« ブックオフがあればいいのに | トップページ | HOLLAND #2 »

HOLLAND #1

ただいま!昨日、無事、オランダから帰って来ました!
いや、無事というのは今だからこそ言えるわけで、はじめてのひとり海外旅行、思わぬ事態にみまわれ、ひとりで来たことを後悔したこともありました。
でも、今となってはすべていい経験。人々の優しさに助けられ、自分なりにがんばったことが自信となり、もうすでに、次のひとり海外はどこにしようなんて思っています。
とはいえ、あの心細い気持ちを忘れてはいけないと思うので、まずはそのあたりのことから書くことにいたします☆

090923

シルバーウィークのこの時期、ヨーロッパ方面1週間だと20~30円万以上。なのに10万円をきる航空券&ホテルのパックをみつけたことから私のひとり海外旅行計画は始まりました。
指定されたホテルはアムステルダムの中心部から外れた場所で、立ち読みしたすべてのガイドブックの地図内に載っていない。
空港からホテルへの送迎をオプションで頼むと片道19,400円となっており、それじゃぁ格安パックを選んだ意味ないじゃんと自力で行くことにしたのです。
しかし、さすがに格安旅行のせいか、送られてきた旅行案内は簡素な白黒コピーで、イマイチ詳細がわかりづらい。そこでネットで調べてみると、「空港から○○番のバスに乗り□□□□□□というバス停まで30分。バス停からホテルまで徒歩5分」「バスは30分おきに運行」との情報をみつけ、運賃は3ユーロもしないことから、このバスで行くことに決定したのでした。

さて、アムステルダム・スキポール空港到着後、目当てのバスはすぐにみつかり、行く先のバス停の名前を書いたメモを運転手さんにみせ「 Dose this bus go to □□□□□?」と聞くと、乗ってというアクションがあったので乗り込みました。
窓の外を見る余裕はなく、車内に表示される案内板を目が充血するくらいの勢いで凝視していると、降りる場所と似たようなスペルが表示され、運転手さんが着いたと教えてくれました。
でも。でもね、サンキュといって降りたものの、なんか不安なのです。バス停名のスペル、最初のほうしかあってないような…と、あらためて確認し、違うと気づいたときには、もうバスは走り去ってしまいました。

え?え?ええええ???!!!!
ぜんぜん知らない初めての外国の町。自分がどこにいるのかまったくわからない。ただでさえ地図の読めない女。日本でだってめちゃくちゃ迷うのに、読み慣れない横文字のストリート名。パニック&後悔で心臓ばくばく。ひとりで海外旅行なんて思い上がっていたんだと泣きたくなったのがこのときでした。

それにしても、アムステルダムの人々は親切な人ばかり。困っている人をみかけると心配そうに見守ってくれている気遣いオーラが感じられ、そのオーラに勇気付けられ、片言の英語で訊ねると、そりゃもう一生懸命に力になってくれるのです。
ところで、私の行きたいホテルは町の中心部から離れており、持っている地図も中心部とホテル周辺と分断されたもので地元の人もわかり辛そう。

そうだ、たしかトラム(路面電車)がホテルのそばを走っているはずだと、トラムの番号を告げると、ああ、それなら、向うに乗り場があると教えられ、歩いて5分ほどのところなのに、途中、何人もの人に聞きまくり…だって、トラム、たくさん走っていて、番号や方向を間違えちゃいけないと、かなりナーバスになっているのでした。

乗り場でも、トラム待ちの乗客に「△△△△に行きたいのだけど」と確認せずにはおられない気持ち、わかります?もう、傍で見ていて可哀想になるくらい必死の形相だったんじゃないかしら(汗)。そのやりとりを聞いていたイスラムの女性が「同じところで降りるから」と言ってくれたときには、ほんとホットしました。

トラムを降りてからも、ホテルまでの道を聞かずいられないほどの自信喪失中。尋ねた人は、自転車を降り、わざわざ来た道を引き返してホテルまで案内してくれました。
でも別れ際、「明日、一緒に案内してあげる。電話番号を教えて」と言われたのには困ったなー。。。いや、べつに私に対して下心はないにせよ、知らない人と不慣れな言葉で観光する気分にはなれないほど、落ち込んでいたんだもん。
「友達と会うから」と(嘘だけど)、精一杯の笑顔で言いました。

旅のしょっぱなから想定外の出来事。このアクシデントは、後日、事態が判明するのですが、このときは、いったい何がどうして、こんなことになったんだろうという思いと、たくさんの人に助けてもらえたのはよかったけれど、これから大丈夫なんだろうかという不安でいっぱいいっぱい。
ふだんなら気にならないようなことでも過剰に反応してしまい、フロントのおざなりな対応にいちいち傷ついてしまい、その後歩いた美しい街並が心にはいらず、写真を撮る気にもなれず・・もう、心がクタクタでした。

よっぽど暗い顔をしていたのでしょう。
自転車で通り過ぎた人が引き返してきて、「道に迷ったの?」と心配してくれ、そのときは迷ったわけじゃなかったんだけど、とりあえず、ライッツエ広場の方向を聞くと、彼もそこまで案内してくれたりして・・・

なんだかアタシ、いい大人なのに、こんなに助けてもらってばかりで、そう思ったら、こんだけ優しい街なのに、落ち込んだ顔しているのが申し訳なくなってしまい、それにさ、始めてのことで上手くいかなくたって自分を責めることはないじゃない、あたしにしたらずいぶんがんばってるじゃないと思えてきたら気持ちは回復するのですね。

地理が苦手なら、人の倍の時間をかけて地図を見ればいい。間違えたら引き返せばいい。時間はあるんだもん。それができるのが、ひとり旅じゃない。そう実感できた瞬間、心は晴れ、美しい街並もしっかり心に飛び込んできたのでした。

|

« ブックオフがあればいいのに | トップページ | HOLLAND #2 »

コメント

きゃあ~、おかえりなさい!!
もしかして…と来てみたら
早くもオランダ報告が!

最初からドッキドキの展開ですね~~。。
でも、ほんとみんないい人ばかりではないですか。。
はじめてひとり旅で行く場所としては、
きっと大、大正解の国だったのでは?

そして、自力で公共交通機関でという
そのココロザシがまぶしいです。
いっぱい、人に聞いたってぜんぜんオッケー。
たどりつけたことで、人間力がいっぱい
アップしたのではないでしょうか
えらそうだったらごめんなさい(汗

写真、とってもキレイ。お天気もよかったのですね。
オランダ報告の続き、楽しみにしています!!

投稿: chikako | 2009.09.23 07:36

わかります!
私も日本でも知らない土地は迷ってオロオロすることが多いほど方向音痴で、
学生の頃イギリスに一人で短期留学中、夜遊びした帰りバスを間違えて、
ホームステイ先の家になんとか辿り着いた思い出があります。
続き楽しみにしてます♪

投稿: sara | 2009.09.23 09:42

はじめまして^^
いつもセンスのいいお話をこっそり楽しんでました♪
オランダひとり旅から無事帰還されたと言う事で初コメントです。
お帰りなさい!すごいですね海外ひとり旅だなんて、あっぱれです!
私は海外行きたいのに主人は飛行機&海外嫌いで。。。
息子達も成人したんだし私もひとりで行ってみようかな〜って気に。
影響受けました^^
オランダ旅行記続き楽しみにしてます。

投稿: mihi | 2009.09.23 10:58

とにかく無事の帰国おめでとうございま~すヽ(´▽`)/

てんこ盛りの『オランダ報告☆』の続きを楽しみにお待ちしています(*゚▽゚)ノ

投稿: (ド)momo | 2009.09.23 13:22

whokoさん!お帰り〜〜♪今日あたりかなと思ってました。whokoさん、この前言い忘れたけど、オランダ人って親切だよ(笑)
とにかくこの物語がどんな風に展開していくのか超楽しみにしていますよ。
旅行記の初っぱなを読んでいたら、私も昔のことを思い出しました。きれいな写真も一杯見せてね!

投稿: てんこ | 2009.09.23 13:39

おかえりなさい〜〜!!
さっそく素敵な写真が貼ってあって、これからのオランダ報告が楽しみです!!
でも、バス、トラムの話、分かります!
私も同じような体験、何回もあります。。。
英語が(多少)話せても、方向音痴、地図が読めないは関係ありませんから。。。とほほ。
あと、スキポール空港って、いいですよね〜〜。オランダには行ったことないんですが、(私はいつも格安の券なので)乗り継ぎで、あの空港の大きさ、店の多さにはいつもびっくりします。
乗り継ぎも退屈しないくて、済みます。

投稿: puppy | 2009.09.23 16:43

おかえりなさ~い!
いきなりドキドキの展開!
ワタシも新婚旅行でヨーロッパのホテルと各国間の交通手段だけを手配した旅行だったのでドキドキでした。
旦那も初海外旅行だったし、どんどん淋しい暗い道へ進むバスとか、近道したら超下町っぽい場所で怖かったコトとか…。
妙に冷たい汗をかいてたり^^;
でも、それもまたいい想い出ですよね。
素敵な写真に、今後の展開が楽しみです~♪

投稿: KEY | 2009.09.23 17:28

お帰りなさい!
アムステルダムの人の人情を体感したんですね~
今後がたのしみ~~

投稿: SARAN | 2009.09.23 19:10

whokoさん、おかえりなさい♪
無事でよかった(笑)

何人もの見知らぬ人に声をかけるなんて、日本ではないことですよね。素敵な体験ですよ~
そして、きっとWHOKOさんの人柄が伝わったからこそ、みなさん助けてくださったんじゃないでしょうか?

靴がならんだ写真も可愛い~~♪

投稿: ひろりん | 2009.09.23 19:16

お帰りなさい~!!
待ってましたオランダ日記!

読みながらこちらまで心臓がドキドキしてきて
最後にホッとしました。

オランダは共通語はオランダ語でも
ほとんどの人が英語を話せるので
その点は安心だったのではないですか?
でも、バス停とかみんな見慣れないオランダ語ですもんね。

私も旅の時は国内、海外問わず、
地元の人と触れ合ったりするのが大好きなので
交通機関は基本的に公共のものを使います。
これがまたスリルに満ちている&
その国を味合うことが出来るからまた
勇気を出して、乗ろう!と思えるのですよね。

投稿: | 2009.09.23 21:19

ごめんなさい~!
↑のコメント。私(kotokoto)です。
名前を書かないで誤って送信していまいました。

投稿: kotokoto | 2009.09.23 21:20

はじめまして!
いつも楽しく読ませて頂いております。

一人旅、ドキドキでしたね。
私には絶対できない、無理無理無理、と思ってました。
whokoさんでさえもこんなに大変な事なのですね。
でも、人の優しさに触れ、自分の頑張りを褒めて
前向きに明るい気持ちになれたのが本当によかったと思いました。
そこから旅の仕切り直しができたんですものね!
旅の続き、楽しみです~。
美味しいものなどはありましたか?

投稿: kaori | 2009.09.23 22:05

whokoさん お帰りなさい!!
無事のお帰りで何よりです^^
密かに心配しておりました(笑)

ひとり海外旅行が出来るなんて素晴らしいです!
いや、ひとりで旅行に出ようとする気持ちがまた素晴らしい♪
誰にも頼れない地で地元の方の親切心に触れると
感激もひとしおですよね。

私もよく外国の方に声を掛けられるのですが(なぜでしょ?)
英語も話せないためいつもボディーランゲージでして^^;
会話も成立しない人同士なのに助けてあげたい気持ちは
伝わるものなんですよね^^
これからの旅のお話も楽しみだなぁ~ヾ(*´∀`*)ノ゛

投稿: みぃすけ | 2009.09.24 11:00

おかえりなさ~い!


大変でしたねぇ~
随分心細かったでしょうね
私だったら完全に年甲斐もなくないてます(笑)

でもそれでまた器が大きくなってお帰りになったようで、続きも楽しみにしていますね

まずは無事に帰国されて良かったです(^^)

投稿: fuuka | 2009.09.24 12:52

■chikakoさん
ただいま!そしてありがとうございます!
うんうん、人間力アップした実感があります。って、自分で言うのもなんですが(笑)

■sara さん
おお!イギリスで迷子!
夜だけに不安度も高かったのではないでしょうか?
ご無事でなにより(笑)

■ mihi さん
あ!うちと同じ!
私の夫も長時間の飛行機とか苦手です(笑)
あと、見たいツボが違うので、ひとりで行けるようになることが私の目標でした(笑)

■(ド)momo さん
ただいまです!
オランダ報告、あれもこれもあるのですが、時系列にまとめるのが大変なので思い出すままに綴っていきます。
お暇なときどうぞ見に来てくださいね♪

■てんこさん
うんうん!オランダの人ってホント親切ですね!
ちょっと日本人のような奥ゆかしさを持ち合わせているようで、こちらが言い出すまで、見守ってくれるような。
パリやイタリアとはまた違った国民性を感じました♪

投稿: whoko | 2009.09.24 13:28

■ puppy さん
そっか!語学力があっても地図が苦手って場合もありますね(笑)
スキポール空港、スタイリッシュで楽しかったです!
乗継の台北が、さほど面白くない空港で…スキポール空港だったら長時間遊べそうです★

■KEYさん
おお!新婚旅行はヨーロッパでしたか♪
私が泊まったホテル周辺、少し行くと妙にさびれた地域になり、夜は怖そうだと思ってしまいましたが、そういう感は案外あたるのではと思っています(笑)

■SARANさん
はい。ほんとうに人情が厚い優しい街でした。
私も日本で困っている外国人観光客の方の、お役にたてないまでも、温かい視線を投げかけたいと思います。

投稿: whoko | 2009.09.24 13:41

■ひろりんさん
靴が並んだ写真に気づいてくれて嬉しいです!
木靴をオーダーするお店の庭先に無造作に置かれたサイズ別の木靴があまりにも可愛くて撮りました^^

■kotokoto さん
はい。ほとんどの方は英語も話せますよね。
でも、オランダ語と混じってたりして、しょっぱな迷子になったとき「ここはコンサートホールだよ」と言われキョトンとした私。
ガイドブックに表記されている「コンセルトヘボウ」が英語で言う「コンサートホール」のことだと気づいたのはずっと後のことでした(笑)
公共機関の乗り物は、バス、トラム、電車を体験してきましたが、失敗談はまた後ほど(笑)

■kaori さん
私も少し前まで絶対ひとり海外旅行はムリ!と思っていました。
でも、やったらできたんですよ。
今まで、娘に頼ってきたことも、全部自分ででき、なんだか自信がつきました(笑)
特別オランダ料理とかは食べておりませんが、食生活のことはまた後ほど書きますね☆

■みぃすけさん
密かにご心配をおかけしました(笑)

>会話も成立しない人同士なのに助けてあげたい気持ちは
伝わるものなんですよね^^

はい。中には、「ごめん、僕もわからないんだ、あの人に聞いてみなよ」みたいな、その人ができる精一杯の気持を向けてくれるだけで嬉しかったです。

■fuukaさん

はははは。本当に泣きたくなりました。
迷子で泣ける年齢だったらとも思いました(笑)
でも、もう、また行きたくなるくらい楽しい経験でもありました★

投稿: whoko | 2009.09.24 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOLLAND #1:

« ブックオフがあればいいのに | トップページ | HOLLAND #2 »