« マシンに敬礼。 | トップページ | 小芝居。 »

一束の唐辛子

091127_2

お花屋さんで、一束500円で売られている唐辛子。
目に鮮やかなその束は、キッチンに吊るし、料理につかうときは、ひとつふたつ、実だけとっているのだけれど、我が家では2年はもつからコストパフォーマンスも優秀。

091127b_2

買ってきたばかりの頃は青々としている茎も、ドライフラワー色になり、鮮やかな赤は深みを増していく。
辛さは、2年たっても健在。

|

« マシンに敬礼。 | トップページ | 小芝居。 »

コメント

そろそろ晩御飯の準備しなくちゃいけないのに、
今日もここにおじゃましちゃってるわたし^^

吊るして保存って見た目的にも可愛いし、いいですねー。
whokoさんところのようにすてきなお家だと
余計絵になりますね!
それに、目に入るところにあったほうが、
存在を忘れないし、使い勝手もいいですよねb

投稿: くるみ | 2009.11.27 17:27

お久しぶりです。
唐辛子のまっ赤と青々とした茎の対比がまさに自然の芸術作品ですね。
植物っていつも思うけどすごいです。

病の為に辛い物禁止になってしまったわたくしは
ただひたすらこの補色の奇跡に見とれるだけにしときます。

投稿: てんこ | 2009.11.28 13:59

始めましてwhokoさんの作品の大ファンになりました。私もhandmade大好きなのですがwhokoさんの足元にも及びませんすごいです。只者ではないなと本当にワクワクしながら拝見しています^^¥100shopであんなに素敵なものが出来るなんて尊敬しきり。。。ブログ全部見てないのでこれから楽しみが増えました^^センスのよさに脱帽です。色々参考にさせてもらってます。
lohas、リネン、コットン、アンチーク、花、ネイルアートetc..大好きな京都娘の
pinkheartでした^^

投稿: pinkheart | 2009.11.29 01:56

■くるみさん

くるみさんがおっしゃるとおり、まさに「目に入るところにあったほうが、存在を忘れないし、使い勝手もいい」と、この束を買ってくるようになりました。
ウチ自体は、ちっともステキじゃないんですけど。ちょっとした写真マジックですわ

■てんこさん

体調がよろしくないとのこと心配しておりました。
だから来てくださって、とっても嬉しい!
私はてんこさんの痛みや苦しみをわかってあげることはできなくて歯がゆいのだけれど、てんこさんの「自然の芸術作品」「ただひたすらこの補色の奇跡に見とれるだけ」など、てんこさんならではの感性あふれる言葉をみれて、さらに、さらに、嬉しくなりました

■pinkheartさん

はじめまして。
わ!うれしいこといってくださる。ありがとうございます^^
京都にお住まいなんですね。
旅行で一度しか行ったことがないのだけれど、今の季節、きれいでしょうね~
これからもどうぞよろしくお願いします

投稿: whoko | 2009.11.29 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一束の唐辛子:

« マシンに敬礼。 | トップページ | 小芝居。 »