« ラジオ放送のお知らせ | トップページ | 欲張りすぎ。。 »

いくつかの部屋には

090907
初の海外ひとり旅まで10日をきってしまいましたが、準備らしい準備ができていない今日この頃…って、いつものことなのです。
NYのときも、パリのときも、ミラノ・ローマのときも、行きたいと思った勢いだけで、そのとき見つけた一番安いツアーをチョイスするため、予約完了したときは既にキャンセル料が発生する時期という急な計画になりがちです。
特定の国に熱い思い入れがあるわけではなく、ただなんとなく、どうせ行くのならヨーロッパかアメリカという漠然とした願望のみで、日程と金額に折り合いがつけば…といったかんじです。

実は、8月にシルバーウィークの海外旅行状況を調べたとき、けっこうな高額料金だし、空きもほとんどなかったのであきらめていたのです。
が、おそらくキャンセルがあり、再び募集をしたのを、たまたまみつけ…すでに出発まで3週間くらいのときでしたた。

通常、航空券とホテルがパックになったツアーは2人部屋が基本なので、一人で行く時はプラス一人部屋料金で3万円から5万円くらい加算されるので、どんなに基本の旅行代金が安くとも割高になるのです。
ところが、このツアーは、直行便でないことと、三ツ星ホテル指定ではありますが、破格の料金設定で、一人部屋料金加算分もかなり安く、燃料サーチャージャーもゼロ。
台北乗継でアムステルダムへ行くのですが、当初、成田-台北間の飛行機が満席でキャンセル待ち。別の航空会社を使うプランも勧められましたが、プラス5~6万円となるので、安さ重視の私としてはキャンセル待ちに賭けました。
そして、やっと先週、ひとつ前の成田-台北間のチケットならキャンセルが出たとの連絡をうけ(台北空港での待ち時間が長くなってしまいますが)契約成立となりました。

その後、旅行会社から送られてきた書類の中の、ホテル詳細で「客室のいくつかはエアコン付です。禁煙室もリクエストを承ります」という文をみつけました。

え?客室のいくつかはエアコン付きってことは、エアコンなしの部屋があるの!?
いくら安いツアーだからって、そんなホテルがいまどき???
しばらくして気がつきました。英文を訳しているのです。

「客室のいくつかはエアコン付です。禁煙室もリクエストを承ります」の、もとの英文は「Rooms with air conditioning and for non-smokers are available on request.」つまり「Rooms」が「いくつかの部屋」と訳されているのですね~ そのことに気づいて、あらためてパンフレットを読むと面白いの!

■ホテルの外観については「これといった特徴のないモダンな建物」
■2007年に改装したらしく「バスルームは全て素晴らしい状態で、以前と比べて格段の進歩である」
■「客室の広さは様々であるが、どちらかというと広いほうである
■「手入れが行き届いた客室で、三ツ星ホテルにしてはとても良い」

翻訳でないふつうの日本語として読むと、かなり不安になるホテルだと思っちゃいません?(笑)

・・・・・追 記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マミさんとnoraさんから、コメント欄で、英文についてのご指摘をいただきましたので追記いたします。
「Rooms with air conditioning and for non-smokers are available on request.」をマミさんが、下記のようにわかりやすく書いてくださいました。

Rooms
(with air conditioning)
and
(for non-smokers)
are available on request.

ということで、日本語にすると、「エアコン付、および禁煙のお部屋を指定することもできます」となるのではと。

旅行会社に問い合わせたところ、マミさん、noraさん正解でした。
私はすっかり、自分の願望で解釈してしまったのですが、ヨーロッパのホテルはスチーム暖房などでエアコンが全室にない場合もあるとのことでした。
この時期のオランダはエアコンは必要ないかもとも思いましたが、ホテルには旅行会社からエアコンのお部屋をリクエストしてもらいました。
事前に教えていただきよかったです。ありがとうございます^^

|

« ラジオ放送のお知らせ | トップページ | 欲張りすぎ。。 »

コメント

わ〜今日2回目の書き込みごめんです。
いよいよ旅行前ワクワク圏内に入りましたね!
翻訳って直訳だと本当にだめ日本語になりますよね!whokoさんみたいにご自分でチェックして正解だと思います。「強い個(子)」モードですよね!

投稿: てんこ | 2009.09.07 12:44

不安になるなるw
格安だからさらにw
私は英語読めないから、英文が載ってても日本語を信じるしかない
こんな時、すらすらと英語が読めるのに憧れます
それにしても行く前から楽しいこと発見できて良い旅になりそうですね☆

投稿: みきにゃ | 2009.09.07 12:49

■てんこさん!
何回も書いていただき嬉しいのです。ありがとうございます^^
「だめ日本語」ですよね。
もう、ものすごく脱力しちゃう言い回しで、やる気のないホテルに思えちゃいましたが、実際はしっかりした普通のビジネスホテルでした(笑)

■みきにゃさん!
私もすらすら英語を読める人にあこがれます。
今回のは、あまりにもヘンすぎる日本語だったので察しがつき、英語版をネットで探して読んでみたのです。
まぁ、私が話す英語もそうとうヘンなので、聞かれた人は困ってしまうと思いますが(笑)

投稿: whoko | 2009.09.07 15:42

どうも翻訳にかけると英語日本語は文章すらへんになってしまうことも多いように思います。
いい部屋があたりますように・・・

投稿: SARAN | 2009.09.07 18:19

はじめまして!
いつもかかさず読ませていただいてます。

ところで、例の英文ですが、

Rooms
(with air conditioning)
and
(for non-smokers)
are available on request.

ということで、

「エアコン付、および禁煙のお部屋を指定することもできます」

となるのではないでしょうか。

なので、全室エアコン付き、なわけではないのかもしれません。

海外って、空調はセントラル制御がほとんどだと思うんですが、どうなんでしょうね?

ちょっと気になったのでコメントしてみました。
翻訳の仕事をしています。

これからも楽しみに読ませていただきますね♪
今は関西ですが、以前三鷹と吉祥寺の間くらいに住んでいたので、あの辺りの記事が出ると特にわぁ…って興奮します(笑)。

投稿: マミ | 2009.09.07 18:51

久しぶりのコメントが、間に合って良かったです♪

英訳って難しいけど、面白いですね。
すっかり英語から遠ざかっていますが、
また勉強したくなってきました(ほんとかいな)

・・・・というより、行っちゃえ!って感じで
何処かへ私も行きたいです。

投稿: ぴあの+ | 2009.09.08 03:53

エアコン、禁煙のお部屋をご希望の方は
その旨、ご要望を連絡してください、という意味だと思います。

ミラノにいらっしゃる時は、ご連絡ください。 ミラノ在 のら

投稿: nora | 2009.09.08 07:02

■SARAN さん!
やはり当たり外れは何においてもあるのでしょうね。
ネットとユーチューブでみた限りは近代的なビジネスホテルといった印象でしたがどうでしょうね~^^

■マミさん!
的確なご指摘ありがとうございます!!
私はすっかり、自分の願望で解釈したようです(笑)
今、旅行会社に問い合わせましたら、ヨーロッパのホテルはスチーム暖房などでエアコンが全室にない場合もあるとのことでしたので、マミさんのおっしゃるとおりのようです。
事前に教えていただきよかったです。ありがとうございます★

吉祥寺は毎週行っているので、また面白い情報があったらご紹介させていただきますね☆

■ ぴあの+さんは、ドイツに行かれたんですよね☆
オランダにも近く、私も行ってみたい国の一つです。
時間とお金と語学力があれば、ヨーロッパは汽車の移動で何カ国か回るのも楽しそうですよね^^

■nora さん!
やはり、そういう意味と思いますか!
うーん、心強いなぁ。ありがとうございます☆

ミラノ在住!美しいところですよね!!
今度は暖かい季節にもう一度ぜひ行きたい場所です。
おととしのお正月、雪のミラノでサニタリーナプキンを探し求め…中央駅構内の薬局をやっとの思いでみつけました。。。(笑)

ミラノへ行けるときは、ぜひ連絡させていただきます!
って、このブログでnora さんに告知って方法ですかね?(笑)

投稿: whoko | 2009.09.08 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いくつかの部屋には:

« ラジオ放送のお知らせ | トップページ | 欲張りすぎ。。 »