« HOLLAND #8 | トップページ | HOLLAND #10 »

HOLLAND #9

お家の前や、お店の前にあるベンチのさりげない美意識。

Bench1
↑ フォンデル公園付近の住宅街で。
レンガ壁と水色のドア、八角形の窓、一人掛けの椅子とベンチ。


Bench3
↑ ナインストリートのショップ。
こんなに可愛いお店なのに中に入った記憶がない。グリーンのベンチと対象に置かれたパープルの鉢。この場面にやられちゃったせいです(笑)


Bench4
↑ザーンセ・スカンスの緑色のお家を違う面から見たら、赤いコーナーを発見!


Bench6
↑シックなお店のベンチはやはり落ち着いた雰囲気。
ショウウィンドウには向かいの建物が写り込んでいます。


Bench5
↑テーブル付きの木の椅子は、年配のご夫婦が座るのかしら~?なんて想像しちゃいます。

|

« HOLLAND #8 | トップページ | HOLLAND #10 »

コメント

おはようございます!なんだかwhokoさんのオランダ紀行でオランダ通になってきた気がしますよ!本当にお天気も良くてすばらしい撮影日和が続いていますね。
それにしてもベンチが多いこと(^^ゞ人々がちょこっと座ってお話しできていいなぁ〜

投稿: てんこ | 2009.09.29 10:29

はぁ~ためいきが出るほどきれいな町並みですね。
私的にもナインストリートのショップの写真が釘付けです。

鉢って茶色&白っぽいのが定番になっているけど、パープルとは私もやられてしまう・・。

グリーンとパープルって色合い的におしゃれなんですね。

もっと色彩を生活の中に楽しみたいと思いました。

whokoさんありがとうございます。

投稿: 瞳紋代 | 2009.09.29 13:58

きょうもステキなお写真のアップありがとうございます。
ドアのブルーやまどわくのブルー、赤いベンチ ペンキの
色がきれいなのか、はたまたコントラストがいいせいか
とにかく今日もオランダに胸キュンです。

投稿: SARAN | 2009.09.29 14:21

■てんこさん
決して広くない歩道に、気持ちよくベンチが置かれているのですよ。ぜひ、マネしたいなと思った場面です^^

■瞳紋代さん
ね!このグリーンとパープルはスゴイでしょ☆
町全体が石づくりの建物で、日本のような目立てばいいじゃん系の看板がいっさいないから、逆にこんなハッする色遣いも映えるのかも知れません^^

■SARANさん
こちらこそ、いつも温かいコメントありがとうございます♪

ほんとにね、赤いペンキがまた、いい色なんですよ。赤ならなんでもいいでしょっていうのじゃないんですね、きっと。
水色のドアと窓わく、白の分量も絶妙ですよね^^

投稿: whoko | 2009.09.29 15:39

お帰りなさい(*^_^*)
フーコさんがオランダからそろそろ戻られて、更新されている頃かな??って思って拝見したら、もう#9!!
私事のように楽しみにしておりました。

本当に綺麗なオランダの街並みを、ガイドブックには無い目線で捉えられていて、行った事の無いオランダ(欧州は無縁ですが・・・)を、楽しみに拝見させていただきます。

因みに私はSWだけは思い切りお仕事しておりました(-_-;)

投稿: きんたろう | 2009.09.29 23:26

■きんたろうさん ただいまです^^

>もう#9!!
すでに#9。でも、まだまだ終わらないので、これからもお時間ある時チラリとおいでくださいませ~(笑)
SWってSteWardessさんだったのかしらん?

そうそう、チャイナエアラインのキャビンアテンドさんが座るシートは「空服員専用」となっていたのが、なんか楽しかったのを思い出しました^^

投稿: whoko | 2009.09.30 10:14

またきました(笑)
海外のベンチや鉢植えってきっと日本でいう縁側みたいな感覚なのかなぁなんて思いました

ふっと休んでお茶を飲みながら庭を見る、みたいな。
きっとそこにはやさしい時間が流れているんでしょうね


そういうところにさりげなくステキな色づかいができるってほんとステキ

投稿: satoko | 2009.09.30 11:04

■satoko さん
うんうん。下町の縁台や鉢植えと同じくつろぎ空間なのでしょうね。
アムステルダムのベンチに座ってぼーっとしたいと妄想するここは職場のデスク前。。。妄想してる場合じゃありませんね(笑)

投稿: whoko | 2009.09.30 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOLLAND #9:

« HOLLAND #8 | トップページ | HOLLAND #10 »