・ゥォルト、ボート・オン・ザ・ウォーター、バーフォードの3か所を回るコースでしたが、まぁ、どこも、かわいらしい村。

先にも書きましたが、たくさんの州にまたがるエリアに、はちみつ色の村々が点在しており、バスの本数も少なさそう。個人でまわるのには車がないとキツイでしょうし、ましてや寒い日。ツアーにして正解でした。

ツアーは初めての体験でしたが、旗を持ったガイドさんが先頭に立ちぞろぞろついていくタイプのものはなく、車で移動し、ついたら、まったくの自由行動だったので、気も楽でした。

0912cotswolds2

コッツウォルズは猫が似合う村な気がします。
犬もいたんだけどね^^
たくさん写真を撮ってきたので、他の写真はまた今度☆

|

« LONDON #5 | トップページ | LONDON #7 »

コメント

はちみつ色の村! なんてステキな表現なんでしょう
雨の後だったのかしら?赤い扉もとてもはえていて
いい感じですね~

wHOKOさんひとりたびに馴れて余裕がでてきたように
思えます。
ステキな写真ありがとう!

投稿: saran | 2009.12.24 13:33

■ saran さん

こちらこそ、見ていただきありがとうございます
はちみつ色は雨にぬれると深みをまして、寒いのに温かみを感じました。
旅慣れはしていないのですが、楽しむ余裕はでてきたようです^^

投稿: whoko | 2009.12.24 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LONDON #6:

« LONDON #5 | トップページ | LONDON #7 »