« いよいよ。 | トップページ | LONDON #2 »

LONDON #1

091218a

ただいま!ロンドンから昨日帰って来ました!
ヒースロー空港着後、真っ先に買ったオイスターカード(suicaのようなもの)で、中心地から離れたホテルというロケーションでしたが、たくさんの名所ににいくことができました。
ウエストミンスター・ピカデリーサーカスに、リージェントst.・カーナビーst・オックスフォードst。コベントガーデンやチェルシーのほか、ロンドンから離れたコッツウォルズも行けたし、ああ、もう、毎日が充実していて、何からお伝えしようかと悩んじゃうほど。

えーっと…出発前の私のロンドンに対するイメージは、上の写真のような色味の少ない街の印象で、それはそれで想像通りで、由緒ある建物に赤い2階建てバスや電話ボックスが映えるステキな場所でありました。
が、意外にもカラフルな街並もあったり、そうだ、宿泊したホテル周辺は観光地ではなく、活気のあふれる商店街と閑静な住宅地(煙突のある家々の可愛らしいこと!)でした。

空港から地下鉄で1時間強。そこから徒歩3分で着くはずが、かなりの方向音痴。何人もの人々に道を訊ね、30分かかったのは、私ならやりかねないと思っていたとおりの想定内の展開です(笑)

ホテルは写真下のとおり、外観はクラシックな雰囲気。
でも、部屋はスタッフ自ら改装したのでは?と思うほどチープで、朝食も今までで一番チープ感漂っていました。なんたって、コーヒーがスティックタイプのインスタントで、自らお湯を注ぎ、はて、ミルクは?と探すと、どでかいボトルが置いてありましたから(笑)
でも、清潔だし暖房やお湯など設備面はしっかりしていたので快適。ましてやロンドン6日間直行便で35000円という破格の料金設定で、これはかなりアタリだと思います。
(ちなみに燃料サーチャージャーやひとり部屋料金は追加されますので、35000円ぽっきりでいけたわけじゃありません。念のため^^)

091218b

このホテル、値段や場所柄からみてわかるとおり、格式ばってないわけでフレンドリー。つか、微笑ましいくらいの「ゆるさ」があります。

ホテルへついた日の夜のことでした。
シャワーを浴び終わったとき、部屋をノックされ、なにやら声が聞こえるのですが、「着替えているから、あとにして」なんて高度な英会話がとっさに出てくるわけもなく、そのへんにあったものをとりあえず身につけドアをあけると、「電話がかかってきているから一緒に来て」とのこと。そうです。ここ、客室に電話はないのです。

なんだかものすごい格好(上はパジャマっす…)のまま廊下を歩きフロントへ。
スタッフの彼は満面の笑みでドアを開け、受話器を差し出してくれました。
私はフロントの中でパジャマ姿で通話・・・(pさん、つまりそんな状況の中の電話で、とんちんかんな会話になっていたらゴメンナサイ)

ちなみにこの電話は、ロンドン在住のかたからで、お会いすることになっていたのですが、赤ちゃんが予定より早く生まれたとの連絡。退院したばかりなのに、お気遣いありがとう。無事ご出産のBIGニュースを聞け嬉しかったです^^

電話が終わった後も、彼は笑顔で、いろいろ話しかけてくれるのだけど、私はフロントの中でパジャマ姿という状況が居心地悪く、お礼の会話も上手にできず、手ぶらできちゃったからチップを渡すこともできずなんだけど、彼はまったく問題なしとニコニコ。

翌日も、違う方から電話があり、また彼が呼びにきてくれ(その間フロントは無人となります)たのだけど、前日の件で学習したらしく、一旦電話を切ってから私を呼びに来てくれたよう。さらに、フロント内の電話の前に椅子を持ってきてくれ、ここで座って待つようにと。
少しすると電話があり、とりついでくれたので話し出すと、彼はふらりとフロントを出て行ってしまったのです!

ええ?!いいの?!フロントにあたしだけ残して離れちゃっていいのか?なんて、あせっていたら、案の定、チェックインの家族連れが来たりして…!

身振り手振りで、私はスタッフじゃない。スタッフはあっちへ行ったとか指差しながら電話…(Aさん、そんな状況での電話、気づかずに失礼があったらゴメンナサイ)
家族連れの家長らしき人が「はやくチェックインしてくれ」とせかす中、階段から降りてくる彼をみつけ、お客だから早く戻ってきてと手を振るも、彼はあせらないんだなー。いつでもニコニコ。

なんかね、最初はお金がないから安いホテルでもしょうがないという気分だったんだけどね、格式あるホテルじゃ、たぶんアタシくつろげなかったかも。
この緩ーいホテル、私にとっては五つ星でした☆

|

« いよいよ。 | トップページ | LONDON #2 »

コメント

お帰りなさーい
何だかハリーポッターに出てきそうな1枚目ですね。それにホテルはまるでwhokoさん家のよう。それにしても35000円って・・安っ
私も行きたかったなあ(笑)
海外に行くと、フロントのお姉ちゃんが、いくらお客さんが並んでいても話をしてたりして・・・早くうといらいらするのは日本人位なんでしょうかね

投稿: RUMBERA | 2009.12.18 21:13

whokoさん

ロンドンは昨日から雪で(大した事ないけど)ヒースローは混乱中です。タイミングよく帰国出来てよかったですね!

フロントの彼に「呼んでくるから2分後に掛け直してねー!」と明るく言われた時は(下宿みたい!)と笑いそうになりましたが、なんかホンワカしててイイ感じでしたよね(笑)。お湯がちゃんと出たなんてラッキーですよー!

かわいいBaby服、買えましたか?


投稿: あっく | 2009.12.19 02:10

whokoさん

おかえりなさい!

お楽しみの第一話(笑)始まってました♪

本当に格安のを見つけられたんですね。ビックリ!
しかも、ホテルはチープと言いながらも
暖かい雰囲気で楽しそう~~

また楽しみに2話を待ってますよ~

投稿: ひろりん | 2009.12.19 13:06

whokoさん

おかえりなさーい!

今頃なにをされているかしらん?と
思いを馳せたりしておりましたが、
とても楽しく過ごされたようでなによりでした♪

困ったとき、ご主人のお顔が浮かびましたか?^^


投稿: くるみ | 2009.12.19 13:08

おかえりなさい!
来週かえられるのかあとおもってブログをのぞいてみて
びっくりしました。

お電話のエピソード頭の中で映像をリピートしてみました。
おもわず ニヤニヤしちゃいました。

今回もいい出会いがあったようで 次回が楽しみです!

投稿: SARAN | 2009.12.19 21:07

■RUMBERA さん
ふふふ。この時期直行便で、その値段、びっくりでしょ。
街で制服を着た子供たちをみたときは、本当にハリーポッターの魔法学校の生徒たちのようでしたよ

■あっくさん

帰りの空港で雪が降ってきたのをみました。30分ほど出発が遅れましたが、雪の影響はそれだけですみました^^
それにしても、いろいろとありがとうございました!
お電話いただいたときは、嬉しくって、もっともっと話しに集中したかったのですが、上記状況中(笑)
電話が終わった後も、フロントの彼は、「君の友達?」「何か問題があるの?」などなど、質問攻めでした(笑)

Baby服、可愛いのをたくさんみつけたのですが、けっよく選びきれず購入せずでした

■ひろりんさん
ただいま!
チープなホテル、ほんとうに我が家のようにくつろげました(笑)
たぶん一流どころのホテルだったら、かなり緊張したんじゃないかしらと思ってしまいました。
しょせん庶民です

■くるみさん
ただいま!
困ったことは、今回、さほどななかったのですが、スーパーでビールやチーズを買うとき、夫の顔がうかんできました。
この安さ、きっと大喜びするだろうなと

■SARANさん
ただいま!
英会話が得意ではない私、特に、とっさの一言がまったく出てきませんでした。
けど、嫌な感じにならなかったのは、フロントの彼のひとなつっこさ、人柄のよさが伝わってきたからでしょう

投稿: whoko | 2009.12.20 16:24

おかえりなさい!
今回も冒頭から素敵な写真☆
カラフルな街並みや商店街・住宅街の写真も楽しみです♪
それにしても、直行便で¥35,000(@_@;)
しかもフレンドリーなホテルなんて、超当たり☆でしたね~!
なんだかwhokoさんの旅には、いつも温かな人柄の方たちが登場するなあ・・・やはりwhokoさんが、そういう方たちを引き寄せるパワーがあるのかなあ?

投稿: KEY | 2009.12.20 23:58

待ってました!!welcome home!!

旅のしょっぱなの
エピソードを読んでいるだけで
文面からもうそれはそれは楽しくて、
充実した様子が手に取るように
伝わってきて、こちらまでhappyな
気分になってきました。

#2~も楽しみにしています

投稿: kotokoto | 2009.12.21 10:30

■KEY さん

間違いなく安いですよね~
たぶん国内旅行6日間だって35000円じゃいけないのでは?と思います^^

人とのつながり、うれしいですよね。
もっと英語ができたら、、感謝の気持ち、もっともっと伝えられるのに、と思いました

■kotokoto さん
いろいろと情報をありがとうございました!
おかげさまで、ほんとに楽しく過ごすことができました
チープな旅ゆえに、危険にならない基本的なことなど、やはり、旅慣れた方や現地の方からの情報が、とても役に立ちました

投稿: whoko | 2009.12.21 14:37

whoko様

こんにちは。これからロンドン滞在記、読めるのですね~~、わくわくです。

ホテルの方がいい感じで良かったです。でも、そんな状態だとは、想像もしませんでした!てっきり、お部屋に繋いでくれてると思っていました。
しかし、そのゆるさがロンドンです。(多分。。。

投稿: puppy | 2009.12.22 07:18

■puppyさん!
きっと、お電話お待たせしていたはずですよね。ごめんなさい
でも、お声を聞けてほんとにほんとに嬉しかった!!!
電話を通して、生まれたばかりの可愛い赤ちゃんの声(泣き声)も聞けたなんて、もう、スゴイことですよ!
大感激でした

投稿: whoko | 2009.12.22 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LONDON #1:

« いよいよ。 | トップページ | LONDON #2 »