« 空想足し算 | トップページ | 花かぶり »

よその庭

090810
通りすがりの、よその庭。
ものすごーく凝視したくなるというか、思わず覗いちゃいたくなる庭がある。
のぞき見したい衝動に駆られる庭は、ガーデニング雑誌に出てくるような庭ではなくて、なんとも素っ気ないくらいフツウの庭だったりする。
どこからか種が飛んできて、いつのまにか、こんな植物が育ちましたとか、今年もまた多年草の花が咲きましたというような、人の手がかかったというよりは、自然にまかせたらこうなっちゃいましたといった風情の庭…

これまで私は広い家に住んだことがなく、家屋より広い庭がある家にも住んだことがない。そのせいなのか、塀や植え込みの合間から、わずかに見えるよその庭は、子供のころ読んだ「秘密の花園」を思い出させ、想像力をかきたてられる。

庭といえば、詩人の茨木のり子さんのお宅が、私が子供のころ住んでいた地にあると数年前に知り、土地勘があるので散歩がてらに行ったことがあるのだけど、そこのお庭も「なんでもなさ加減」が絶妙だった。
のぞかなくとも、道端から視野にはいる、こじんまりとした家と、それらを囲む庭は簡素でこざっぱりとしていて、実に凛としたたたずまいだった。

※ご存じのかたも多いかと思いますが、茨木のり子さんは、「わたしが一番きれいだったとき 」「自分の感受性くらい」「倚(よ)りかからず」などなど、素晴らしい詩を遺しています。

|

« 空想足し算 | トップページ | 花かぶり »

コメント

こんにちわ!この淡い煙ったようなグリーンの世界が「秘密の花園」の入り口を思い出させる、というwhokoさんの一言が今日のつぼです。
私も遠い昔見た「秘密の花園」の絵本を思い出しました。次のページがちょっと怖かった記憶が。。。でもその記憶が梅図かずおさんの漫画と合体しちゃってる記憶なんで、ちょっと困ってるんですけどね(笑)
「わたしが一番きれいだったとき 」
茨木さんのこの詩、うちの母の青春時代に重なるんですよね。

投稿: てんこ | 2009.08.11 12:36

■てんこさん~

「秘密の花園」と梅図かずおさんの漫画と合体しちゃってる記憶って、なんかすごいですね(笑)

>「わたしが一番きれいだったとき 」茨木さんのこの詩、うちの母の青春時代に重なるんですよね。

なにかの解説で読んだのですが、茨木さん、15歳くらいで開戦、19歳くらいで終戦だったそうです。

投稿: whoko | 2009.08.11 14:23

私も近所の家に好みの庭があるのです〜〜。柵が高くて見えないんですが、咲いてる花が好みなんです。クレマチスとか、ちょっと変わった種類のバラとか。
茨木のり子さんの詩は教科書に載ってて、すごく記憶にあります。「自分の感受性くらい」もこの方でしたよね。。。

投稿: puppy | 2009.08.11 20:21

奥がどうなっているのか
想像したくなりそうなお庭ですね~♪
私もいつかそんなお庭が持ちたいなぁ。
自然な庭ほど難しいものはないですよね~。
でも素敵~♪

そうそう!
焼きナス風!やってみました。
すっごくしっとりとした美味しい焼きナスが
電子レンジでできて変色もしない!
とっても美味しかったので
我が家の定番メニューになりそうです♪
また素敵な調理法あったら教えてください☆

投稿: ☆にぁ☆ | 2009.08.12 08:41

二度目の投稿です。「庭」ですか・・・うちは前橋なので庭付きの「親が建てた」家に住んでいます。両親とも花が好きで季節の花を庭に。
庭といえば「猫」が似合いそうですね。
「このごろ」さん?が書く文章は読み応えがあり、何となく「大人の完成された女性」に感じ取れます。
と、言うのは先日メール友達「女性」からきた文脈がとてもマナーに反した内容で、メールもやめました。

やはり、見知らぬどおし、文や内容にも気を使いたいものですね。紺色と灰色のコントラストがとてもキレイなHPです。僕の好きな配色です。僕もHPを2002年9月から公開してますが、配色には気を使っているつもりです。これからも頑張ってください。

投稿: koizumi | 2009.08.12 22:29

■puppy さん~

高い塀越しにクレマチスや珍しい薔薇なんか垣間見えちゃった日には想像が膨らみますね~

>「自分の感受性くらい」もこの方でしたよね

はい。この詩の最後の「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」は、人のせいにしちゃいたくなるときに、ふと、思い出してしまいます^^

■ ☆にぁ☆さん~

>自然な庭ほど難しいものはないですよね~。

はい。なんでもないように見えても、草むしりなどはしているんだと思います。維持するって大変そうですよね

焼きなす、美味しく召し上がられたとのこと良かったです^^

■koizumi さん
こちらにもコメントをありがとうございます。

ご両親が育てた季節の庭!ステキですね~
庭も人間も時間の経過と共につちかわれるものがありますよね^^
私も年を重ねたぶんだけ気遣いができるようになりたいものですが、気づかないところで傷つけたりしてしまっているかもしれません。


投稿: whoko | 2009.08.13 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よその庭:

« 空想足し算 | トップページ | 花かぶり »